試してみて!絶品ガーリックスープのレシピ

6月 23, 2018
今回は、スペインはカスティーリャ・イ・レオン州で生まれた栄養たっぷりの絶品スープをご紹介します。昔ながらの伝統的な料理です。

カスティリアンスープとしても知られるこのガーリックスープは、伝統的でとても美味しい、いわゆる“おばあちゃんの味”です。この記事では、安上りで絶品のガーリックスープのレシピをご紹介します。

ニンニクの健康効果

ニンニクには食欲をそそる風味があるだけでなく、栄養価が高いのも特徴です。ここではニンニクがどのような健康効果をもたらしてくれるか見てみましょう。ガーリックスープのレシピもぜひ試してみてくださいね!

栄養たっぷりで低カロリー

ニンニク

ニンニクは体に良いだけでなく、ダイエットにもぴったりです。カロリーが低く、必須ビタミンやミネラルも含まれているため、代謝がきちんと機能するよう促すはたらきがあります。

28グラムのニンニクはわずか40カロリーで、炭水化物は10グラム以下しか含まれていません。一方、ビタミンCやビタミンB6、マンガン、セレニウムは豊富で、タンパク質も少量摂ることができます。また、カルシウム、カリウム、鉄、リン、ビタミンB1も適度に摂取することができます。

ニンニクの要、アリシン

ニンニクは古くから消化器官の疾患や不快感の治療に自然療法として用いられてきました。現在は、ニンニクの様々な効果にはアリシンという硫黄化合物が関係していると考えられています

ニンニクの強力な抗酸化作用

昨今、抗酸化作用のある物質はとても人気が高く、大きな価値が見出されています。

あまり知られていませんが、ニンニクは安価でありながら、強力な抗酸化力を持ち合わせているのです。

ニンニクにはビタミンCとフラボノイドが含まれているため、フリーラジカルに対抗し、細胞のダメージを防ぎます。毎日食べることで、高血圧患者の心血管が疲弊するのを緩和してくれるでしょう。またニンニクの抗酸化作用は、痴呆症の症状やアルツハイマー病の初期症状を遅らせます。

ニンニクで免疫機能を強化

ニンニク茶が風邪に効くと聞いたことはありませんか? 毎日ニンニクサプリを飲むと、風邪のリスクが60%減少すると言われています。

こちらもお読みください:自宅でニンニクを栽培する方法

美味しい、簡単、安い!ガーリックスープのレシピ

材料(6人分)

  • ニンニク 10片(50g)
  • 卵 6個 (お好みで)
  • 固めのパン 12枚(72g)
  • ハモンセラーノ(生ハム) 150g
  • エクストラバージンオリーブオイル 大さじ4(50ml)
  • 塩、コショウ、スイートパプリカパウダー (お好みで)
  • 肉でとった出汁 2.5リットル (チキンスープや野菜スープも可)
ガーリックスープ

作り方

  1. まずはメインの材料であるニンニクの皮をむき、カットします。薄くなり過ぎないようにひとつずつスライスしましょう。
  2. 大きめの鍋を用意して、オリーブオイルを熱しますオリーブオイルに火が通ったら、ニンニクを入れ、黄金色になるまで炒めます。ニンニクはすぐに火が通るので、焦がさないように気をつけましょう。
  3. ハモンセラーノ(あらかじめ小さく切っておく)を加えて炒めます。ここでも焼き過ぎに気をつけましょう。
  4. 次に、スライスしたパン6枚を、ニンニクとハモンセラーノのソテーと一緒に焼きます。
  5. バンが焼けたら、鍋を火から下し、パプリカパウダーを加えてよく混ぜます。スイートパプリカはお好みに合わせて好きなだけ入れてください。
  6. 材料がよく混ぜ合わさってパプリカの色がしっかり付いたら、鍋をコンロに戻し、材料が焦げないよう弱火にします。
  7. 材料が温まったら、温めておいたスープを加えます。水よりもスープの方が風味が良くなります。
  8. スープを弱火で20~25分間熱しましょう。かき混ぜずに、ゆっくりと温めるのがポイントです。
  9. スープが出来上がるのを待つあいだに、少量のオリーブオイル使ってフライパンで残りのパンをトーストします
  10. 20分経ったら、トーストをスープに入れて柔らかくします。塩コショウで味付けしてかき混ぜたら出来上がりです。

こちらもお読みください:美味しいセラーノハムスープの作り方

あなたへおすすめ