一人で生きていく価値

· 7月 29, 2016
あなた自身の幸せを守るためには、社会的圧力に屈してはなりません。一人でいることは、決してネガティブなことではありません。

一人でいることは、だれかと一緒にいるときよりも、多くのことを教えてくれるとよく言われます。もちろん人間は社会的な生き物であり、成長し、学び、生きるためには、人とかかわり合うことが必要です。しかし大切なことは、いつも心の均衡を保つことです。

精神面の健康のためには、一人になる時間が必要です。それは、心を静め、自分自身と向き合うための時間です。しかし、人生には、「縛られている」と感じたり、仕事や家庭での責任、まわりの人々からの期待などに押しつぶされるような気持ちになる段階があることも事実です。

周囲の圧力によって人生の舵を取る―どちらに進むか、道を自分自身で選びとる能力や機会を失ってしまったと気づいた時こそ、行動を起こす時です。

時として自由の代償は孤独ですが、だからといって一人になることが悪いことだとはかぎりません。今回は、一人でいることの意味についてご一緒に考えていきましょう!

こちらもご参考に:
感じたままに行動する個人の自由

一人で生きることが唯一の選択肢である場合

中国では、女性が25歳になってまだ結婚していないと、その女性は「剰女(売れ残り)」と見なされることがあるようです。これは、中国に限った話ではありません。日本でもそういった風潮が根強く存在しています。

  • 結婚相手がいないことが自分にとっても家族にとっても恥だと考える女性は少なくありません。
  • 子供を産み、育てるのが女性に与えられた「生来の目的」だという考えが根強く、その事実が、残酷で破壊的な圧力をつくりだしています。

幸いなことに、そういった風潮に反発する女性も増えてきています。世間の風潮に反発する代価は孤独であると承知していますが、同時に自由であるとも感じています。自分たちは健全な女性であり、好きなように生きる権利があると知っているからです。

独り身

まわりの圧力が自由を妨げるとき

私たちは、独り身でいることがいつも肯定的に見られるとはかぎらないと承知しています。

  • 恋人と別れたあと、必ずと言っていいほど、だれかに「心配しないで。すぐだれか新しい相手が見つかるから」と言われる。まるで、一人で過ごす時間は不幸であり、理解できないと言わんばかりです。
  • なぜあなたが一人で暮らしているのか、なぜ一人旅をしたがるのか、あるいはなぜおだやかな気分になれる一人の時間を持つことを好むのか、家族から理解されない場合もよくあります。

21世紀の今日でさえ、一人でいることにはネガティブなイメージがつきまとっています。あなたがだれかに、あるいは何かに縛られていると感じるのは、このためかもしれません。もし反発して自由を選べば、世間の批判の矢面に立たされ、聞きたくもないコメントを聞かされると知っているからです。

情緒的なバランス

ご存知でしたか?:
母親だって時には孤独を感じる

一人でいることは危険なことじゃない

作家で詩人のチャールズ・ブコウスキーは、「孤独は時には真の賜物である」と述べています。

  • 自分自身を、周囲の人々・楽しい集い・愛・友情などから永遠に切り離さなければならないという意味ではありません。
  • 注意深く選び、自分自身を優先することは、有益であり癒し効果があります。
  • ハーバード・ビジネス・レビュー誌に掲載された興味深い研究によると、一人でいることは、認知機能の多くを向上させ、情緒的なバランスを見いだすための戦略のひとつであると考えられているのだそうです。

周辺の「騒音」や、自分の価値に対する批判、自分にかけられている他者の期待などから自分自身を切り離すことができる人たちは、より自由で創造的であり、心を開いて新しい機会を見つけることができます。

自由で創造的

独り身であることにまつわる根拠のない説や固定観念を打ち壊す時がきているのではないでしょうか。自分からすすんで一人になろうと選択することは、勇気のいる行為ですが、もしあなたが今幸せでないのなら、試してみる価値があるでしょう。