胃潰瘍:8つの不快な症状

1月 15, 2019
胃潰瘍は、喫煙者とアルコール摂取をする人に、より多く見られる傾向にあります。その理由は、毒素と化学成分が、胃壁を衰弱させるからです。

胃潰瘍の症状をタイミング良く発見する方法を知っておくことは、とても大切です。なぜなら、専門家の助けを求めることができ、また早期に診断を受けることができるからです。そうすれば、症状が悪化する前に生活の質に多大な影響を及ぼすことなく、潰瘍の治療を開始できるのです。

胃潰瘍は、またの名を消化性潰瘍とも言い、胃を保護する粘膜の一か所あるいは複数箇所にできる深い傷のことです。

潰瘍は、胃酸の生成が過剰になった時に発症します。これが胃壁を刺激し、痛みや炎症の感覚を引き起こすのです。潰瘍の発生は、炎症を引き起こす食品の過剰摂取に関連していますが、主たる原因は、ヘリコバクターピロリ菌という細菌の感染です。

治療は、早期段階での特定がカギです。なぜなら、損傷部分の拡大および他の消化器系との合併症を最小限に食い止められるからです。胃潰瘍がどのように発症するかを知ることは重要ですし、また医師に相談することも重要です。

 

1.腹痛

腹痛

腹痛は、胃潰瘍の初期症状のひとつです。痛みの強さは様々で、特に刺激性のある食品を食べた時や、何も食べずに空腹状態が何時間も続いた後に起こりがちです。

痛みは、胃の上部および真中部分で起こり、その後それが両サイドに拡大していきます。

ご存知でしたか?:
胃潰瘍の痛みを軽減するバナナとジャガイモのスムージー

2.腹部の炎症

腹部の炎症は、消化器系の症状と共に現れる傾向にあります。過剰な胃酸に対する身体の反応で、腹部に膨満感、圧迫感および満腹感を伴うのが一般的です。

 

3.頻発する消化不良

消化不良

消化不良により、満腹感およびガスを生じます。酸性の食品を食べたり、過食するたび、腹部が炎症および痛みを生じます。胃潰瘍の患者が、ほぼ毎回食後にゲップをしたり、胃のむかつきを経験します。

4.食欲減退

胃潰瘍による食後の炎症反応により、多くの患者は食欲が無くなります。そのため、栄養欠乏へと繋がり、深刻な結果を招きます。

 

5.吐き気

嘔吐

吐き気は、食中毒、妊娠、胃炎による症状だけではありません。この不快な症状は、胃の粘膜を刺激する過剰な胃液によっても起こります。損傷(潰瘍)が出来ることにより、胃の防衛機能と攻撃機能がバランスを失うことが原因です。

 

6.食品アレルギー

潰瘍によって胃の粘膜が弱まっていることから、食物アレルギーになる可能性があります。

特定の食品に含まれる炎症を起こす成分が症状を悪化させ、強烈な痛みや消化に関する問題も生じる可能性があります。一般的には、脂肪分、砂糖、あるいはスパイシーな成分を豊富に含有する食品で発生します。

こちらもご参考に:
もしかしてその症状、胃潰瘍かも!?

7.極端に体重が減る

体重が減る

食欲の減退により、摂取するカロリーおよび栄養素が減るので、体重も減ってしまいます。脂肪が減るだけでなく筋肉をも失い深刻な状態に陥ることがあります。癌や他の疾患が原因の可能性もあるため、徹底した医学的分析を必要とします。

 

8.出血

便あるいは嘔吐物に血液が混入していたら、潰瘍のサイズが成長している兆候です。出血は、危険なレベルに達した場合にのみ起こるため、ほとんどの患者は、これを経験することはありません。

出血があった場合は、胃がんあるいは結腸がんといった他の慢性消化器系疾病の可能性もあるので、医学的な治療を行ってください。