妊娠線を目立たなくする!/6つの自然療法

· 9月 6, 2016

一旦できてしまった妊娠線をなかったことにすることはできないかもしれません。しかし、こつこつとトリートメントし、お肌を労わることで少しずつ目立たなくすることは可能です。

妊娠線、ストレッチマークは特に女性に多い肌トラブルです。出産後や過激なダイエットなどで体重が大幅に減少した後に現れます。

また、妊娠線はホルモンの変化、遺伝、肌の弾力低下などにも関連しています。

理由が何であろうと、妊娠線は脚やお腹など目立つところにできるため、何とかして消したいと解決策を探している女性は多いのではないでしょうか。

有難いことに、肌の再生を促し、妊娠線を目立たなくするクリームやコスメ商品が販売されています。

しかし、わざわざ高価なクリームなどを購入しなくとも、自宅で手軽にオイルやクリームを作ることができるのです。自宅で作ると天然素材で作ることができますので、産後の敏感な肌にも安心ですよね。

1. 砂糖

砂糖

砂糖は体に良くないと皆さんご存知だと思いますが、食べる以外に使える方法があるのです。

砂糖はそのまったりとした性質から天然のピーリング剤として利用することができます。角質を取り除き、妊娠線を目立たなくします。

材料

  • 砂糖 大さじ1(10g)
  • レモン汁 大さじ1(10g)
  • アーモンドオイル 大さじ1(15g)

作り方

  • ボールに砂糖とレモン汁を入れ、よく混ぜます。
  • アーモンドオイルを加え、しっかりとしたペースト状になるまで混ぜましょう。
  • 混ぜたものを肌に塗布し、優しく円を描くような動きでマッサージします。マッサージしたら15分程置き、洗い流します。
  • このトリートメントを週に3回行いましょう。

こちらもご覧ください 砂糖の摂取を止めることで気づく7つの変化

2. アロエベラ

アロエ

アロエベラは肌に栄養を与え、肌再生を促します。アロエベラには抗酸化作用、保湿成分が豊富な為、細胞を正常化し妊娠線を目立たなくします。

材料

  • アロエベラジェル 1/2カップ(100g)
  • オリーブオイル 大さじ2(28g)

作り方

  • アロエベラのジェルとオリーブオイルをブレンダーにかけます。
  • よくブレンドされたら取り出し、妊娠線の気になる箇所に塗布します。20分程置きましょう。
  • ぬるま湯で洗い流します。これを毎日続けましょう。

3. アーモンドオイル

アーモンドオイル

アーモンドオイルにはビタミンEが豊富に含まれており、肌の弾力を取り戻す効果があります。

妊娠線には、アーモンドオイルに少量のオリーブオイルを混ぜたものを使うことをお勧めします。

材料

  • ア−モンドオイル 1/2カップ(112g)
  • オリーブオイル 1/4カップ(56g)

作り方

  • 容器にアーモンドオイルとオリーブオイルを入れ、いつでも必要な時に使いましょう。
  • 使い方は簡単です。手のひらにオイルをとり、お腹や太ももなど気になる部分をマッサージします。
  • このマッサージは毎晩繰り返しましょう。

4. ココナッツオイル

ココナッツオイル

ココナッツオイルに含まれている脂肪酸は血流を促し、肌の正常化を促します。

ココナッツオイルには保湿効果、抗酸化作用があり、コラーゲンやエラスチンの値を維持しますので、肌の弾力を取り戻します。

材料

  • ココナッツオイル 120g
  • カカオバター 15g

作り方

  • ココナッツオイルとカカオバターを二重鍋に入れます。
  • ココナッツオイルとカカオバターが溶けたらよく混ぜ、火から下ろしてガラス製の瓶に入れます。
  • 冷めて再び固まるまで待ち、肌に塗布しましょう。
  • 塗った後は洗い流す必要がありません。毎晩使いましょう。

5. ジャガイモの汁

じゃがいも

ジャガイモの汁に含まれているビタミンやミネラルには、妊娠線や皮膚にできてしまった傷を目立たなくする効果があります。

細胞を修復し、コラーゲンの生成を助け、皮膚のたるみを予防します。

材料

  • ジャガイモ 1個

作り方

  • ジャガイモをスライスし、妊娠線ができてしまった部分にあてます。
  • 10分間置き、洗い流しましょう。
  • このトリートメントは毎日行うと良いでしょう。

こちらもご覧ください 生のじゃがいもジュースが体にいい8つのわけ

6. マリーゴールドオイル

マリーゴールド

マリゴールドオイルには肌を柔らかくし、シワやシミ、妊娠線が出来るのを予防する効果があります。

材料

  • マリゴールドの花びら 3掴み
  • オリーブオイル 224g

作り方

  • 暗い色の瓶にマリゴールドの花びらを入れ、その上からオリーブオイルを注ぎます。
  • 21日間寝かせてから漉します。
  • 手のひらでオイルをよくなじませ、シワやシミ、妊娠線の気になる部分をやさしくマッサージします。
  • オイルは暗い場所に保管し、夜寝る前に使いましょう。

今日は自宅で作ることができる方法をいくつかご紹介しましたが、もちろんどれも使用すれば100%妊娠線が消えるというわけではありません。

できてしまった妊娠線はなかなか消えるものではありません。しかし、毎日丁寧に肌のお手入れを行うことで少しずつ目立たなくすることは可能でしょう。また、肌のたるみを取り除くには、同時に食生活を見直し、エクササイズにも取り組みましょう。