心が壊れてしまうタイプの破局

8月 23, 2018
心が壊れてしまうような破局を避けられない時もありますが、それでも私達は前を向いて幸せになる必要があります。

全ての破局は何らかの痛みを残します。しかし、人はそれを乗り越え、前へ進まなければいけません。今回は、心が壊れてしまうようなタイプの破局について紹介していきたいと思います。

お互いの愛や情熱が時が過ぎるとともに無くなり(友情だけが残る)2人で別れようと決断するのと、片一方だけの愛情が薄れ別れを告げるのとは全く別物です。

前者の場合、破局はほぼ自然に起こったもので、合意があります。絆が無くなってしまうまでその関係性が脆くなっていたということです。

しかし、後者では一方的に別れを告げられた側は、酷い痛みと相手に対する不信感でいっぱいになってしまうでしょう。では、どのようなタイプの破局が私達を後者のように苦しませるのでしょうか?

片方が去っていくタイプ

片方が去っていく

ある日、全く予期していない時にあなたのパートナーが別れたいと告げるのです。まるで世界の終わりのように感じるかもしれません。

そこには、私達が見たくなかったこと、そして今まで無視していたことが存在しており、あなたを苦しめるでしょう。

一方から破局を提案するタイプには以下のような原因や理由が含まれるでしょう。

  • 相手が誰か違う人に恋をした
  • 愛や情熱が欠けて、友情だけが残った
  • 相手の期待に応えられなかった(例えば、片方は子どもが欲しかったが、もう片方は欲しくなかった)
  • 相手が誠実でなく、尊敬できない人だった

こちらの記事もオススメです:
恋人や配偶者に対して誠実にいられていますか?

このように、交際関係にあるどちらかが別れを告げるには様々な理由があります。このタイプの破局は片方の愛情はまだ残ったままなので、私達の心を壊してしまうことがあります。

どちらかが愛を持っていて、引き留めようとしても、もう相手の心はここにはないのです。

窓に手を当てる

このような状況全てが「捨てられた」という心の痛みを招きます。しかし、それがどんなにツラい痛みでも、関係が終わることは良いことでもあります。なぜなら、そこから学び、前進出来るからです。

こちらもどうぞ:
毒になる恋愛をやめたらどうなる?

感情的依存が強い人

一方的に別れを切り出された場合、特に感情的依存が強い人は、非常に苦しい思いをするかもしれません自尊心が低い為に、常に相手に依存してしまうのです。交際相手が自分にとっての幸せになり、その相手がいなければ自分は存在しないようなものだと思い込んでしまいます。

感情的依存で苦しむようになると、真実の愛は存在しなくなります。そして、人生に意味を持つ為に、絶えず誰かと一緒にいなければならない錯覚に陥ります。

その為、破局を迎えると、依存的な人は気持ちが空っぽになってしまいます。人生に意味が無いと思い、前回の恋から学ぶこともなく、心を閉ざしてしまいます。

頭を抱え込む女性

こちらの記事も読んでみてください:
彼を愛しているけど以前のように求めることがなくなったとき

相手から捨てられて関係が終わり、依存していた分苦しみも多く心は粉々に砕け散ったように感じるかもしれません。

破局は人生の終わりのように感じることもありますが、時間が経てば、また新しい恋が始まり前へ進んでいけることを覚えておいてください。

  • Vivas, M., Galllego, D., & González, B. (2007). Educar las emociones. Crítica. https://doi.org/http://www.escoltesiguies.cat/files/u21417/libro_educar_emociones.pdf.
  • Eduardo Bericat. (2012). Emociones. Sociopedia.Isi. https://doi.org/10.1177/205684601261.
  • Sin, N. (2012). Las emociones. PPT. https://doi.org/10.1038/ejhg.2008.135.