脂肪燃焼スープダイエットを知ろう

この脂肪燃焼スープの効果は、その具材が含む栄養分の特性から来ています。このレシピでできるスープには、100グラムあたりわずか40カロリーしかありません。

まさかと思っているかもしれませんが、はい、脂肪燃焼スープというものが存在します。

魔法でもなければ、何かのトリックでもありません。単純に体をデトックスするのに役立つ様々な材料が混ざっていて、浄化作用と利尿作用があるスープなのです。

もちろん、そのスープは、健康な食事と共に添えられるべきです。この食生活に一字一句間違いなく従うならば、短期間の間に数キロ痩せられることでしょう。

ですが、この食事療法は緊急事態のみのためのものであるということを強調しなければいけません。7日間以上これを続けることは危険である可能性があります。

一方で、この食事を摂る週と週の間に1週間あければ、何の問題もなく続けることができ、理想の体重を手に入れられるでしょう。

材料

この効果的な脂肪燃料スープを作るには、以下の材料を用意しましょう。

  • 玉ねぎ 大 6個
  • パプリカ 中 2個
  • セロリー 一握り
  • トマト 中 6個 または トマト缶 1個
  • キャベツ または ケール
  • チキンブロス 1つ
  • 塩 一つまみ

スープの作り方

スープ

作り方はそれほど複雑ではありません。

  1. まず、大きな鍋に入れた水を火にかけ、沸騰し始めるまで待ちます。
  2. 待っている間に、全部の野菜を洗い、切ります。
  3. 水が沸騰してきたら、全ての野菜をその水の中に入れ、柔らかくなるまで調理します。
  4. 野菜が柔らかくなったら、そのスープは冷蔵庫で1週間まで置いておくことができます。スープは(液体状であれば)温かくても冷たくても食べられます。

どのようにして食べるべきか?

スープを作ったら、今度は食べる番です。このダイエットは7日間続きます。毎日の食事計画は以下の通りです。

  • 1日目:1日中、このスープを食べる+欲しいだけ(バナナ以外の)旬のフルーツを食べる。お茶やコーヒーを無糖で飲んでもよい。
  • 2日目: 1日中、このスープを食べる+好きなだけ多くの野菜を食べる。
  • 3日目:1日中、このスープを食べる+好きなだけ多くのフルーツと野菜を食べる。
  • 4日目:1日中、このスープを食べる+バナナとスキムミルク(甘味料なしの液状化バナナ)を食べる。
  • 5日目:今日はこのスープを1回だけ食べる+白い肉(焼いた、またはグリルされたか皮なしの鶏肉)を1ポンド(約450g)+中くらいのトマトをオレガノと塩で6個食べる。
  • 6日目:このスープを1回食べる+焼いた、もしくはグリルした赤身の脂肪が無い肉と、ゆでた/蒸した野菜を好きなだけたくさん食べる。今日は肉と野菜の日です。
  • 7日目:今日はこのスープを1回食べる+完全米と好きなだけ多くのフルーツと野菜を食べる。

もう一つの脂肪燃焼スープのレシピ

スープ

前述のものが食欲をそそらない場合は、代わりのものに走ってもよいでしょう。脂肪燃焼スープのレシピをもう一つご紹介しましょう。

鶏肉で脂肪燃焼

材料

  • サイコロ状に切られたニンジン 5本分
  • 刻んだ玉ねぎ 3個分
  • (茹でて)剝いたトマト 16オンス(約473g)
  • 刻んだキャベツ 1玉分
  • サヤ豆 15オンス(約444g)
  • トマトジュース 2クオート(約1.9ℓ)
  • 切ったピーマン 2個分
  • 刻んだ葉付きのセロリ 10本分
  • ブロス 14オンス(約414ml)
  • 塩、こしょう、ガーリックパウダー 味つけ程度
  • 他に付け足したいハーブ(コリアンダー、パセリ)

作り方

  1. ニンジン、玉ねぎ、トマト、キャベツ、サヤ豆、ピーマン、セロリを大きな鍋を入れます。
  2. 野菜がつかるように、トマトジュース、ブロス、十分な水を入れます。
  3. 最後に、塩、こしょう、ガーリックパウダーで味付けをします。

野菜が柔らかくなるまで火にかけゆっくり調理します。もう一つのレシピと同じように、スープが長持ちするように冷蔵庫に入れるべきでしょう。

なぜそれほどまでに効果があるのか?

お腹の脂肪

このスープの効果はその材料に根差しています。キャベツはカリウムや硫黄、カルシウム、他の鉱酸塩が50%も多く含まれています。また、このスープは100グラムあたりわずか40カロリーしかありません。

いずれにせよ、この食生活を実行する前に担当の栄養士と話すことを忘れないでください。この分野の専門家の意見が鍵であり、重要です。そうすることで、体が経過中に後退で苦しんだりしないでしょう。

あなたへおすすめ