レモンピール茶の驚くべき健康効果

1月 6, 2016

レモンピール茶を飲んだことがありますか。とっても美味しいんですよ!そのうえ薬用効果もありますから、あなたの健康を守るのにも役立ちます。ちょっぴり酸っぱくて、レモンのさわやかな香りとさっぱりした味わいがあり、一度飲んだらやみつきになりそう。毎日の健康の強い味方になってくれます。

というわけで、今回はレモンの皮を煎じたレモンピール茶の効能と作り方および飲み方をご紹介します。つづけてお読みください!

レモンピール茶の驚くべき健康効果

レモンピール茶は、さまざまな国で伝統的な家庭療法として利用されています。朝もしくは昼食のあとに飲むとよく、必ずハチミツなどの天然の甘味料を使います。この、甘酸っぱい香りがたまらない黄金色のお茶には、以下の効能が隠されています。

  • レモンピール茶は、腸内にたまったガスを排出するのにぴったりです。ご存知のように、この不快な症状は、午後半ばか、食べすぎたあとに起こりがち。そんな時は、ぜひレモンピール茶を1杯飲みましょう。ほんの数分で、お腹の張りとガスを解消することができるでしょう。
  • このお茶は、肝臓にすぐれた効き目があります。肝臓の炎症をやわらげ、うっ血をとり、酵素やミネラルの代謝を促進してくれます。
  • レモンピール茶は、血液を弱アルカリ性にしてくれます。
  • このお茶には、身体を浄化し、むくみを防ぐ働きがあることもお忘れなく。
  • すぐれた収斂剤でもあります。
  • 毎日レモンピール茶を飲むと、免疫システムを強めるのにも役立ちます。
  • 風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。
  • 殺菌作用があります。
  • 口臭を抑えます。
  • お肌の余分な脂を取り除きます。
  • 動脈圧を調節する作用があります。
  • レモンピール茶は、減量にも役立ちます。体内の毒素を排出し、基礎代謝を活発にし、脂肪を燃焼するのを助けてくれます。

ただし胃炎のある方は、レモンの皮をベースにした煎じ茶を飲まないようにしましょう。胃壁の粘膜を刺激して、胃痛を引き起こす可能性があるためです。

レモンピール茶の作り方

レモンの皮のお茶

材料

  • 水 1リットル
  • レモンの皮 2個分
  • レモンの絞り汁 1個分
  • ハチミツ 大さじ4杯(80グラム)

作り方

  • 作り方はとってもカンタン。まず、1リットルの水を沸かします。
  • お湯が熱くなったら、よく洗ったレモン2個分の皮を加えます。
  • 沸騰させてから、レモン1個分のしぼり汁を加えます。
  • 20分間煮てから、ハチミツを加え、火からおろして10分間置きます。
  • 10分たったら、ガラスびんに移しましょう。冷蔵庫には入れず、暗いところに保管します。

飲み方

  • 1日にカップ2杯、2日間で1リットルが目安ですが、各自の好みに合わせてかまいません。抵抗力を高め、風邪・インフルエンザを予防し、身体を浄化してくれます。最大の効果を得るために、1日の最初の1杯は、朝の空腹時に飲むようおすすめします。その後30分間おいてから、朝ごはんを食べましょう。
  • 2杯目は昼ごはんの後に飲みましょう。消化を助けてくれます。
  • 体重を2~3キロ減らしたい方は、3杯目を午後半ばに、4杯目を寝る前に飲みましょう。これに健康的でバランスのとれた食生活を組み合わせれば、体内の毒素を排出し、脂肪を燃焼することができるでしょう。この自然療法は、2日ごとに実行することをおすすめします。
  • 抵抗力を高め、肝臓をいたわり、消化を助けるためだけでしたら、1日に1~2杯で十分です。あなたとご家族の健康を守ってくれる、シンプルで美味しい自然のお薬です。

レモンピール茶だけでなく、オレンジの皮で作ったオレンジピール茶もオススメです。さわやかで、すぐれた薬用効果があります。作り方は、だいたいレモンピール茶と同じですが、シナモンパウダー15グラムと角氷2~3個を加えると、コレステロールを下げ、炎症を防ぎ、減量に役立つ飲み物ができあがります。ぜひお試しください!

 

あなたへおすすめ