前進するためには/時としてやり直しが必要

· 7月 21, 2016
過去を断ち切って最初からやり直すことを怖れる人たちがたくさんいます。日常がどんなに不幸せなものであっても、それに慣れきってしまっているからです。

私たちは生涯にたくさんの決断をくださなければなりませんが、時には、やり直しを強いられることもあります。

癒しを必要とする傷もあります。そんな時、もう一度幸せになるためには、私たちに苦痛をもたらすものとのきずなを断ち切る、勇気と決意とが必要です。

最初からやり直すことは、たやすいことではありません。今回は、複雑な個人的事情と取り組むために役に立つ、基本的な方策をいくつかご紹介します。

やり直すために過去を断ち切らなければならないとき

だれだって変化を前にすれば、程度の差こそあれ尻込みしてしまうもの。特に、これまで築きあげてきたものをすべて置き去りにしなければならないような、大きな変化の場合はなおさらです。でも、やり直すためには、時としてさまざまな困難に立ち向かわなければなりません。

  • 幸せになるための、新しい方法を見つけなければなりません。
  • やり直すには、自分自身の人生をコントロールする必要があります。私たちがくだす決断はすべて何らかの結果をもたらしますが、私たちの現実を作っているのはいつだって私たち自身なのです。
  • 人生の新しい道を、熱意と、「今」を大切にする心構えとを持って受け入れましょう。

これまでの人生で困難な時を経験してきた人なら、逆境に立ち向うときの複雑な心の動きをよく理解しているはず。この世の変化はすべて―個人的なやり直しの場合でさえ―段階を経て起こるのです。

こちらもお読みください:子どもたちに伝えたい4つの価値

butterflies

何か・だれかと訣別する必要があると気づいた瞬間

先ほども触れましたが、変化を受け入れるには勇気が必要ですが、だれもがそんな勇気を持っているとはかぎりません。大勢の人たちにとって、次に挙げるような状態が慢性化してしまうことがあります:

  • 事態が自然に変化するのを待っている。
  • 失敗するのが怖くて試すことができない。自ら積極的に変化をもたらし、人生の舵を取る自信がない。
  • まわりの人たちに頼りすぎていると判っているが、置かれている状況から抜け出す方法を思いつかない。不幸せなのにも関わらず、そんな人生しか知らないので、思いきって変化をもたらそうとしない。

やり直す必要があるとはっきり悟った瞬間は、あなたの自由意志の為せるわざであり、誇りに思うべきです。

自分には幸せになる権利があると知っている人たちは、不健康で成長を妨げている道を捨て去って、自分自身の道をたどります。

賢い方法で過去と訣別しよう

痛みを感じることなく過去と訣別することなんて、できるのでしょうか。答えはノーです。どんな変化にも、一定の苦痛がつきものです。つい最近までその人の希望・夢・計画の焦点だったものを、切り捨てなければならないのですから。

  • 前進するためには、憤りや憎しみを持ち越さないことが大切です。もちろん許すことはたやすいことではありません。でも、あなた自身を自由にするために必要なことなのです。
  • 過去にあなたに起こったこと、自分が犯した過ち、裏切られた経験などに対し、恨みがましく思いつづけていると、過去の苦痛を現在に持ち越すだけの結果に終わってしまいます。
  • 変化を起こすにあたり、他の人々、特に自分自身に対する憤りや憎しみにしがみつくことはやめましょう。憎しみと憤りは、あなたをがんじがらめにしてしまう負の力。エネルギーの無駄遣いになるだけです。

こちらもおすすめします:許すことを学び、過去にサヨナラしよう!

新しい夢を持って未来を守ろう

ここではっきりさせておくべきことは、だれでも長い人生において、ひとつ以上の変化を体験するということ。それは、たとえば新しい友人ができる、新しい仕事が見つかる、ダイエットを始めるなど、小さい変化かもしれません。こういった変化はよくあることで、あなたによい影響を与えるものです。

でも時には、あなたが本当に必要としているのは、最初からやり直すことだということもあります。恋愛関係がうまくいっていないかもしれませんし、新しい街に引っ越したり、新しい仕事を始めたりする必要があるかもしれません。

そんな経験をするのは、あなたが最初ではありませんし、最後でもありません。

  • 最初からやり直すとは、人生の前章を閉じるということです。過去から逃げ出すことではありません。
  • あなたの決断を相手に伝えることで、心が軽くなり、ヘルシーな方法で人生の一章を閉じることができるでしょう。
  • まわりの人たちが何を思うか、どう反応するか、怖れないでください。そうしたければ、まわりの反応をあらかじめ予測しておき、どう答えるか準備しておいてもいいでしょう。

でも、あなたが自分の決断に確信がもてるなら、ほかの人たちがどう言おうと関係ありません。あなたは自分の運命をすでに決定したのであり、最初からやり直そうとしているのです。

こちらの記事もおすすめします:恋愛関係でよくある間違い4つ

humming-bird

人生は、障害物のない直線コースではありません。時として、あなたの幸せと心のバランスのために変化が必要となります。

だれしも自分の運命の中で積極的な役割を果たしており、一つ一つの決断が大切です。自尊心と決断力、そして夢を持って、人生に立ち向かっていきましょう!