高血圧対策のための5つの自然療法

1月 2, 2020
自分が高血圧かどうかを知るためには、専門家の下で正しい計測をしてもらうことが大切です。その後は、食事の改善が血圧をコントロールする助けとなるでしょう。

高血圧は高齢者によく起こる症状です。その原因は健康に悪い習慣や行動で、以下のようなものが挙げられます。

  • ストレス
  • 肥満
  • アルコールと塩分の摂りすぎ

予防できるとはいえ、常に高血圧になるリスクはあります。症状が出た場合、自然療法(家庭療法)が簡単に始められる対処法として利用可能です。

高血圧とは?

メイヨークリニックの情報によると、高血圧とは血液の循環の際、血管を通る強さが増すことです。

  • 血流のスピードが通常よりも速くなり、循環に重大な問題を起こす。

高血圧は悪玉コレステロール(LDL)と関連があり、多くの場合55歳以上から症状が出ます。

この病気の発症には遺伝的要因が決定的な要素となるので、予防のためには家族歴を確認することをおすすめします。これは、メキシコ国立ゲノム医学研究所の研究でも確認されています。

高血圧

こちらもおすすめ:心臓血管系のために今日からできる7つの小さな改善策

高血圧の症状

チリのコンセプシオン大学の研究によると、高血圧の最も一般的な症状として以下があります。

  • 吐き気や嘔吐
  • めまい
  • 顔と目が赤くなる
  • 目のかすみ
  • 胸の痛み
  • 頭痛

何か普通ではない症状を感じたら、疑問を解消するため血圧を計測するのが一番です。計測には血圧計が使われます。

  • 収縮期血圧(心臓が収縮して動脈に血液を送り出すときの圧力)を測定。
  • 拡張期血圧(心臓が拡張したときの圧力)を測定。

医師の診察を受ける際にこの数値を伝えましょう。そうすれば、医師が数値を分析して個々のケースに応じた対応策を教えてくれます。

高血圧を予防するには

高血圧の測定

高血圧は完治することはないため、予防がポイントになります。高血圧の予防には、以下が勧められます。

  • 塩分を控えめにし頻繁に運動をする。塩分削減の効果については、このチリのポンティフィシア・カトリカ大学の研究で大きく取り上げられている。
  • 塩分削減と定期的な運動は、心臓血管系の働きを劇的に改善する。
  • マドリード・コンプルテンセ大学の研究では、野菜や果物の多いバランスの取れた食事を心がけることが勧められている。
  • 一方で、飲酒喫煙はやめる、もしくは最低でも量を減らすべきである。

高血圧のための自然療法

自然療法は高血圧対策としてとても良い方法です。前ぶれなく症状が現れることがあるので、知識として自然療法を知っておくことが重要です。

  • 高血圧患者は常に何らかの対処法を手近に置いておくべき。

次に、効果の高い自然療法をいくつか紹介します。

1. ニンニク

ペルーのカジェタノエレディア大学の研究によると、ニンニクには血圧を下げる効果があります。また、メキシコのオアハカ技術研究所の研究によって、抗酸化成分があり、強力な抗菌剤にもなることが確認されています。次が、ニンニクを使った家庭療法の例です。

  • ニンニクは、継続的に食べることが勧められている。冷蔵庫に常備しておくのが理想的。
  • ニンニク片を噛んで食べたり飲み込んだりする代わりに、コップ1杯の水の中に入れて一晩おいておく。
  • この水にお好みでレモン果汁を加え、朝食前の空腹時に飲む。

 

2. パセリとレモンのスムージー

このレシピは、高血圧に効果があると一般的に言われています。ただし、科学的な証拠はまだありません。それでも試してみたい人のために、以下がそのレシピです。

  • レモン丸ごと1個をパセリと共にミキサーにかけ、朝食前の空腹時に飲む。
  • もう一つ有効な方法は、同じく朝食前の空腹時にレモン果汁1個分をぬるま湯と混ぜて飲むこと。

 

3. オーツ麦

オーツ麦と高血圧

クアドラム研究所バイオサイエンスの研究により、オーツ麦を摂るとコレステロール値を下げることができることが確認されています。高血圧対策に加えて、血液循環の調節にも役立ちます。

  • お湯を沸かしてオーツ麦を加え、そのまま冷ます。
  • この水を少なくとも毎日1リットル飲むようにする。

こちらもどうぞ:心臓の健康のために―オーツ麦とリンゴ

4. マグネシウム

塩化マグネシウムは、ビーツやナッツ類などの食品から摂ることができます。これは特に血圧の治療に使われる成分です。

薬局やドラッグストアなどでも購入できます。

  • 沸騰させたお湯1リットルに大さじ2(33g)の塩化マグネシウムを加え、混ぜる。
  • 毎日朝食前の空腹時にコップ1杯飲む。
  • これは高血圧の予防法の一つ。チリのラスコンデスクリニックの研究によると、塩化マグネシウムが体内で不足すると高血圧のリスクが高まるとされている

 

5. ビーツ

ビーツジュース

ロビラ・イ・ビルヒル大学の研究で、ビーツが高血圧に効果的であることが確認されています。ビーツには、マグネシウム以外にカリウム、鉄分、ナトリウム、カルシウム、リン、亜鉛も含まれています。そのためこの野菜を頻繁に摂ることで身体に多くの効果をもたらします。

食べやすい野菜ですので、サラダに加えたりスムージーにするなど、簡単に食生活に加えることができます。その有効成分を活用するための利用法も様々です。

  • 高血圧対策としては、朝食前の空腹時にビーツジュースを飲む
  • 作り方は、ビーツをゆでてミキサーにかけ、そのまま飲むだけ。

 

高血圧は、健康に多くの弊害を及ぼすため、予防対策が重要です。

また、正しい診断のためにも、必ず医師に相談しましょう。

  • Organizacion Mundial de Salud. (2015). OMS | Preguntas y respuestas sobre la hipertensión. Preguntas y Respuestas Sobre La Hipertensión.
  • Piskorz, D. (2011). Hipertensión arterial. Salud(i)Ciencia. https://doi.org/10.2319/111211-702.1
  • OMS, O. M. de la S. (2013). Información general sobre la hipertension en el mundo. Oms. https://doi.org/WHO/DCO/WHD/2013.2
  • Consenso Latinoamericano sobre Hipertensión Arterial. (2000). Consenso Latinoamericano sobre Hipertensión Arterial. Journal of Hypertension. https://doi.org/10.1002/dta.1860
  • CINGOLANI, H. D., GIRONACI, M., VICARIO, A., MIATELLO, R., COSTA, M. de los A., BRANDANI, L., … PIZORNO, J. (2012). Hipertensión Arterial. Revista de Difusión de La Sociedad Argentina de Hipertensión ARterial. https://doi.org/10.1080/03067310802398872