痛風の症状と治療法

痛風は激しい痛みを伴う病気です。痛風の症状は身体の様々な場所に現れますが、特に足の親指に発症することが多いといわれています。

痛風は高齢の方に多く見られる病気で、関節に尿酸が増えすぎることが原因で発症します。

今回は痛風の症状と治療法についてご紹介します。

痛風の症状

痛風は、激しい関節痛や関節炎、そして肌の赤い腫れなどを引き起こします。また微熱を伴うこともあります。痛風の症状が進行すると、体内にたまった尿酸が関節のまわりにコブ状の病変を形成し、痛風結節と呼ばれる皮膚のコブができます。

痛風の症状を緩和する治療法

痛風の症状を緩和する治療方法では、痛みを感じるような動きを無理に行わないことが大切です。痛風を発症している部分を氷で10分間冷やすと、炎症を抑えて痛みを軽減します。

また十分な水分補給を行い、健康的な体重を維持することも大切です。

医師の診断を受けると、炎症を軽減して痛みを抑える抗炎症薬を処方されることがあります。必ず医師の処方に基づいた薬を服用してください。また、これらの薬には副作用がありますのでご注意ください。

痛風の方は、赤身肉、魚介類、モツなどの内蔵類、濃縮スープストック、ビール酵母やパン用のイースト酵母、アルコールなどをはじめとする、尿酸の生産を増加する食品の摂取を避けてください。

痛風にお勧めの食品:

  • 乳製品
  • オリーブオイル
  • ひよこ豆
  • 精製された穀類(種が含まれないもの)
  • 野菜
  • 果物
  • コーヒー
  • チョコレート
  • ゼラチン

また、鶏肉などのホワイトミートと呼ばれる白色系の肉、魚、全粒穀類や種のある穀類、炭酸飲料、アスパラガス、ほうれん草、マッシュルームなどは過剰に摂取せず、摂取量に気をつけて食べてください。