関節炎に効くシナモンとハチミツ

シナモンとハチミツは、2つ合わさると、関節炎に効く強力なコンビネーションを作り出します。この組み合わせは、炎症を起こす病気を中心に、様々な病気を治療するための自然療法として使われてきました。

関節炎に効くシナモンとその効能

シナモンの成分の中には、シンナムアルデヒド、メラトニン、タンニンクマリンのような精油が含まれています。このおかげで、身体が温まり、痛みを抑える効果をもたらしてくれます。痛みがある場所に直接塗ってください。

関節炎に効くハチミツ

ハチミツには、何世紀も前から健康に良く効く強力な成分が含まれていることが知られています。

その化学的構造はとても複雑なため、最近でもハチミツの中からさらに健康に効く成分が新しく発見されています。これが、自然の中から採れる最も完璧な天然の薬と考えられる理由です。直接塗ることもできますし、服用することでも効果があります。

強力な抗菌作用や抗炎症作用のおかげで、傷やヤケドを治療するためにも、とても役立ちます。

シナモンとハチミツをどう使えば関節炎に効くのか?

自然医学においては、関節炎による炎症がもたらす強い痛みを治療するためには、シナモンとハチミツを組み合わせて、身体の中と外の両方から使うことが推奨されています。

まず、中から使うためには、シナモンの破片を煮出して、冷まします。それから、大さじ1杯から2杯、ハチミツを加えてください。ただし、糖尿病をお持ちの方は、この治療法を使わないでください。

次に、外から使うためには、暖かいシナモンウォーターにハチミツを少量加えて、湿布として痛みがある場所に使うことができます。この方法は、デンマークのコペンハーゲンで行われた研究に基づいて推奨されています。これらの研究では、シナモンとハチミツが様々な病気の治療に効果があることが明確に示されており、特に関節炎から生じる痛みを抑えるためには特に効果的だということです。

 

画像はActitudFem様のご好意で使用させていただいています。