おどろくべきバナナの健康効果

11月 28, 2015
バナナに含まれているトリプトファンは、必須アミノ酸のひとつ。幸せ気分にしてくれる神経伝達物質セロトニンの原料となります。

バナナは、エネルギーとビタミン・ミネラルを提供してくれるトロピカルフルーツ。どんなダイエットにも加えることができる健康食品です。バナナはくだものの中で世界一の消費量を誇っているだけでなく、最もヘルシーなくだもののひとつだと言えるでしょう。

それなのに、バナナは食べない、と言う人がけっこういます。特にダイエット中の人にとっては、アボガドに次いで高カロリーのくだものだというので、バナナは評判が悪いようです。でもバナナは、1サービング(約1/2本分)たった90カロリーしかありません。適量さえ守れば、ダイエットプランに加えても減量のじゃまにはなりませんし、さまざまなメリットをもたらしてくれます。今回は、おどろくべきバナナの健康効果についてお話します。

バナナの健康効果って?

バナナには、糖分とミネラル(カリウム・マグネシウム・鉄・カロチンなど)が豊富です。また、食物繊維が多いのに加え、葉酸・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミンも多量に含まれています。

バナナは炭水化物もたくさん含んでいますから、身体のエネルギー源としてたいへんすぐれています。これらの理由から、バナナは子どもたちの食事やおやつにぴったりです。また、カリウムも豊富で、体内の余分な水分を排出するお手伝いをしてくます。このため、身体のバランスを保ち、高血圧や痛風などの病気を治すのに役立ちます。

高血圧

高血圧

ナトリウム過剰でカリウムが足りないと、血圧が上昇する可能性がたいへん高くなります。身体にはカリウムを十分補給する必要がありますが、バナナにはこのミネラルがたくさん含まれています。ですから、毎朝バナナを1本食べることをおすすめします。この健康的な習慣をつづければ、血圧を理想的なレベルで保つことができるでしょう。

うつ病

うつ病に悩む人の多くが、バナナを食べたあと、気分がずっとよくなると報告しています。これはバナナが必須アミノ酸であるトリプトファンを含んでいるためであると、研究者たちは発見しました。わたしたちの身体はこの成分を合成することができませんから、食品から十分摂取することが大切です。

トリプトファンは、精神の安定と幸福感をもたらしてくれる神経伝達物質セロトニンの原料となります。この効果を得るには、バナナ1本で十分です。食べて数分以内に、リラックスでき、気分が高揚してくることでしょう。

ストレス

ストレス

ストレスは、基礎代謝を乱し、カリウムのレベルを下げます。バナナにはカリウムが豊富に含まれていますから、このミネラルを補充するためには、バナナを食べることです。でもストレスに対するバナナの効能は、カリウムだけにとどまりません。バナナは、気分をよくし、心を落ち着かせるのにも役立ちます。

便秘

バナナはペクチンを含んでいますから、消化機能を向上させるのに最適の食品の1つです。ペクチンは食物繊維の一種で、消化をうながし、体内の毒素を排出するのを助けてくれます。このため、バナナは便秘を解消したり、消化スピードを遅らせたりするのにぴったりです。

さらに、バナナに含まれる消化酵素が、消化機能を向上させ、ガス・腹部けいれん・圧迫感などを軽減してくれます。

PMS (月経前症候群)

月経前症候群

バナナはビタミンB6が豊富ですから、血糖値の調整によい効果をあらわします。また一般的に言って、ビタミンB群はPMS(月経前症候群)の症状のいくつかをやわらげるのに役立ちます。

バナナを毎日食べると、PMSによく見られるむくみや腹痛を軽減するのを助けてくれます。また、気分をよくし、PMSを体験しているあいだ緊張しがちな神経を落ち着かせるのにも役立ちます。

 

あなたへおすすめ