独り身でハッピー☺ そんなのアリ?

9月 30, 2015
2人の関係を育てていくには、お互いが精神的に成熟し、感情のバランスがとれていることが必要不可欠です。恋愛関係を維持し、幸せでいるためには、まず、あなた自身を愛さなければなりません。
もちろん、独り身でハッピーでいることは可能です。「幸せ=恋人を持つこと」と考えている人がいるのも確かです。でも、独り身でいることにはたくさんのメリットがあるんですよ! ご一緒に見ていきましょう。

独り身でいることのメリット

あなたの友人や知り合いの中に、独り身で、パートナー探しに血眼になっている人はいませんか。そういう人たちは、恋人がいないと格好悪いと考えたり、毎日そばにいて手を握っていてくれる人がいなければ空っぽで不完全な人間だと感じたりするものです。でも、「幸せ=恋人を持つこと」と考えるのは、本当は危険なことなのです。中には、どうやって自分1人で満足したり、安らぎを見いだしたり、独り身でいるときにこそ可能な精神的な成長を経験したりできるのか、分からない人たちもいます。もちろん、気の合うパートナーがそばにいれば、幸せだし、安らいだ気持ちになれるでしょう。でも覚えておいてください:パートナーがいて幸せになるためには、まず自分自身を愛することを学ばなくてはならないのです。2人の人間の間に、健全な恋愛関係–当事者たちが感情的に自立でき、自尊心と相手に対する尊敬の念の両方を持てる状態–を育てるためには、心のバランスと成熟が必要なのです。では、どうやって独り身の境遇をうまく生かしていけるか、考えてみましょう。

1. 自分自身の声に耳を傾け、自己理解を深める。

egao ohisama

独り身でいると、自分自身と向き合い、自分が何を必要としているのか、内なる声に耳を傾けることができるようになります。この自由な時間を、自分を顧みて、何が好きで何がきらいか、一番欲しいものは何かなど、自己理解を深めることに使いましょう。恋愛関係にあるとき、自分のニーズより相手のニーズを優先している人たちがたくさんいます。自分自身をひっこめてしまい、何かが変わらなければ危険な状態になると気がつかないでいるのです。独り身でいる間は、自分のために時間をかけることができます。思い切り利己的になって、自分自身のことを考えましょう。自分をいたわり、自分のニーズに耳を傾け、独り身でいることに安らぎを見いだしてください。内なる声を聞き、自分を愛しましょう!

2. 自分自身の時間を持ち、人間として成長する。

kakimono josei

恋愛関係は、時としてつらい結末を迎えることがあり、そんな時、私たちの楽観主義や自尊心はひどく傷つきます。でも、それはまた、自分自身を知り、成長し、傷をいやして人生を建て直すのによい時期でもあるのです。どんなタイプの人と一緒にいたいか考え、感情的な関係の中でのあなたの限界はどこにあるか、どこまで許せるかをはっきり定義してみましょう。そんなことを考えながら、のんびり過ごしましょう。自分自身を愛することを学び、あなたは世界で一番すばらしい人間であり、独り身であることは幸せなことだと信じられるようになりましょう。

3. 友人とのつきあいや自分の趣味を楽しむ。

yuujou

好きなことをする時間があることほど、ウレシイことはありません。絵を描く、外国語を学ぶ、何か習い事をする……今こそ好きなことをして、自由を満喫する時です。恋愛関係にある間は、パートナーと過ごす時間が長すぎて、自分の好きなことをしなくなることがありますよね。でも今は、だれにも言い訳することなく、好きなことができるんです。気の合う友人と旅行に行くのもよし、一人旅もよし。独り身であることは悪いことではありません。いつだってあなたは世界で一番大切な人間でいられるんです。あなた自身を、友達を、家族を、ペットを…そして独り身でいることを、思う存分楽しんでください。

4. 1人の人間として自立する。

sangurasu

自分の半身–赤い糸で結ばれたソウルメイト–を見つけることが何よりも大切だと勘違いしている人がいます。この考えに固執すると、そのうち自分は不完全な存在だと考えるようになってしまいます。今この瞬間から、あなたは完全でヘルシーな人間だと感じるべきです。あなたが楽しく有意義な時間を過ごしているうちに、きっとあなたにピッタリな人–あなたにふさわしく、ありのままのあなたを愛してくれ、一緒にいてハッピーになれる人–が現れることでしょう。必ずしもあなたの半身である必要はないのです。どんな2人でも、お互いの性格・情熱・長所・欠点のバランスがとれているなら、安定した幸せなカップルになれます。

その時が来るまで、あなたはいつも完全な人間だということを忘れないでください。あなたは自尊心と個性・感情・そして美を兼ね備えた、100%の人間なのです。鏡の前に立つとき、ニッコリほほえみましょう。そして、独り身・恋愛中を問わず、あなたの幸せはどんなときでも大切だということを覚えておきましょう。自分を愛し、自尊心を培い、「幸せになるには恋人が欠かせない」なんて決して思わないでください。時として、私たちは有害で破壊的な関係にはまりこんでしまい、独り身の方がましだと考えるようになることがあります。けれども、本当によいことは、心の扉を閉じてしまわずに、どうやって自分自身の個性と自立を楽しめるようになるかを学ぶことです。恋愛はいつだって価値ある冒険です。でも、決してあなた自身の心をおろそかにしないようにしましょう。

あなたへおすすめ