祝日や休暇中の過食によるお腹の張りを解消する5つの自然療法

3月 8, 2018
過食や重い食事が原因で起こるお腹の張りやむくみを予防するときには、お茶を使った自然療法をお勧めします。

クリスマスや大晦日、そしてお正月などの休暇中についつい食べ過ぎた経験はありませんか?

休暇中の食べすぎや通常とは違う食べ合わせなどで、腹部の炎症が起こる可能性があります

食べ過ぎたからといって、誰もが消化不良や体重の増加を経験するわけではありませんが、腹部の炎症により、ガス、腹部の痛み、お腹の張り、そして体重の増加などが症状として現れるでしょう。

食後すぐに症状が現れることもあれば、数時間または翌日に現れることがありますが、ほとんどの場合は深刻な症状ではなく、しばらくすると不快感や症状が消えます。回復を早めるために症状を抑えることが最善の方法です。

本記事では多くの人が経験するお腹の張りを解消する5つの自然療法をご紹介します。

1. レモンと重曹入り白湯

重曹とレモン

アルカリ性の高いこの自然療法は、胃酸過多を正常な状態に戻しながら、消化管のガスを軽減してくれるかもしれません。また、刺激の強い食事を食べた後の炎症を軽減しながら、消化不良が原因の不快感を予防してくれるでしょう。

材料

  • 湯 1 カップ  (200 ml)
  • レモン果汁  1/2 個
  • 重曹 大さじ1/2  (2 g)

使用方法

  • 湯とレモンを混ぜた後、すぐに重曹を加えます。
  • 発泡がおさまるまで待ちます。
  • 食事を終えてから30分が経過したら飲んでください。
  • 炎症を感じた時はいつでも飲んでください。

注意事項:過剰に摂取すると体内が過剰にアルカリ化する恐れがあります。

こちらの記事もご参考に::重曹を使って体内のpHを正常に保つ方法5選

2. シナモンティー

シナモンに含まれる消化を促進する成分が、お腹の張りに加え、食後の胃の不快感や胸焼けを予防してくれるかもしれません。

シナモンには、抗痙攣、抗炎症および抗酸化作用があるため、休暇中やパーティーなどの後に感じる胃腸の不快感の軽減が期待できるでしょう。

材料

  • シナモンパウダー 小さじ1  ( 5 g)
  • 水(湯) 1カップ (250 ml)
  • ハチミツ 大さじ1  (25 g)

使用方法

  • シナモンパウダーを湯に加えます。
  • 蓋をして10分間抽出します。必要に応じて、飲む前にハチミツで甘みを加えてください。
  • 胃の不快感や炎症を感じたら飲んでください。

注意事項:シナモンは胃の内壁を刺激する可能性があるため、シナモンティーやシナモンの過剰摂取は避けてください。特に胃潰瘍を発症している時は避けてください。

3.アニス、バーベナ、レモンバーム茶

バーベナ茶

消化機能に効果のある特性を持つハーブを組み合わせると、腹部に炎症を起こす消化器系の問題を解消する自然療法薬が出来上がります。

このお茶は、腸内でのガスの形成を防止し、腹部の膨満感や痛みを和らげるのに役立つかもしれません

材料

  • アニス 小さじ1  (5 g)
  • 水 1カップ
  • バーベナ 小さじ1 (5 g)
  • レモンバーム 小さじ1  (5 g)

使用方法

  • 沸騰した湯の中にハーブを入れて抽出します。
  • 15分間抽出した後、漉してください。
  • お腹の張りがおさまるまで、1日2回飲んでください。
  • 食べ過ぎた時や重い食事を食べた時にもおすすめです。

こちらの記事もご覧ください:引き締まった固いお腹へのエクササイズ5選

4. フェンネルシード茶

フェンネルシードは、抗炎症作用、鎮静作用、そしてガスを排出する作用のある薬用植物なので、食べ過ぎや重い食事による消化不良をコントロールするのに役立つかもしれません。

材料

  • フェンネルシード 小さじ1  (5 g)
  • 水 1 カップ  (250 ml)

使用方法

  • 水を沸騰させたらフェンネルシードを加えます。
  • 蓋をして10分間抽出します。
  • 食事を終えてから30分が経過したら飲んでください。
  • 炎症が続く時は1日3回飲んでください

5. 生姜、レモン、ハチミツ茶

生姜とレモン

お腹の張りを解消するために、昔から多くの人に愛用されているのが生姜です。生姜に含まれる抗炎症作用と鎮痛作用が腹部の炎症を軽減しながら、ガスや吐き気などの不快な症状を予防してくれるかもしれません。

また抗炎症成分が体内をデトックスするため、二日酔いの症状を和らげる効果が期待できるかもしれませんよ。

材料

  • おろし生姜 小さじ1  (5 g)
  • 水 1カップ (250 ml)
  • レモン果汁  1/2 個
  • ハチミツ 大さじ1  (25 g)

使用方法

  • 水の中におろし生姜を入れたら沸騰させます。
  • 沸騰し始めたらすぐに火を弱め、弱火で2分間火にかけます。
  • 火から下ろしたら10分間抽出した後、濾してください。
  • レモン果汁を加えたら、ハチミツで甘みをつけます。
  • 食事を終えてから30分が経過したら飲んでください。
  • また消化不良の症状を感じたら飲んでください。
  • 1日2回、症状が改善されるまで継続してください。

休暇中やパーティーの後、お腹の張りを感じたことはありますか?

今回ご紹介したお勧めの自然療法をぜひお試しください。不快感が解消されて体がすっきりするかもしれませんよ。

  • Imkamp, F. (2014). Acute abdomen. In Urology at a Glance. https://doi.org/10.1007/978-3-642-54859-8_24
  • Medicinal Plants: A Review. (2015). Journal of Plant Sciences3(1), 50. https://doi.org/10.11648/j.jps.s.2015030101.18
  • Rao PV, Gan SH. Cinnamon: a multifaceted medicinal plant. Evid Based Complement Alternat Med. 2014;2014:642942. doi:10.1155/2014/642942
  • Shojaii A, Abdollahi Fard M. Review of Pharmacological Properties and Chemical Constituents of Pimpinella anisum. ISRN Pharm. 2012;2012:510795. doi:10.5402/2012/510795
  • Miraj S, Rafieian-Kopaei, Kiani S. Melissa officinalis L: A Review Study With an Antioxidant Prospective. J Evid Based Complementary Altern Med. 2017;22(3):385–394. doi:10.1177/2156587216663433
  • Badgujar SB, Patel VV, Bandivdekar AH. Foeniculum vulgare Mill: a review of its botany, phytochemistry, pharmacology, contemporary application, and toxicology. Biomed Res Int. 2014;2014:842674. doi:10.1155/2014/842674
  • Devi, A., Jangir, J., & K.A., A. A. (2018). Chemical characterization complemented with chemometrics for the botanical origin identification of unifloral and multifloral honeys from India. Food Research International. https://doi.org/10.1016/j.foodres.2018.02.017
  • Nikkhah Bodagh M, Maleki I, Hekmatdoost A. Ginger in gastrointestinal disorders: A systematic review of clinical trials. Food Sci Nutr. 2018;7(1):96–108. Published 2018 Nov 5. doi:10.1002/fsn3.807