ガルシニアカンボジア:天然のダイエット補助食品

· 8月 29, 2018
ガルニシアカンボジアはアジア原産の果物で、抗生物質と収れん作用のある成分を高めてくれます。また、この果物は不安を和らげる効果や脂肪を燃焼する力があることでも広く知られています。

ガルニシアカンボジアはアジア原産の果物で世界中で育てられているくらい人気があります。そして、ダイエットに良い天然のサプリメントとしても有名です。

今回はこの果物に含まれる成分がどのようにダイエットを補助し、私達の健康を改善してくれるのかを紹介したいと思います。

ガルニシアカンボジアとは?

ガルニシア

ガルニシアカンボジアは抗生物質や収れん作用のある成分をブーストしてくれるアジア生まれの果物で、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどに含まれるクエン酸が含まれており、減量にとても効果的なのです。

また、この果物はとても酸味が強く、東南アジアの様々なカレーに使用されています。

さらに、ガルニシアカンボジアの種はギーや良質なバターの代わりとしてビーガンの方にもおすすめです。

こちらの記事も読んでみませんか?:

健康なダイエットのための朝食と夕食のヒント

ガルシニアカンボジアの健康効果

この果物は次のような効能を私達に与えてくれるので参考にしてみてください。

  • 主にダイエットに使用される。
  • エネルギーを貯めるために肝臓と筋肉の力を強化してくれる。
  • セロトニンの量を高めてくれるので気分が改善したり、不安や緊張が和らぐ。
  • また、強力な抗酸化物質を含むのでコレステロール値の改善、そして動脈に脂肪が蓄積するのを防ぐ効果がある。
  • ガルニシアのエキスには強力な抗炎症作用があり、胃の保護薬にもなる。
  • 胸やけを抑え、消化管の炎症を和らげる。
  • 自然に糖尿病を調整してくれる。
  • 抗酸化物質と抗炎症性がリウマチによる痛みから守ってくれる。
  • 筋肉のエネルギーを貯めるグリコーゲンの生産を増加させる。その為、アスリートの運動能力を高めてくれる。

ダイエットに効果的な理由

ダイエット

ガルニシアカンボジアはあるレベルであなたのダイエットを加速させる働きを見せます。

  • 満腹になりやすい:ガルニシアカンボジアが持つヒドロキシクエン酸(HCA)は食欲が強い人を助けてくれます。さらに、神経システムに何も影響を与えること無く効果を発揮し、酵素をブロックする働きから、代謝を加速させる働きまで様々な効果が見られます。
  • 貯め込んだ脂肪を燃焼し、脂肪の形成を防ぐ効果を持っています。ですので、結果的に痩せることに繋がるのです。
  • 食欲を抑える:衝動的、または感情的に食べてしまう人や、ストレスや緊張から食べてしまう人には理想的な果物です。ガルニシアは幸せホルモンとして知られているセロトニンの生産を高める力があるのでこのような効果が見られるのです。

このように、ガルニシアが持つ3つの特徴はラクに減量する上で非常に効果的です。

ガルニシアカンボジアの摂取について

ガルニシアは通常カプセルで販売されており、そのパウダーはこの果物を凝縮した健康成分を含んでいるので減量を助けてくれます。

このカプセルや錠剤を購入する際は、ヒドロキシクエン酸が少なくとも50%以上含有されているものを選んでください。もしそれが記入されていなければそのカプセルに含まれるヒドロキシクエン酸の量はおそらく50%以下でしょう。

この成分の一日の推奨摂取量は1500mgから2000mgと言われています。食事の30分前くらいにカプセルを飲むようにしましょう。また、その含有量をもとに一日全体を通して摂取出来るよう工夫してみてください。

購入する際はそれに防腐剤が入っていないかしっかり確認も忘れないようにしましょう。

こちらもオススメです:

ジンジャーウォーターの効能トップ5

ダイエットのヒント

ガルニシア

では、カプセルや錠剤を3か月間食生活に取り入れることに加えて、リバウンドせず健康的にダイエットをする為のヒントや効果的な行動を紹介したいと思います。

  • 起床時にガルニシアのカプセルと一緒にコップ2杯の水を飲みましょう。これは少なくとも朝食の30分から1時間前に行ってください。
  • 毎日新鮮な野菜を生で、またはジュースやスムージーにして摂取しましょう。
  • 満足するまで食べてもいいですが、満腹にならないようにしてください。しっかり噛んで味を楽しんで食べるようにしてください。言い換えるなら、五感を使って食べるという感じです。
  • 小麦粉や精製された砂糖は食べないようにしましょう。
  • 好ましくない脂肪(冷たい肉、マーガリン、スイーツ、調理済みの食べ物)を摂らず、健康的な脂肪(アボカド、ドライフルーツ、ギー、ココナッツオイルなど)を摂りましょう。
  • 9時までに消化出来るような軽い夕食にしましょう。これは体が再生や減量を促進するために休む必要があるからです。