日光アレルギーや温熱蕁麻疹を解消する自然療法7選

本記事ではアレルギーの症状が出たらすぐに試したい7つの自然療法をご紹介します。
日光アレルギーや温熱蕁麻疹を解消する自然療法7選
Maricela Jiménez López

によってレビューと承認されています。 医者 Maricela Jiménez López.

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 17 12月, 2022

長時間暑い場所にいたり日光に当たるとアレルギー症状として蕁麻疹を発症することがあります。これは天候や気温の変化による高温期、そして太陽の熱に対する私たちの体のアレルギー反応だと言われています。

その結果、皮膚が赤くなったり蕁麻疹が起こるなどのアレルギー症状が、痛みなどの不快な症状を伴って現れます。特に、頬、首、胸の下をはじめとした皮膚の敏感な場所に蕁麻疹が発生しやすく、それ以外にも発熱、吐き気、胃腸の病気などを発症することがあります。

これらの症状は抗ヒスタミン薬やコルチゾンで抑えられるものもありますが、自然療法がおすすめです。

1. 乾燥酵母

酵母

肌に乾燥酵母を塗ると蕁麻疹による痛みや痒みを軽減します。pH値を正常化しながら炎症を抑えて症状を緩和します。

使用方法

  • 酵母を水の中に入れて混ぜたら、その中に蕁麻疹が出ている部分を入れて優しくこすります
  • 20分間そのままにした後、冷水で洗い流します
  • 症状がなくなるまで継続してください

2. 氷

日光アレルギーなどによる蕁麻疹などの症状を緩和するのに、最もよく知られている方法が「氷」です。炎症を抑えながら循環を改善し、体温を正常に保つことで症状を緩和します。

使用方法

  • 氷を包んだ柔らかい布を使って患部を5−10分間優しくマッサージします
  • 1日に2−3回繰り返してください

3. オリーブオイル

オリーブオイル

オリーブオイルは肌への多くの効能を持つ食品ですが、その中でもオリーブオイルに含まれる必須脂肪酸は、乾燥と肌の老化を予防する効果があります。

使用方法

  • オリーブオイル少量を皮膚に塗って優しくこすります
  • 皮膚が自然にオリーブオイルを吸収するようにしてください
  • 1日に2回行ってください

こちらの記事もご覧ください:アレルギーの原因になる8つの野菜

4. アロエベラ

アロエベラには肌に関連する疾患の症状を緩和する様々な効能があります。

特に高温や日光による発疹や赤みを軽減しながら水分を補給し、抗酸化作用により、自然な保湿効果や肌のpH値のバランスを保ちます。

材料
• アロエベラゲル 大さじ1

使用方法

  • アロエベラゲルを患部に塗り優しくこすります
  • 20分そのままにした後、冷水で洗い流します
  • 1日に3回行ってください

5. カモミールティー

カモミールティー

体温と消化機能を正常に保つ効果があります。

材料
• カモミール 大さじ1
• 水 1カップ

使用方法

  • 乾燥カモミール大さじ1杯を沸騰した湯1カップに入れ、10分間そのままで抽出します
  • 適温になったら患部に塗って優しくこすります
  • また1日1−2カップ飲むと効果がアップします

こちらの記事もご覧ください:カモミールが持つ6つの効果

6. オートミール

オートミールは、様々な皮膚の症状に対して、保湿効果、修復効果、そして症状を軽減する効果があります。

オートミールを直接塗ることで、赤みを軽減しながら痛みや痒みを和らげるため、発疹や赤みが緩和されます。

使用方法

  • オートミール1カップを水の入った浴槽に入れ、5分間そのままにします
  • この浴槽に入ります
  • お好みでローズウォーターを加えてマッサージを行ってください。1日に1度、症状が緩和されるまで行ってください

7. アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガー皮膚の自然なpH値を正常化しながら、アレルギー症状を予防・緩和する働きがあります。患部に直接塗ることでアレルギー症状を緩和しながら赤みや痒みを軽減します

使用方法

  • 水とアップルサイダービネガーを混ぜ、スプレーボトルに入れます
  • 患部にスプレーした後、自然に皮膚が吸収するのを待ちます
  • 1日に2回行ってください

今回ご紹介したように100%天然成分で行う自然療法で不快なアレルギー症状を和らげることができます。ただし、それぞれの自然療法は1回に1つお試しください。副作用などを避けるためにも、決して組み合わせてはいけません。

また、必ず指示された用量を守ってください。

こちらの記事もおすすめです。
食物アレルギーを起こしやすい食品とその代替食品
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
食物アレルギーを起こしやすい食品とその代替食品

原因食物を摂取した後に不利益な症状が起こることを食物アレルギーと言います。この疾患は、食物に含まれるたんぱく質に免疫機能が過剰に反応して起こります。この反応には、皮膚のかゆみや赤みなどの軽い症状が出る場合もあれば、アナフィラキシーショックのような重篤な症状となる場合もあります。



  • Kayiran MA, Akdeniz N. Diagnosis and treatment of urticaria in primary care. North Clin Istanb. 2019;6(1):93–99. Published 2019 Feb 14. doi:10.14744/nci.2018.75010
  • Latreille J, Kesse-Guyot E, Malvy D, et al. Dietary monounsaturated fatty acids intake and risk of skin photoaging. PLoS One. 2012;7(9):e44490. doi:10.1371/journal.pone.0044490
  • Srivastava JK, Shankar E, Gupta S. Chamomile: A herbal medicine of the past with bright future. Mol Med Rep. 2010;3(6):895–901. doi:10.3892/mmr.2010.377
  • Feily, A., & Namazi, M. R. (2009). Aloe vera in dermatology: A brief review. Giornale Italiano Di Dermatologia e Venereologia. Edizioni Minerva Medica.
  • Lee NR, Lee HJ, Yoon NY, Kim D, Jung M, Choi EH. Application of Topical Acids Improves Atopic Dermatitis in Murine Model by Enhancement of Skin Barrier Functions Regardless of the Origin of Acids. Ann Dermatol. 2016;28(6):690–696. doi:10.5021/ad.2016.28.6.690

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。