消化不良の背後に隠れているかもしれない病気とは?

ひんぱんに消化不良に悩まされているなら、背後に他の病気が隠されているかもしれません。かかりつけの医師に相談して必要な検査を受け、合併症がないか確かめることが非常に大切です。

一般的に消化不良や胃の不快感は、食べ過ぎたり、早食いしたり、不耐性のある食品を食べたりしたときに起こります。

上腹部の不快感として現れ、胸焼け・胃もたれ・痛みなどを伴います。

ほとんどの場合、急に問題が起こり、カンタンな治療薬とヘルシーな食事で治るもの。でも消化不良が慢性化し、これまでよりもひんぱんにもっと激しい症状を経験し始める人たちもいます。

そんな時は、危険信号に注意を払い、かかりつけの医師の診察を受けて原因を確かめることが非常に重要です。

時には、消化不良の背後に、胃に関連した別の病気が隠れていることがあるからです。

今回は、くり返し現れる症状の背後に隠れているかもしれない病気のタイプについて、ごいっしょに学んでいきましょう!

1. 潰瘍

これは胃や腸の内部をおおっている粘膜が炎症を起してくずれ、深いところまで傷ついた状態です。

胃潰瘍を引き起こす原因として以下のような事柄が挙げられます:

  • 抗炎症剤の乱用 
  • 過度の飲酒・喫煙  
  • 胃酸過多  
  • ピロリ菌による感染症

潰瘍が小さいうちはほとんど自覚症状がありません。でも、悪化するとひどい出血を引き起こす可能性がありますから、早めに治療する必要があります。

こちらの記事もおすすめします:その症状、胃潰瘍かも?

2. 胃炎

gastritis

胃炎は、それが引き起こす症状から、消化不良と一番関連づけられやすい胃腸の病気のひとつ。

胃の粘膜が刺激されたり炎症を起したりする時にかかり、急性の場合と慢性の場合があります。

胃炎の症状には以下が含まれます:

  • 腹痛
  • 炎症
  • むかつき・嘔吐
  • 胸焼け

原因として考えられる状況を挙げると…:

  • 極端に冷たいもの、熱いもの、または辛いものを食べた
  • 脂肪分の多い食事をした
  • 食物アレルギー
  • 医薬品をのみすぎた
  • ストレスがひどい
  • お酒を飲んだ

 

3. 胃がん

cancer-768x498

必ずしも消化不良=胃がんというわけではありませんが、場合によっては胃がんの初期症状として消化不良を体験する可能性があります。

ほとんどの場合、胃がんは胃の粘膜で発生します。進行するにつれ、吐血・原因不明の体重減・疲労感などのその他の症状が現れてきます。

欧州腫瘍学会は、胃がんは女性よりも男性の方がかかりやすく、60歳を超えるとそのリスクが増大すると警告しています。

考えられ得る原因として以下が挙げられます:

  • 遺伝子異常  
  • ピロリ菌感染症  
  • 肥満  
  • 喫煙  
  • 塩分の摂り過ぎ

4. 甲状腺機能低下症

これは甲状腺の病気で、主に女性がかかりやすく、特に50歳以上の女性は要注意です。その特徴は、甲状腺ホルモンの分泌量が減ることですが、この甲状腺ホルモンは代謝機能・血行・消化に欠かせません。

甲状腺の異常が発見され治療を始めると、消化の問題も解消するのはこのためです。

消化不良以外の症状として、急激な体重増加・疲労感・不安感、また極端な場合は記憶障害・心不全などが見られます。

5. パーキンソン病

parkinsons

この変性疾患は、神経系を侵し、脳の信号を変えてしまいます。

この病気が末梢神経を侵すと、消化器官は脳からの信号を受け取ることができないか、正しく受け取ることができないため、機能不全を起こすのです。

6. 糖尿病

血糖値の上昇とひどい胃腸疾患との間には密接な関係があります。糖尿病の人は胃の運動をコントロールする自律神経に異常をきたして消化管の動きがにぶくなり、胃の内容物が長くとどまるようになってしまいます。

実際、糖尿病患者の50%は、慢性の消化器系の問題を抱えているのです。

こちらもお読みください:糖尿病を1週間でおさえるジュース

7. 胆のう炎

胆のう炎は、背中や右肩甲骨の下あたりまで広がることもある激しい腹痛が特徴です。

この病気は、胆のう内に胆汁が閉じ込められてしまう時に起こります。ほとんどの場合、原因は胆石による胆のう管の閉塞で、胆汁が小腸に流れ込むことができなくなります。

たまってしまった胆汁が、胆のうの粘膜を刺激し圧力をかける結果、炎症や感染症さえも引き起こしてしまうのです。

もし腹痛や消化不良のその他の症状が激しい場合は、ただちにかかりつけの医師に相談することが非常に大切です。早期治療することで、慢性化を防ぐことができるでしょう。

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ