リラックス効果抜群!/心を穏やかにする自然療法薬6選

7月 29, 2017
神経を落ち着かせるためには、医薬品を使用せず、自然療法薬を使ってリラックスしましょう。様々な自然療法薬がありますのでご自分にぴったり合うものが見つかりますよ!

現代社会は非常に複雑化しているため、毎日の生活や自分の人生をコントロールできなくなっている人が多いと言われています。

家族、仕事、金銭的問題などがその良い例で、これらの問題がストレスや不安感、そして不安障害の原因となります。

毎日の生活や自分の人生をコントロールできなくなっていると感じる精神状態はまた、心身の興奮や動揺を刺激する神経の高ぶりの原因となります。

その結果、発汗や心拍数の上昇をはじめとする不快な症状が起こり、早めにケアを行わないと悪化する恐れがあります。

症状は各個人で異なりますが、精神状態が原因であることは間違いありません。

これらの症状を緩和して付き合って行くためには、その原因を突き止めることと、症状が悪化した時のためにいくつかの治療法を用意しておくことが大切です。

今回は精神を穏やかにしてリラックスするのに役立つ自然療法を6つご紹介します。

1.リンデン茶

リンデン茶は、神経を落ち着かせながら不安感を緩和する最も効果のある自然療法の一つです。

リラックス成分が、心身の緊張をほぐしてバランスを保つ効果を発揮します。

材料

  • リンデンの葉 大さじ1
  • 水 1カップ

作り方

  • 1カップの水を沸騰させ、そこにリンデンの葉を入れます
  • そのまま10分間、室温で抽出させたら出来上がりです。
  • 1日に2杯飲んでください。

2.バレリアンティー

バレリアンティーは昔から、そのリラックス成分に価値があると考えられてきました。ストレスを軽減し、神経の状態をコントロールします。また不眠症に悩む方には入眠効果もあります。

材料

  • バレリアン 大さじ1
  • 水 1杯

作り方

  • バレリアンを水の中に入れてから沸騰させます。
  • 5−10分そのままにして抽出させます。
  • バレリアンを漉してください。
  • 1日に2−3カップ飲んでください。

3. レタスウォーター

レタスはサラダとして食べても、またレタスウォーターとして摂取しても、神経を穏やかにして睡眠の質を向上させる効果があります。

眠効果と神経を穏やかにする成分が含まれているレタスは、継続的な不安感や不安障害に悩む人には理想の食品です

材料

  • 新鮮なレタスの葉 6枚
  • 水 1リットル

作り方

  • レタスの葉を水1リットルの中に入れたら、弱火で5分間火にかけます。
  • 5分が経過したら、火から下ろします。
  • 温度が下がり飲むことができる温度になったら飲んでください。
  • 1日に3回飲みましょう。

4. マジョラム茶

マジョラムを抽出して作るマジョラム茶は、神経を穏やかにし、精神状態の乱れから起こる片頭痛の緩和に効果を発揮します。

不安感をコントロールしながら睡眠を促進します。また食欲のない方が飲むと、食欲を促進します。

材料

  • 新鮮なマジョラム 大さじ1
  • 水 1カップ

作り方

  • 新鮮なマジョラムを沸騰させた湯に入れて蓋をします。
  • そのまま15分間抽出させます。
  • 不安感や緊張感の最初の兆候が出たらすぐに飲んでください。

5. 緑茶

緑茶は、不安感と緊張感、そして神経質になっているときに効果のある、最も健康的な飲み物だと考えらえています。

緑茶にはL-テアニンと呼ばれる必須アミノ酸が含まれているため、心拍数と血圧を安定させながら、緊張感を和らげて集中力を高めます。

材料

  • 緑茶 大さじ1
  • 水 1カップ

作り方

  • 大さじ一杯の緑茶を沸騰したお湯に入れて、10分かけて抽出します。
  • 漉してから飲みましょう。
  • 1日に最大2回まで飲んでください。

6. ラベンダー

ラベンダーの素晴らしい風味と味わいはストレス、不安感、そして緊張感に悩む方におすすめのリラックス効果のあるハーブで、緊張感を緩和しながら神経システムの活動のバランスを保ちます。

材料

  • 乾燥ラベンダー 大さじ2
  • 水 1リットル
  • レモン果汁 1個分(お好みで)

作り方

  • 水を沸騰させた後ラベンダーを加えます
  • 10−15分かけて抽出した後、お好みでレモン果汁を加えます
  • 1日にグラス2−3杯を飲んでください
あなたへおすすめ