心臓の健康のためにーオーツ麦とりんご

9月 2, 2019
オーツ麦と青りんごは、おいしいだけでなく、体に良く、様々な方法で食べられる万能食材です。オーツ麦の食べ方はオートミールだけではありません。飽きない方法でおいしくオーツ麦と青りんごを食べましょう。

心臓に良いとされる、ある2つの食材があります。オーツ麦と青りんごです。あなたは、普段からオーツ麦や青りんごを食べていますか?これまでに知らなかった、食べたことがない、という方は、この機会にその優れた健康効果について学びましょう。

生きていく上で、心臓の健康は欠かすことができない大切なものです。心臓は血液や酸素を体中に送る働きをします。さらに、心臓は体が動くためのモーターの役割もします。そんな心臓の働きを促進または妨害してしまうのが、私たちの食習慣なのです。

私たちが口にするものは直接心臓にインパクトを与えます。心臓を強くするには、”良い脂肪”を毎日の食事に取り入れることが大切です。この良い脂肪は”悪玉コレステロール”(LDL)の値を下げ、過剰なトリグリセリドを抑えてくれるでしょう。

また、加工食品を避けることも大切です。特に揚げ物や糖分、塩分の多い食品は避けましょう。食生活を改善したい時は、青魚、ナッツ、穀物、フルーツなどの食材を取り入れましょう。結果として、慢性の病気の予防につながるかもしれません。

心臓の健康のためにーオーツ麦とりんご

心臓を強くするには

今日から食生活を変えたい、と考えているのなら、オーツ麦と青りんごを少しずつ取り入れましょう。オーツ麦や青りんごは体に酸素を与え、内臓が必要とする栄養を与えてくれるでしょう。

では、オーツ麦と青りんごの利点についてみていきましょう。

オーツ麦とベータグルカン

例えば、オーツ麦はβグルカンが豊富に含まれています。これは、穀物、最近、真菌の細胞壁に自然に発生するベータDグルコース多糖類の一群です。さらに、その発生源により異なる物理化学的性質を持っています。

つまり、オーツ麦は悪玉コレステロール値を下げる助けとなると考えられるのです。それに加え、”良い脂肪”であるオメガ3脂肪酸や繊維が豊富に含まれています。この繊維は体内の毒素を吸収、除去に役立つでしょう。

青りんごを1日1個食べる

りんごはおいしいだけでなく、ダイエットの強い味方です。また、歯を強く健康に保ち、体に繊維やエネルギーを与えてくれるでしょう。

青りんごは特にカリウムが豊富です。青りんごを食べると、正常な心拍を維持するのに役立つかもしれません。

オーツ麦+りんご=心臓に良い

青りんごとオーツ麦の健康効果は明らかです。では、この食材を両方毎日取り入れると心臓にどのような影響が与えられるか、想像してみてください!

どちらも塩分が少なく、悪玉コレステロールの値のバランスを保ってくれるでしょう。また、満腹感も得やすいですよ!

 

こちらも合わせてどうぞ:オリジナルオートミールクッキーレシピ3選

 

青りんご入りオートミールの作り方

材料

  • 水 1カップ
  • 青りんご 1個
  • ロールドオーツ 大さじ3
  • 氷、レモン、シナモンパウダー、ハチミツなど お好みで

作り方

りんご入りオートミール

  • オーツ麦をグラス1杯の水に浸け、一晩置きます。
  • 青りんごを小さく切ります。
  • ブレンダーにオートミールと青りんごを入れ、攪拌してシェイクを作ります。
  • 風味が物足りない方は、純正ハチミツやシナモン、レモン汁を加えましょう。
  • フラペチーノのような状態が良い方は、ブレンダーで攪拌する際に氷を加えましょう。
  • スムージーにしたい方は、切ったりんごを一晩冷凍庫で凍らせておくと良いでしょう。

オーツ麦や青りんごを普段の食生活に取り入れる方法は、他にもたくさんあります。欧米の伝統的な朝食、オートミールにするのはもちろん、パンケーキを作る際に加えるのも良いですね。

ほぼ毎日同じ食材を使うには、想像力が鍵です。いろいろなレシピがありますので、飽きずに食べることができるでしょう。お料理が好きな方は、ぜひ想像力を働かせてオーツ麦や青りんごを使って様々な料理に挑戦してみてください。

 

こちらも合わせてどうぞ:ヘルシー朝食:オーツ、バナナ、ココア、ココナッツオイルのパンケーキ

 

結論

栄養不良や体重に加え、体内の過剰なコレステロールやトリグリセリドは循環器に直接影響を与えてしまいます。さらに、動脈への脂肪の蓄積を促してしまうかもしれません。心臓発作を始め、他の健康トラブルを引き起こす原因となるかもしれないのです。

オーツ麦や青りんごのような食品を毎日の食生活に取り入れることで、体がより健康になるでしょう。ですが、もちろんそれだけでは十分ではありません。ストレスを避けること、体を使った活動を日々行うことが大切でしょう。

あなたも、オーツ麦と青りんごを食事に取り入れてみませんか?