母親だって時には孤独を感じる

· 8月 14, 2018
個性を持つ一人の女でありつつ母でもあるという状態のバランスを保つのは簡単なことではありません。特に、”理想のママ”という基準像を満たさないといけないと感じてしまった時には辛いでしょう。今日は、どうして多くのママ達が孤独を感じるのかについてお話しします。

母親になると大きな変化が訪れます。自分で出産をして母となり新しい命の責任を持つケースが多いでしょうが、これまでの生活からの大きな変化に戸惑い、孤独を感じてしまうこともあるでしょう。

女性であることと母親であることをうまく両立させるのは簡単なことではありません。

時には、母親としての状況が安定していなかったり、家族のサポートが得られない状況に陥るケースもあるでしょう。また、ホルモンの変化や体の変化などもストレスの原因となります。

こういった複雑な状況に加え、社会的な押し付けもまた、母親達が抱える現実に対抗するのです。結果として、母親達は世間の押し付けに苦しみ、不満がつのり、孤独を感じてしまいます。

「理想の母親」像

私たちが暮らす社会では、様々な理想の母親像があります。例えば、TVコマーシャル、ドラマ、映画を思い出してみましょう。赤ちゃんや幼い子供と一緒にいるママの姿はどのように描かれていますか?

海を見つめる母親

きちんとセットされた綺麗な髪型、スタイルも良く、素晴らしい笑顔で笑っているのではないでしょうか。エネルギーがいっぱいで生き生きした笑顔のほっそりした女性が、ニコニコしながら赤ちゃんのオムツを替えているのではありませんか。

広告に出ているママ達からは、睡眠不足も孤独感も、疲れも見えません。メディアにとって母親であることとは、喜びに溢れスピリチュアルな繋がりを持つ人間の自然なステージなのです。

しかし現実にママであることは、こういったモデルの姿とは一致しません。だからこそ、実際のママは孤独感を感じるのです。

こちらも読みましょう『ストレス解消効果のある女友達との時間』

実際のマタニティライフ

もしすでにお子さんがいる人は、母親としての実際の生活は理想とはかけ離れているということに気がついているでしょう。といっても、母親としての生活が困難と苦しみに満ち溢れているというわけではありません。実際、愛と喜びに満ち溢れた人生でも最も素晴らしいステージなのです。

母親としての生活は複雑です。心の中に相反する感情が芽生えるのです。

例えば、妊娠中は自分の中に宿った小さな命のことを考え、新しい生活を思い描き、とても幸せに感じたでしょう。ですが同時に、めまいやつわり、妊娠中特有の様々な不快感に悩まされたことでしょう。

母親が感じる違和感は普通のことです。ですが、そういった感情は押し込めるべきだという風習が現代社会にはあります。そのため、不快感や感情を表現する自由がないという思いからママ達は孤独を感じるようになるのです。

母親であることの孤独

本当の母親とは、様々な理由から孤独を抱えている女性のことを言います。

子育てに関する情報は日々更新されます。つまり、世代から世代へと受け継がれるものではないのです。例えば、出産が苦痛を伴うものだということや、母親になるということは労力、時間、お金を使い果たすことだという思い込みなどは、ずっと受け継がれていかなくても良いのです。

孤独な母親

自立した女性でありたい、何でもできる女性になりたいと思ってきた人もいるでしょう。ですが、子供が生まれ、母親としてうまくやっていこうとすると、これまでの生活を維持しようとしても、孤独を感じ、何もかもうまくいかないように感じるのです。

母親としての生活は愛する人々のそばで送ることが大切です。あなたが大切に思う人々は、母親としてのあなたを励ましてくれるだけでなく、サポートし、問題にぶつかったり疑問に思うことがあればアドバイスをくれるでしょう。

精神的なサポートを探す

人間は社交的な生き物です。コミュニティの中で生き、困難な時にはサポートネットワークを作り上げるようになっています。母親になった今こそ、誰かに助けを求めるべき時なのです。

アドバイスを求め、経験ある人や専門家から答えを受け取り、理解し、それに対して助けが必要な場合はそれを求めるというのは、恐れや母親としての責任からくるストレスを解放する上でとても大切な行動です。

感情的になる母親

例えば、スペインやアメリカなどでは孤独を感じたプレママたちは、マタニティグループを作ることがあります。あなたの住む地域にもあるのではないでしょうか? こういったグループでは、プレママ達が集まって不安を話し合ったり、希望を分かち合ったりできるのです。目標は、孤独感をなくすこと、そして母親としての役割を心から楽しめるようなサポートネットワークを作り上げることです。

あなたは一人じゃない

孤独を感じる時があるかもしれませんが、あなたは一人じゃない、と全てのママに伝えたいです。疲れや睡眠不足のせいで、気持ちが落ち込んだり、体がうまく動かないような状態になってしまうのは事実です。

私たちの誰も完璧な母親ではありません。理想の母にはなれません。私たちは強い女性です。でも私たちには限界があるのです。時にママ達は孤独を感じます。でもそれは恐れることではないのです。

このように考えることで、誰かの助けを必要としていること、自分自身をケアするべきであることに気がつくでしょう。バランスを保つのは簡単なことではありません。ですが、不可能なことではないのです。

もし、あなたがママで、一人ぼっちで子育てをしているように感じたのなら、サポートしてくれる人を探してください。母親業は決して簡単な道ではありません。ですが、この上ない幸せをもたらしてくれるものです。

こちらも読みましょう『子どもを怒鳴るのを止める方法』