自然の力を使ったイボの除去方法

年齢を重ねるとともに、いつの間にかできてしまったイボ。実は自宅にあるもので簡単に除去できる効果的な方法があるのです。
自然の力を使ったイボの除去方法

最後の更新: 29 10月, 2018

イボは、通常ヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされる肌への目障りな疾患です。HPVは100以上の違ったタイプをもったウイルスで、それぞれのHPVは免疫力の強さによって異なった影響を及ぼします。イボの原因となるウイルスは比較的無害ですが、その他のタイプのHPVは深刻な病気を引き起こす可能性があります。

イボは、そのウイルスによって、いとも簡単に身体のあらゆる箇所に広がっていきます。また、皮膚と皮膚との接触を介して他の人へも感染していきます。現在、イボを除去するための従来的な治療法が沢山ありますが、その100%全てが効果を発揮し、すべての人に作用するわけではありません。従来の治療法でイボを除去できなかった人は、これから紹介する家庭でできる治療法を試してみてはいかがでしょうか。これらの治療法は経済的で簡単です

りんご酢

リンゴ酢は、その薬効から世界で最も使用されている家庭療法の一つです。りんご酢は目障りなイボに強力な効果を発揮します。しかし、酢自体がイボのウイルスを殺すことはなく、その酸がイボを構成する肉質部分を攻撃するのです。

必要な物:

  • りんご酢 大さじ2
  • コットンボール又は綿布

治療方法

リンゴ酢でコットンを湿らせ、イボに直接塗布します。イボにガーゼを一切れ被せて一晩置き、朝になったらガーゼを外します。より良い効果を得るために、この治療を毎晩行います(12週間)。

こちらの記事もご覧ください:顔のお手入れにアップルサイダービネガーを

バナナの皮

ばなな

バナナは肌の健康を保つのにとても優れており、イボに対しても、イボを分解するタンパク質分解酵素を含んでいます。

必要な物:

  • 1バナナの皮 1枚

治療方法

スプーンを使って、バナナの皮の内側をこすり、白いペースト状の部分を取ります。このペーストをイボに直接塗布し、他の箇所にイボが広がってしまわないように手を洗います。これを効果がみられるまで続けて下さい。

ビタミンC

ビタミンCをイボに直接塗布することは、その原因となるウイルスを殺すのを手助けします。これはイボ除去の数ある方法の中でも昔からよく知られた治療法です。

必要な物:

  • ビタミンCの錠剤 1錠
  • すり鉢
  • レモン果汁 少々

治療方法

すり鉢の中で、ビタミンCの錠剤を砕き、レモン果汁少々を混ぜペースト状にします。その混ぜたペーストを直接イボに塗布し、包帯で覆い、一晩置きます。この治療を毎日続けて下さい。

バジル

https://www.lib.chigasaki.kanagawa.jp/toshow/asp/index.aspx

バジルを使うのも優れた治療法です。このハーブはイボに対して強力な効果を持つ抗ウイルス特性を持つことで知られています。バジルは購入してもいいですし、家庭でも簡単に栽培できます。

必要な物:

  • 生のバジル 1/4カップ
  • ガーゼ又は包帯

治療方法

バジルを洗浄し、混ぜてペースト状にします。それをイボへ直接塗布し、包帯かガーゼで覆い、一晩置きます。この治療を2週間毎日続けてください。

タンポポ

タンポポにはイボに効果的な成分が含まれています。もし庭園や裏庭にタンポポが生えている場合には、是非ともイボの除去に使用してみてください。

必要な物

  • タンポポ 1輪
  • 包帯

治療方法

タンポポの花の部分を取り外し、茎に含まれる白い液を取り出します。それをイボへ直接塗布し、包帯で覆います。完全にイボを除去するために、この治療を1日に2回行って下さい。

 

こちらの記事もおすすめ
ウイルス性のイボを取り除く5つの方法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
ウイルス性のイボを取り除く5つの方法

成人に多く見られる平らなイボは、一般的にヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発症します。イボとは皮膚にできる小さな盛り上がりで、赤みのある茶色の突起ができると特徴づけられます。顔の一部にできることが多いですが、手や首も発症しやすい部分です。



  • Guarrera, P. M. (2005). Traditional phytotherapy in Central Italy (Marche, Abruzzo, and Latium). Fitoterapia, 76(1), 1–25. https://doi.org/10.1016/j.fitote.2004.09.006
  • Joshi, R. (2014). Chemical composition and antimicrobial activity of the essential oil of Ocimum basilicum L. (sweet basil) from Western Ghats of North West Karnataka, India. Ancient Science of Life, 33(3), 149. https://doi.org/10.4103/0257-7941.144618
  • Kaurinovic, B., Popovic, M., Vlaisavljevic, S., & Trivic, S. (2011). Antioxidant Capacity of Ocimum basilicum L. and Origanum vulgare L. Extracts. Molecules, 16(9), 7401–7414. https://doi.org/10.3390/molecules16097401
  • Martinez, M., Poirrier, P., Chamy, R., Prüfer, D., Schulze-Gronover, C., Jorquera, L., & Ruiz, G. (2015). Taraxacum officinale and related species—An ethnopharmacological review and its potential as a commercial medicinal plant. Journal of Ethnopharmacology, 169, 244–262. https://doi.org/10.1016/j.jep.2015.03.067
  • Prakash, B., Sumangala. C.H., Melappa, G., & Gavimath, C. (2017). Evaluation of Antifungal activity of Banana peel against Scalp Fungi. Materials Today: Proceedings, 4(11), 11977–11983. https://doi.org/10.1016/j.matpr.2017.09.119