自分の人生の目的がわからない
そんな時に試してほしい5つの方法

もし自分の人生の目的がわからない、先が見えないと感じているのなら、自分で新しく人生の目的を作ってしまうチャンスです。ゴールの見えない迷路から脱出するための5つの方法を学びましょう。
1-at-a-crossroads

きっと人生の中で何回か、自分がどこへ向かうべきなのか悩んだことがあるでしょう。どんな仕事をするべきか、自分が選んだキャリアが本当に自分にあっているのか、安定した職につけるのかなど、色々な場面で選択を迫られ、プレッシャーを感じながら 生活しているのではないでしょうか。

自分がどの道を選ぶべきなのか悩んでしまう時は、今から伝える5つの方法を思い出して実践してみてください。

自分で自由に道を切り開いていくことが重要です!

 

自分の道を見つける5つの方法

1. 自分のコンフォートゾーン(心地のいい場所)から抜け出してみる

2-watching-plane-depart

 

一カ所にずっと留まっていたら、あなたの本当の道を見つけるのはすごく難しいです。

新しいことを学ぶ、旅行する、新しい友達を作る、新しい趣味を見つけるなど、できるだけ多くのことにチャレンジしてみましょう。

そうすればあなたの生活はもっと活動的なものになり、コンフォートゾーンからも脱出できるはずです。コンフォートゾーンは、心地がいい場所ですが、ずっとその場にいるとなんだかつまらなくなってきてしまいます。

誰もが新しい場所に行ったり、新しいことに挑戦することに不安を感じると思います。その不安やプレッシャーをも味方につけて、自分の家のソファに座っているだけでは見られなかった世界を見に行きましょう。

 

2. 自分自身に耳を傾ける

あなたの心の中に充満しているネガティブな感情や、自虐的な考えが、自分の声ときちんと向き合う邪魔をしたり、不安な気持ちにさせているかもしれません。

自分の声ときちんと向き合うことは少し怖いかもしれませんが、今の自分の状態を良い面、悪い面と客観的に知ることも大切です。

3-girl-yoga

 

自分が道に迷ってしまっているように感じる時は、第六感に自分をゆだねてみるのもいいかもしれません。道に迷っていると感じるのは、ただ考え過ぎてしまっているだけ、ということも多いですよ。

「このキャリアは先が見えない」「私は絶対にいい仕事を見つけられない」など、根拠のない不安があなたの可能性をブロックしてしまっています。

自分で自分の将来を全て決めつけてはいけません。可能性は無限に広がっているのに、自分でその可能性をブロックしてしまったら勿体ないです。

 

3. 欠点を全て直そうとしない

自分の嫌いな所や、自信のなさをどうにかなくそうと、時間とエネルギーを使ったことがあると思います。

その時間の使い方は今すぐやめましょう。あなたは貴重な時間を無駄にしています!  その代わりに、あなたの好きなことや得意なことにする為に、自分の時間を使うようにしましょう。

そんなものはないと思っていませんか? それは、あなたが今までに注意を払ったことがないからです。

自分自身を過小評価しないで下さい。あなたが得意なこと、人とは少し違うこと、小さなことでもいいので、何かないか自分自身を観察しましょう。どんな小さな才能でも、磨いていけば素晴らしいものになるはずです。

今日からスタートしてみませんか?

 

4. 自分が何を望んでいるのか考える

4-thinking

 

自分の望みを知る、なんて簡単なことに聞こえるかもしれませんが、自分が心から望んでいるものを知っている人は少ないと思います。

自分の本当の望みに気づいた時、絶対手に入らないものなような気がして落ち込んだ気持ちになることもあるかもしれません。時間がかかるかもしれませんが、恐れや不安からくるプレッシャーをはねのけて、自分の望みに向かって力強く進んでいく必要があります。

自分の望みや手に入れたいものがわからない時は、外に出てみても道に迷っているような感覚になってしまうだけです。あなたの望みや目標は具体的でなければいけません。

待っているだけでは、ストレスや、それだけではなくネガティブな感情に悩まされてしまうでしょう。

「私はなにを望んでいるの?」という質問の答えをみつけ、今こそ前進していく時です。

 

5. 最高に大きな夢を持つ

もしあなたが小さいを持っていると、リスクを冒して大きなことにチャレンジする機会は少なくなります。なにか明確な目標がある時は、夢を大きく持つのは素晴らしいことです。

仕事がしたいですか? やりがいのある、自分自身が誇りに思えるような仕事を探しましょう。自分を安売りしてはいけません。

キャリアを築きたいですか? 自分にとってベストだと思えることをしましょう。仕事があるから受けるのではなく、その仕事が自分にとってどのようにプラスになるか、成長させてくれるかを一番に考えるのです。

大きな夢を描く時、第一条件に人は幸せになることを求めます。平凡でつまらないことは考えないでしょう。あなたは、あなたの望むもの全てを手に入れることができる能力をすでに手にしています。

あなたが人生の目的が見当たらないというのは、あなた自身がどこかで自分に不可能だと線をひいているからなのかもしれません。

きっと今から向かう夢への道のりは、ずっとあなたがその道にやってくることを待っていたでしょう。