人生をよりよくする秘訣:生き甲斐とは?

· 8月 4, 2018
人生を送る理由とも言える「生き甲斐」ですが、現在海外でも「Ikigai」として徐々に認知されています。人生の早い段階で生き甲斐についての理解を深めて自分の生き甲斐とは何かを知ることで、時間を無駄にしない人生を送ることができます。

「生きるに値するもの」と定義されることの多い生き甲斐という単語は、日本人の間では浸透しているコンセプトです。現在では海外でもこの単語が徐々に認知されていますが、生き甲斐について深く考えたことはありますか?

人生を生きる理由や目的にはもちろん個人差がありますが、誰もが生きる目的を持って生まれます。

つまりすべての人が生き甲斐を持っていると言えますが、その生き甲斐を見つけるまでに、成人してからさらに何年も費やす人もいれば、子供の頃から自分の存在価値や生きる目的をすでに認知している人もいます。

幸せになるために生き甲斐を見つける

生き甲斐を見つける

生き甲斐を見つけた人は幸せな人生を送ると言われていますが、これは人生を生きる意義を見つけることが幸せな人生に繋がると考えられているからです。生き甲斐のある人は、エネルギー溢れる幸せな毎日を送っています。

西欧社会では、自分の生きる目的がわからない人が多く存在しているため、現在では「Ikigai」を新しいコンセプトとして紹介している海外の記事もあります。

しかし日本人である私たちも、本当に生き甲斐について理解しているのでしょうか?

生き甲斐を見つけ、それを失わないように毎日一生懸命生きているでしょうか?

本記事では、生き甲斐を見つけて維持するためのアドバイスをご紹介します。

生き甲斐に従う

すでに生き甲斐を見つけた人も、「誰にも自分がまだ気づいていない内なる情熱や才能がある」ことを理解しましょう。

例えば、周りの友達のモチベーションを知らないうちに向上させるような特別な才能やパワーなどを持っている人がいますが、このような人は、多くの人の前でスピーチや講演などを行うのを生き甲斐にするのが向いています。

つまり、自分の内面に目を向けることで、その生き甲斐を見つけることができます。

様々な瞬間を大切に

一瞬を大切に

前述したように、自動操縦のような状態で人生を生きている人が多くいますが、生きている目的がわからないような毎日の生活を送っていては生き甲斐は見つかりません。

毎日の生活と一瞬を大切にして生きるというのは、心の中の貴重な場所を占拠している長年の悩みや将来への不安をなくすことです。

マインドフルネスという思考法や瞑想を行いましょう。心を落ち着かせてリラックスする時間を作ることで、人生に意味を持たせる生き甲斐などについて、少なくとも知ることまた見つけることができます。

常に前進する

休暇をとって楽しいアクティビティーをするのはとても楽しい時間です。そしてそのために一生懸命働く人がいます。

また逆に、仕事をしないで過ごすためだけのお金で十分だと言う人もいます。

しかし、全く何もしないで毎日を過ごす時間が、いつの間にか不幸へと繋がることもあります。現状に満足せず、より良い自分になるための努力をしながら常に前進する毎日を送ることが大切です。

時間を無駄にせず、自分の生きている世界に貢献できるようになりましょう。

自分の愛することを行う

自分の愛することを行う

あなたの好きなアクティビティーは何ですか?

スキー?楽器の演奏?読書?

旅行は好きですか?

自分の好きなアクティビティーや余暇の使い方を行うことで毎日を楽しく過ごすことができ、またそれが生き甲斐につながります。しかし、生き甲斐を失ったように感じる時は、過去の自分を思い出し、それを再発見する必要があります。

「時間がない」「後でやるよ」「お金がない」などの言い訳は、今やりたいことや、やるべきことを先延ばしにするのに役立ちます。また、自分ならいつかやり遂げるだろうと信じていても、実際にはそうではありません。

今この「現在」の瞬間を大切に、自分のやりたいことを先延ばしせずに実行してください。これは生き甲斐を見つける上で非常に大切です。

こちらもお読みください:精神的な限界を作り出してしまうNGな考え方

周りの環境や人々を大切に

自分の周りの環境は、生き甲斐を見つける上で非常に大切です。自分を取り巻く環境や健全な友情や人間関係は、生き甲斐を見つけるのに役立ちます。

自分の周りの「有害」な人々への文句を言うのは、精神面の健康に悪影響を与えます。

どこにいても自分が快適でいられるように努力しながら毎日を過ごしていると、自然と生き甲斐についても理解することができます。

毎朝元気に目覚める理由や目的となる生き甲斐は見つかりましたか?

自分が意識して生き甲斐を見つけようとしない限りは、生き甲斐が目の前に突然やってくることはありません。

自分の不幸を嘆き、イライライを募らせるのは何の助けにもなりません。

ポジティブで積極的な毎日を送りながら、赤ちゃんのようにゆっくりと自分について深く理解することで、自分がなぜこの世界に生きているのかという生き甲斐を見つけることができます。