胃潰瘍がある時に経験する8つの不快な症状とは?

· 7月 1, 2018

胃潰瘍の症状をタイミング良く発見する方法を知っておくことは、とても大切です。なぜなら、専門家の助けを求めることができ、また早期に診断を受けることができるからです。そうすれば、症状が悪化する前に生活の質に多大な影響を及ぼすことなく、潰瘍の治療を開始できるのです。

胃潰瘍は、またの名を消化性潰瘍とも言い、胃を保護する粘膜の一か所あるいは複数箇所にできる深い傷のことです。

潰瘍は、胃酸の生成が過剰になる時に発症します。これが、胃壁を刺激し、痛みや、炎症の感覚を引き起こすのです。

潰瘍の発生は、炎症を引き起こす食品の過剰摂取に関連していますが、主たる原因は、ヘリコバクターピロリ菌という細菌の感染です。

胃潰瘍は、喫煙者とアルコール摂取をする人に、より多く見られる傾向にあります。その理由は、毒素と化学成分が、胃壁を衰弱させるからです。

治療には、早期段階での特定がカギです。なぜなら、そうすることで、損傷部分の拡大および他の消化器系との合併症を最小限に食い止められるからです。

こうした理由から、胃潰瘍がどのように発症するかを知ることは重要ですし、また医師に相談することも重要です。

 

1.腹痛

腹痛

腹痛は、胃の粘膜に形成される胃潰瘍の初期症状のひとつです。

痛みの強さは、穏やかなものから慢性のものまでさまざまで、特に刺激性のある食品を食べた時や、何も食べずに、空腹状態が何時間も続いた後に起こりがちです。

痛みは、胃の上部および真中部分で起こり、その後それが両サイドに拡大していきます。

 

2.腹部の炎症

腹部の炎症は、消化器系の症状の大半と共に現れる傾向にあります。

この場合、明らかに腹部の膨満感を生じ、圧迫感および満腹感を伴うのが一般的です。

この症状は、過剰な胃酸による攻撃に対する身体の反応なのです。

 

3.頻発する消化不良

消化不良

消化不良には、前述の二つの症状が含まれますが、これのみについて述べるのも重要です。なぜなら、これもまた、満腹感およびガスを生じるからです。

この場合、消化不良は頻繁に起こります。なぜなら、酸性の食品あるいは過食するたび、腹部が、炎症および痛みを生じるからです。

胃潰瘍の患者が、ほぼ毎回食後にゲップをしたり、胃のむかつきを経験するのは、よくあることです。

4.食欲減退

胃潰瘍による食後の炎症反応により、多くの患者は食欲が無くなり始めます。

食事による炎症および痛みへの恐怖心の結果、患者は食欲がなくなるのです。

そのため、この症状は、栄養欠乏へと繋がり、深刻な結果を招きます。

 

5.吐き気

嘔吐

吐き気は、食中毒、妊娠、胃炎による症状だけではありません。

この吐きたくなる不快な症状は、胃の粘膜を刺激する過剰な胃液によっても経験されるのです。

損傷(潰瘍)が出来ることにより、胃の防衛機能と攻撃機能のアンバランスが原因となって、この症状を生じるのです。

 

6.食品アレルギー

潰瘍によって胃の粘膜が弱まっていることから、食物アレルギーとなる高い可能性があります。

特定の食品に含まれる炎症を起こす成分が、症状を悪化させる傾向にあります。これによって、強烈な痛みや消化に関する問題を生じる可能性があります。

これは、ほぼ食事の直後に発生し、日常生活に支障をきたします。

一般的には、脂肪分、砂糖、あるいはスパイシーな成分を豊富に含有する食品で発生します。

 

7.極端に体重が減る

体重が減る

潰瘍患者の減量は、大抵この疾患が及ぼす食欲の減退に関連しています。

潰瘍によって影響を受けている人達は、適正に食事をするのを止めます。したがって、摂取しているカロリーおよび栄養素が経ることになり、顕著なレベルで体重が減ります。

これは、非常に注意を喚起する症状です。なぜなら、脂肪を減らしているだけでなく、筋肉をも失っているからです。

これは、癌のような他の疾患の結果による可能性もあるため、徹底した医学的分析を必要とします。

 

8.出血

便あるいは嘔吐物に血液が混入しているのなら、それは、潰瘍のサイズが成長している兆候です。

出血は、危険なレベルに達した症状の場合にのみ起こるため、ほとんどの患者は、これを経験するレベルには至りません。

しかしながら、これに気づいたなら、合併症の兆候ですので、医学的な治療を求めてください。

この症状は、胃がんあるいは結腸がんといった他の慢性消化器系疾病の兆候の可能性もあります。

 

本記事で既述した症状のいくつかに気づいたなら、早急にかかりつけの医師に診断してもらうのが賢明です。いったん診断を受けたら、胃酸の活動を中和するのを助ける食品を加えることで食習慣を改善することが重要です。

また、こうした症状は、より多くの水を飲むことによって緩和される可能性があります。なぜなら水は、影響を受けている組織の修復にとって不可欠だからです。