愛しているけど幸せになるためにあなたはいらない

· 7月 10, 2017
あえてシングルでいることを選んだことはありますか? 一人になるのが怖いからと、常に誰かが隣にいることこそが幸せだと考える人は、本当に幸せな人とは言えません。

あなたを愛している。でも私がこれから幸せになるために、そして自分の人生を生きるためには、あなたは必要ない。

「これまであなたを愛してきたけれど、これからはあなたがいなくても私は強く生きていける。」

現代では、映画、文化、そして社会から、私たちを破滅に導くようなネガティブながらロマンチックな恋愛観を植え付けられ、恋人やパートナーに精神的に依存する人が増えていますが、本当の愛とは、私たちが幸せになるポジティブな関係です。

生きて行くためにあなたはいらない

苦しみは、抜け出せない愛の形だという考えもありますが、これは間違っています。

「あなたなしでは生きられない」という有名なセリフなどが原因で、恋人やパートナーに依存するような考え方が長年にわたり浸透しています。

孤独への恐怖や、シングルでいると恋愛ができない人だと思われることを恐れ、深く考えずに恋愛関係になる、これは精神面で他人に依存しがちな人に多い恋愛の傾向です。

1つの恋愛が終わっても、すぐ次の恋愛関係を求める人は、恋愛中も「誰も自分を愛してくれない」という状態に不安を感じるタイプの人です。

しかし本当に幸せな恋愛関係ならば、不安を感じる必要はありませんし、このような恋愛関係は本当の恋愛関係ではありません。

間違った恋愛の罠にとらわれないようにするためにはどのような解決方法があるのでしょうか?

パートナーを理想化しない

 

恋愛の初期には全てが最高に思えても、時間が経つと全てが転がり落ちるように悪化した経験はありませんか?

私たちはパートナーを理想の王子様やお姫様と考えがちですが、徐々に相手の本当の姿が見えてくると、相手の欠点を「我慢できる」と考えたり、相手が変わることを期待しがちです。

また、相手の真の姿に目を向けず、自分が見たいと思う相手の良い点だけに目を向けて、自分が耐えられないような相手の欠点からは目をそらしがちです。

自尊心が低下しないように気をつける

 

恋愛をしていないと不安になると考えるタイプの人は自尊心が低いため、人生の様々な場面で自尊心の低さが顔を出します。

そして恋愛がすべての生活を送ると、恋愛が完璧にうまくいっているときは良いのですが、一度恋愛がうまくいかなくなると自尊心がさらに、そして一気に低下しますし、自尊心の低い人は相手に全てを捧げてしまう傾向にあるため、心が傷つくリスクが高まります。

このタイプの人は、我慢の限界を超えても相手に尽くすため、二人の関係に苦しむ可能性が高いでしょう。

恋愛が全てではないからあなたは必要ない。

ある段階で、多くの人が恋愛は人生の全てではないことに気づきますが、前述したような恋愛が全てという考えにとらわれる人もよく見られます。

自分の隣に誰もいないとき、つまり恋人やパートナーがいないときでも素晴らしい人生を送ることは可能です。

シングルになった経験がほとんどない人は、一度、不毛な恋愛関係を清算してシングルになることをおすすめします。一人になり、孤独の中に身を置くことで、自分自身への理解が深まり、清算した恋愛を見直すこともできるでしょう。

過去の恋愛の良かった点だけではなく自分が気に入らなかった点についても改めて考えることで、次の恋愛がうまくいきます。

恋愛は時に私たちの目を曇らせ、相手のことばかりを考えるため、自分という存在に感謝する機会がほとんどなくなります。

シングルになる時間を作った経験はありますか?

一人になるのが怖いですか?

誰かが隣にいることに依存していると、完全な幸せは訪れません。常にあなたと一緒にいるのは「あなた」です。

自分自身を大切にし、自分を愛することから始めてください。

メインイメージ転載元: wikiHow.com