多彩な表情をつくるメイク術12選

8月 5, 2016
目や顔の印象を決めるのはメイク道具と色のチョイス、そしてメイク術です。

多くの女性にとって、より美しくあるためにメイクは必須事項ですよね。

ただし、表情豊かで美しいメイクとは、正しいメイク道具とメイク術があって初めて成り立つものです。

中でもアイメイクひとつで顔の印象すべてが左右されるので、とっても重要です。

ここでは今すぐ実行できる多彩な表情をつくるためのメイク術12選をご紹介します。

1. 自分の目に合ったメイクをする

eye-shape

目を際立たせるには、自分の目に合ったメイク道具を選ぶことです。お店のメイクアップアーティストなどに相談して、自分に合ったアイライナー、アイシャドウを見つけましょう。

2. スモーキーメイク

smoky-look

深みのある色っぽさを演出するのには、スモーキーメイクが効果的です。スモーキーメイクとは、ダークカラーを基調とした外国人のような雰囲気のアイメイクです。うまくできないときには、まぶたにシャープ(#)を描いてブラシでぼかすと簡単ですよ。

3. マスカラはリキッドタイプのものを

warm-mascara

マスカラはリキッドタイプのものを使いましょう。乾いてしまうとダマになりやすく、カールも長持ちしません。長持ちさせるには、マスカラを数分お湯につけ、すぐに使うようにしましょう。

4. ファデーションはマスカラの前に

compact-powder

マスカラを塗る前に、ファンデーションは済ませておきましょう。そうすることでまつ毛をいっそうボリューミーに濃く見せ、ダマになるのも防げます。

5.ネコ目メイクで印象的に

cat-look

ネコ目メイクは目をより際立たせ色っぽさを演出するのに最適な方法です。目の周りをアイライナーで囲い、キワを塗りつぶすだけで完成です。

6.カールを作るにはスプーンとドライヤー

eyelash-curler

まつ毛は顔の印象の全てを決めるといっても過言ではありません。まつ毛が短くカールが難しい場合は、スプーンを使いましょう。スプーンをまぶたにつけ、それに沿ってマスカラを塗っていきます。さらに、そのあとドライヤーであたためると効果は長持ちします。

7. 目の下のケアも忘れずに

cucumber-masque

目の下のたるみやクマは疲れた印象を持たれてしまいます。夜はゆっくり休み、薄くスライスし冷やしたキュウリかジャガイモを目の下にのせておくだけでも十分なケアになります。

8. 白のアイライナーを使う

white-eyeliner

白のアイライナーはアイシャドウを引き立てるのに効果的です。目のキワに塗るだけなのでとっても簡単ですよ。

9.アイライナーの代わりにアイシャドウを

eyeliner-alternative

アイシャドウを侮ることなかれ。アイライナーを持っていない場合は代わりにアイシャドウが使えます。目のキワを埋め、まぶたをせまく見せることで目をよりいっそう際立たせることができます。

10. 自分に合ったコンシーラーを選ぶ

concealer

コンシーラーを使うことでより自然に、しかし印象的な表情をつくることができます。三角形を描くように頬に薄くのばすのがコツです。

11. 自分に合ったつけまつげを選ぶ

fake-lashes

つけまつげは、長ければいいというものではありません。自分に合ったつけまつげを選ぶには、眉毛との距離に注目してください。眉毛と近すぎるまつげは不自然な印象を与えます。

12.顔のパーツのバランスを見て眉毛をつくる

eyebrow

最近のトレンドは、細くてしっかり生えた眉毛です。しかし、これにも似合う顔と似合わない顔があるので気を付けてください。すっぴんの状態で、顔のパーツ同士の距離に注意して、バランスよく自分に合った眉毛をつくりましょう。

いかがでしたか? あれこれ難しいことは不要です。この12のコツで自分にぴったりのメイクを実現してくださいね!

あなたへおすすめ