35歳を過ぎてから母親になるあなたへ

8月 13, 2018
35歳を過ぎてからも、子供が欲しいと考える人が多くいます。もちろん正常に妊娠・出産する人がほとんどですが、35歳を過ぎると高齢出産になり、ハイリスクな妊娠となることに留意してください。

35歳を過ぎたらもう母親になれないというのは誤った考え方です。本記事でご紹介する推奨事項を活用して素敵な生活を送る参考にしてください。

35歳を過ぎてからの妊娠・出産のほとんどのケースは正常な妊娠であり、当然のことながら過剰に心配する必要はありませんが、いくつか気を付けておくべきことがあります

子供を育てる時の母親の年齢は、子供の発達と幼児期に大きな影響を与えます。

生物学的な理想年齢は25歳ですが、現在では女性のライフスタイルも代わり、35歳を過ぎても問題なく妊娠し、その後も元気に子育てをしている女性が増えています。

35歳以降の妊娠は高齢出産だと定義され、ハイリスクであると病院で言われますが、最近では医師の定期的な検診や管理により健康な妊娠生活を送る女性が増えています。

35歳を過ぎてから母親になる女性にとって、ネガティブな要素ばかりではありません。35歳以降のお母さんは、経済的に安定しているなどの多くのメリットがあります。

35歳を過ぎてから母親になるときに知っておくべきこと

母親と赤ちゃん

昔の35歳と比べて、現在の35歳はより健康的で、妊娠中身体的に必要なものを深く理解して実践できるライフスタイルを身につけています。

さらに、妊娠中の運動の大切さも理解しているため、妊娠中に守るべき運動や食生活をとても真剣に受け止めて実践していると言われています。

さまざまな研究により、35歳を過ぎた妊婦は、胸焼けや頻尿、またつわりなどの辛い症状も、若い妊婦よりもしっかりと受け入れて対処する傾向があることが明らかになりました。

ただし、35歳を過ぎると、妊娠の可能性が20歳のときよりも約50%低下します。これは卵子の量だけが加齢の影響を受けるのではなく、妊娠したとしても胎児の染色体に何らかの影響を与える可能性が高くなることを示しています。

35歳以上の妊婦が発症するリスクの高い妊娠時の合併症:

  • 硬膜外麻酔が必要になる
  • 出産を誘発する必要がある
  • 胎児切迫仮死
  • 出産時に鉗子または吸引カップの使用が必要になる
  • 帝王切開を必要とする

35歳以上の女性は妊娠する確率が低下するため、妊娠できるかどうかが頭痛のタネになることがあります。この場合は専門医に相談して、適切な指導を受けることが大切です。

こちらもお読みください:いちばん妊娠しやすい日っていつ?

注意を払うべき健康状態

妊娠中の女性

35歳以上の妊婦は、妊娠中にさまざまな合併症を引き起こすリスクが高まります:

  • 高血圧
  • 早産
  • 胎盤に関連する様々な問題
  • 妊娠糖尿病
  • 腎結石と腎疝痛
  • 死産のリスクが高まる

さらに、35歳以上の女性は35歳以下の女性よりも慢性的な健康疾患を抱えているケースが高まるため、慢性疾患を発症している時や、長期間にわたる投薬治療を受けている場合は、医師に相談して服用する薬や投薬方法を変更する必要があります。

また同様に高齢出産で、合併症などを発症した状態で出産するケースが増えるため、35歳以上の妊婦の場合は、帝王切開の必要性が高くなります。

帝王切開を行う場合は、赤ちゃんや母体に及ぼす影響や様々なリスク要因を正常に制御することに医師たちは注意を払います。

赤ちゃんを授かるために常に若々しくいる

母親になるには年をとり過ぎていると言われたことはありませんか?

妊娠、そして出産は女性が最も楽しいと感じる時間です。子供を育てることは最も喜ばしい経験の一つであり、妊娠を希望する女性は、社会の心無い声に傷つく必要はありません。

これまでに得た豊富な人生経験により、35歳以上の女性は母親になってもあるあらゆる大変な状況や挑戦に直面することのできる、成熟した女性になっています。さらに、赤ちゃんの世話をするのに十分なエネルギーがあります。

また35歳まで仕事を頑張ってきた人は経済的にも安定するため、子供と過ごす時間やお金がより多くあり安定した子育てを行う傾向が高いと言われています。

定期検診

 

35歳以降の女性で健康に問題がなく妊娠できる場合は、ぜひその時間をお楽しみください。

もちろん35歳を過ぎてからの妊娠に伴うリスクが怖いという方もいるかもしれませんが、医師による定期検診を欠かさず、医師の指導ものとで妊娠生活を送るならば心配することはありません。

妊娠する前には、医師の診察やカウンセリングなどを受けるのが良いでしょう。これは妊娠前に健康かどうかを診断できるためおすすめです。

その際には、以下の項目に関して質問を受けることが多くあります:

  • 家族の病歴
  • パートナーの家族の病歴
  • 受けていない予防接種
  • 服用している薬
  • パートナーが服用している薬
  • 現在または過去の病気や健康上の問題
  • パートナーの現在または過去の病気や健康上の問題

これらの情報により、医師は、胎児に影響を与える遺伝的な問題や医学的問題を検出し、それらを排除するためのより良い治療法を提示します。

また先天性疾患などの場合は投薬を続ける必要があるため、医師は妊娠のために安全な薬に変更する必要があります。

養子を迎えること

35歳を過ぎると、なかなか妊娠できない女性がいます。

どうしても母親になりたいのであれば、養子縁組について考えてみませんか?

母親になりたいという願望は、養子縁組を行う主な動機になるはずですが、養子縁組とは大切な問題なので、必ずパートナーと一緒に決断してください。

結論

年齢を重ねることは妊娠の障害になるかもしれませんが、すべての検査をか欠かさずに受け、医師からの注意事項や勧告に最新の注意を払いましょう。

またバランスのとれた健康的な食事や食生活を実践してください。

白砂糖などの精製された砂糖、またこれらを材料にしている菓子類、そして脂質の摂取量を減らし、果物、野菜、または食物繊維が豊富な食品の摂取量を増やしてください。

またストレスは大敵です。

ヨガなどのリラックスできる運動を見つけ、ストレスを予防するためにできる限りのことはすべて行いましょう。

不安障害をはじめとする不安定な精神状態は不妊症の原因となる可能性があるため、心身の健康全般に注意を払うことが大切です。

なかなか妊娠できないからといって、落ち込んだりうつ病を発症しないように注意してください。

前述の養子縁組だけではなく、様々な医療手段を検討することについては必ずパートナーと相談することが母となることへの第一歩です。

 

あなたへおすすめ