関節:重要性と必須サプリ

· 7月 12, 2018
問題が起り始める前に関節のケアを始めると良いでしょう。全体的な健康そのものに影響を及ぼす合併症を防ぐことができます。

関節があるおかげで、様々な方向に体を動かすことができます。また、関節には骨の構造を機械的に支える役割もあります。人体には、他の骨に1本でも繋がっている骨は205本あり、関節を通して繋がっているので、体をスムーズに流れるように動かすことができます。

関節の位置によっては、動きを安定させる役割のものもあります。

関節の役割

関節の機能をよく理解できるよう、動作の度合いにより分けてご紹介します。

縮減された動作、または全くない動作

膝

全く動かない関節は、安定性が最も高いです。骨と骨の間の接続を強め、ほぼ動かないようにします。

例えば、頭蓋内にある関節は繊維組織により接合され、隣接骨の動きを抑えます。そうすることで脳を守っているのです。

軽減された動作

結合繊維組織は、骨と骨をつなぎ、この場合動作を軽減します。

このタイプの関節の主な機能は、体重を支え、安定性を与えることです。

  • 例えば、脛骨と腓骨の間は狭く、立っている時に体を安定させます。
  • 脊柱内の関節は動作を軽減させるためのもので、関節同士が連動し、様々な姿勢をするために必要な柔軟性を与えます。

広い可動域

カウチに座る女性

これらの関節同士は、直接繋がっているわけではありません。関節の表面を囲う液体潤滑液があり、広い可動域を可能にします。

  • 可動域が広い関節は、安定性が低くなります。
  • これらの関節の大半は、四肢(腕、脚、手、足)を作り上げる骨格内や、付属肢骨格に見られ、それらの機能が骨の周りの筋肉の発達を可能にします。

靭帯

靭帯は繊維組織により形成される構造で、骨を関節に繋げたり安定させるのが役割です。

靭帯により隣接骨同士が繋がっているので、解剖学的に自然な方向であれば際限なく動かすことができます。同時に、異常な状態を制限するので、怪我を防いでもくれます。

軟骨

軟骨

軟骨により、骨と骨の間の動きが可能になります。衝撃吸収材の役割を果たし、骨同士がぶつかるのを防ぎます。

靭帯に強化された関節被膜を軟骨が包み込み、軟骨と靭帯が一緒になって骨を関節に繋げます。

関節に良いサプリの話をする前に、まずは関節が体内で担う役割を理解することが大切です。

関節なしでは体を動かすことができず、人体は柔軟性を失います。軟骨と靭帯もまた関節に深く関わっています。

こちらもお読みください:軟骨と靭帯を強くする自然療法

損傷

関節に強い衝撃を与える動きは、軟骨と靭帯を絶え間なく使うことになるので、結果として軟骨と靭帯の損傷に繋がります。

軟骨は、最も損傷しやすい部位です。壊れ、段々と弱っていき、骨同士が擦り合わさるので痛みが出てきます。

関節が柔軟性を失う原因にもなりえます。

痛みが出るのを待たずに、関節の健康状態を意識し、毎日のケアを始めましょう。

ただ、健康的な生活習慣を取り入れることで、軟骨の割れを防いだり改善することができます。体重管理をしてバランスの取れた食事をすることは、紛れもなく非常に役立つヒントです。

しかし、関節の健康的な構造を本当に取り戻したいなら、サプリを取り入れなければなりません。

関節の健康を保つサプリ

グルコサミン

グルコサミン

関節のケアにピッタリなサプリの1つが、グルコサミンです。グルコサミンは体内で自然に作られ、関節の周りで軟骨を支えています。

年齢を重ねるにつれグルコサミン値は減少し、関節が段々損傷していく原因になります。これが、グルコサミンのサプリを摂取するのが大切な理由です。

  • カニやロブスターなどの甲殻類から摂取可能です。
  • 天然製品を扱うお店で市販されているサプリでの摂取も可能です。

コンドロイチン

コンドロイチン硫酸は、軟骨の生成や再生を助ける代替糖の結合でできています。

コンドロイチンは、一般的に動物の軟骨から抽出されます。

MSM

MSM、またの名称を「ジメチルスルホン」は、天然の硫酸源で、関節組織を強化し保つための重要な作用があります。

関節を健康に保つことは、全般的な健康の基礎となります。今回ご紹介したサプリを食事に取り入れ、生活の質の向上を楽しみましょう。

あなたへおすすめ