脂肪肝を自然に治す6つの方法

ここで紹介する方法を毎日の生活に取り入れるのに加えて、健康的な食事と定期的な運動を実践して、脂肪が溜まらないようにすることが重要。

脂肪肝とは、脂肪分の多い食事と座りっぱなしの生活が引き起こす、現代人にとても良く見られる症状。大人5人に1人がかかっていると言われ、はっきりとした症状がないため、かかっていることに気づかないことが多いのも恐ろしい点です。

幸い、多くの場合は深刻な状態でないことが多く、生活習慣を見直すことでほとんどの場合回復が可能です。

脂肪肝って何?

脂肪肝とは、脂肪が肝臓全体の重さの5%から10%を占めている状態のこと。そして脂肪肝と診断される人の大部分が糖尿病患者や45~50歳の年齢層です。

Qué-es-el-hígado-graso-500x313

脂肪肝は、その原因によって2種類に分類され、それによって対処法も変わります。

こちらの記事もお勧め:脂肪肝疾患を助ける果実

アルコールが原因の脂肪肝

お酒の飲みすぎが原因で肝臓にダメージを与え、脂肪をうまく分解できなくなるために溜まっていくのがこのタイプ。

幸いなのは、お酒を完全に絶てば早くて6週間で回復が可能なこと。しかし、お酒を断たなければ最終的に肝硬変になってしまうので注意が必要。

アルコール以外が原因の脂肪肝

この場合、一番の原因は肥満。肥満は、もちろん不健康な食生活と運動不足が原因。

それ以外に、2型糖尿病、高コレステロール、高中性脂肪、メタボリックシンドロームなども原因になります。

脂肪肝は自然療法で治せる?

脂肪肝を治療してさらに深刻な慢性疾患を防ぐために、代替医療を治療に取り入れると効果的。

ここでは、脂肪肝が進行するのを防いでさらに深刻な症状を防ぐのを助けてくれる、100%ナチュラルな方法をいくつか紹介します。

1.アーティチョーク

カロリーがとても低く、利尿作用によって余分な水分を排出し、体の働きを良くしてくれるのがアーティチョーク

そのコレステロール値と血糖値を調節する作用が、脂肪肝に最も効果的な理由。このおかげで脂肪の吸収率を下げてくれます。

使い方

  • 最も効果的なのは加工済みでないものを使って、オーブンで焼いたり軽く調理して食べること。少なくとも週に2回食べることがお勧め。

2.グレープフルーツ

Toronja-500x334

とてもポピュラーな柑橘類であるグレープフルーツ。減量や糖尿病を防ぐのに効果的なだけでなく、脂肪肝の治療にも効き目が。

グレープフルーツに含まれるナリンゲニンという成分が脂肪分を酸化させるのを助けると考えられています。

使い方

  • グレープフルーツのフレッシュジュースを飲むのが、その成分を最も効果的に摂取できる方法。

3.ラディッシュ

カロリーが低いのに加えて、ラディッシュの抗炎症効果と浄化作用が肝臓の健康回復に効果あり。

ラディッシュを頻繁に食べることで、体脂肪を減らして、脂肪分が肝臓に溜まっていくのも防ぎます。

使い方

  • 生のままサラダやスムージー等に加えて。

4.ビーツ

Remolacha-500x334

ビーツはとても強力な浄化作用のある野菜で、肝臓の機能が落ちるとどんどん溜まってしまう脂肪や老廃物の排出を助けます。

使い方

  • その成分を有効に利用するには、生のままジュースやシェイク等に使うのが最適。また、少量の水で茹でてサラダやその他の料理に使ってもOK。

5.タンポポ

体内をきれいにして肝臓の働きを向上させるのに最も有効な自然療法の一つが、タンポポ茶を飲むこと。

その成分が肝臓をきれいにして老廃物を排出する助けをし、新陳代謝を良くして脂肪の燃焼を助けます。

使い方

  • 肝臓のためには、タンポポ茶を一日3杯飲んで。

6.マリアアザミ

cardo-mariano-belleza-interior

マリアアザミは、脂肪肝の自然療法の中でも特に需要な薬草。その抽出物にはシリマリンという薬用成分が含まれ、これが肝臓をフリーラジカルから守ります。

使い方

  • 自然商品を扱うお店でカプセル錠や抽出物が購入可能。どの商品を選ぶ時にも、シリマリンが80%以上のものを選ぶように注意。