自分の欠点を個性として受け入れるとき

自分の欠点を理解し、自分の大切な一部として受け入れましょう。自分の欠点を受け入れるとき、私たちはさらに強い人間へと成長します。

地球上に「完全な人」は存在しません。誰にでも欠点はあります。

私たちが自分の欠点に目を向けて受け入れるとき、自分を愛し、他人を尊敬する心が育ちます。そして、自分の欠点を受け入れたあなたの外見をからかう人もいなくなるでしょう。

多くの人が自分の不完全さを、洋服や化粧で隠すことばかりに気をとられて、多くの時間を無駄にしています。

自分の不完全さを「イライラするような欠点」と表現する人もいますが、自分を卑下する言葉を使った瞬間、自尊心と自己評価が低下し、自信を失うことになります。

太っている、鼻の形が悪い、胸が小さいなど、男性や他人の目から見た外見の問題は、あなたの「欠点」ではありません。

本当の「欠点」とは、他人への敬意を払わない、批判的、自己中心、攻撃的な性格などのことで、これらは間違いなく改善すべき「欠点」だといえます。

欠点は美しい

現代社会は理性の社会といわれていますが、同時に感情的な社会でもあります。

少し大げさかもしれませんが、日常生活において、他人から恐怖心を与えられることはあっても、他人との相互理解や、相手を尊敬し認められることが欠けているように感じられます。

学校教育で「情動的知性」について学ぶ機会はありません。その代わりに、教師が考える理想の姿や教師を人間の理想像として学ぶことが多いため、画一的な価値観や他人の目を通して自分を見る癖が身についてしまいます。

その結果、自尊心の低い、自分に自信のない子供や若者は、自分の欠点にばかり目を向けるようになります。

また他人の欠点を利用して相手を責めたり、自分を卑下したりする大人へと成長することもあります。

本記事では、このような複雑な状況に対処し、自分の欠点を受け入れることの大切さについてお話しします。

mujer-en-tarro-de-cristal-500x331

自尊心とは?

自尊心が低い人は、自分に足りない安心感や自信を常に追い求めています。他人が自分を褒めて欲しい、素敵な人だといわれたいなどと感じています。

  • 他人が私たちに精神的な何かを与えたり、私たちから何かを奪ったり私たちを傷つけることはあってはいけません。つまり、自分が抱く恐怖心を解消するのは、他人ではなく自分自身なのです。
  • 自分に必要なものを他人に求めるのではなく、自分の信念をしっかりと持ち、自分が欠点だと感じていることを自分の大切な個性の一つとして受け入れましょう。
  • 「自分のそばかすや鼻の形が嫌い、これは自分の欠点だ」と自己評価すると、他人もそれらの外見上の特徴をあなたを攻撃する材料として使います。
  • 本当の「欠点」はあなたの外見ではなく、その自尊心の低さです。

「外見上の欠点がある自分は、周りの人よりも劣る人間だから、恥ずかしそうに地味に生きていくべきだ」と考える心こそが「欠点」であり、外見上の特徴は「欠点」ではなく、あなたの大切な個性です。

自分の外見上の特徴を受け入れ、マイナス要素として考えるのをやめるとき、周りの人もあなたの特徴を個性として受け入れてくれるでしょう。

誰かがあなたの外見について悪口をいうとき、実はあなたの外見を攻撃されているというよりは、その心の弱さにつけ込まれているだけなのかもしれません。

これからは自尊心を高め、自分の外見上の個性を美しさとして受け入れるように心がけてください。

mujer-con-un-farol-1-500x355

欠点:あなただけの特別な美しさ

繰り返しになりますが、本当の欠点とはの弱さです。他人を攻撃する、屈辱する、そして傷つけるなどは間違いなく「欠点」です。

外見上の特徴と同じように、私たち独自の考え方、思考、感情、そして生活スタイルは「欠点」ではありません。これらを自分の個性として受け入れるとき、誰にも非難されることはなくなります。

  • 流行のファッションや他人が「美しい」と感じるものと自分の外見を比べるのはやめましょう。自分が流行や他人の美の定義に当てはまらないときに、自分を排除するのは間違った考え方です。
  • 自分の内面よりも外見にばかり気をとられ、多くの時間を無駄にするのではなく、ありのままの自分を受け入れるとき、自分はこの世界で唯一の素晴らしい人間だということに気づきます。
  • 他人とは違う自分の個性を美しい長所として受け入れる人は、必ず幸せな人生を送ります。

mujer-pelo-rojo-500x343

背が高い、低い、頬にある大きなホクロ、くせ毛、剛毛、大きな胸、小さな胸などはすべてあなたの素晴らしい個性です。私たちの美しさはバラエティーに富んでいます。すべての人が同じだったら「美」の定義はなくなるのではないでしょうか。

欠点のない人は存在しません。誰もが、他人とは違う部分や不均等に見える部分を持っていますが、これを欠点と捉えるか個性と捉えるかが大きな分かれ目です。

個性あふれる自分だけの美しさを受け入れることで自尊心を高め、自分を愛する幸せな人生を送りましょう。