心の健康をサポートする7つの食べ物

· 1月 24, 2017
今日ご紹介する食べ物は、是非食生活に取り入れましょう。年齢に関わらず、あなたの神経結合をより改善してくれるでしょう。また、気分も改善されるはずです。

神経結合とは、神経や脳細胞の間にできたシナプスや結合体だと認識されています。これがよりしっかり結合されると、精神ネットワークがより強くなります。それにより、精神機能を拡大することができるのです。

注意力や記憶などの要素の幾つかは、この機能に関連しています。継続して学ぶ、読む、精神的なゲームを行うなどでこの機能を活性化することができると言われています。

しかし、それだけではありません。この機能の活性化に役に立つ食べ物があるかもしれません。

私たちの脳には様々な栄養が必要です。脳は栄養を使って神経インパルスを強化し、酸素供給を増やし、脳内の血管ネットワークを強くするのです。

今日は、脳のためになる食べ物を幾つか紹介しましょう。

1. ターメリックで神経結合をアップ

ターメリックは東洋で大変よく使われている香辛料です。最近では、西側諸国でも食事によく取り入れられるようになってきました。

カリフォルニア大学で行われた研究によると、ターメリックはアルツハイマー病から私たちを守ってくれる効果があるということです。

主となるクルクミンには多くの効能があります。脳を炎症から守り、神経インパルスを促進し、精神的敏捷性を増加させる効果があるのです。

1日あたり500mgまたは小さじ0.1杯まで摂っても構いません。この量は一度に摂るのではなく、1日の中で3回に分けて摂りましょう。

こちらもお読みください『ターメリックを使った朝食と昼食のレシピ3選

 

 

2. 脳へのご褒美は緑茶を

緑茶

お茶は世界で最も人気のある飲み物です。お茶の種類は様々ですが、中でも緑茶にはたくさんの効能があります。

  • 主な効能は2種類の抗酸化物質にあります。テアフラビンとテアルビジンです。これらは細胞の酸化と闘う抗炎症物質です。
  • 緑茶にはまた、ポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは脳の頭頂葉と前頭葉の間の神経ネットワークを強化する働きをします。
  • 緑茶には短期記憶、集中力を強化し、認知症を予防する効果があるかもしれません。

緑茶は1日1〜2杯飲みましょう。気分が軽くなるのがわかるでしょう。

3. ヘルシーな喜びはダークチョコで

このブログでは、ダークチョコレートを毎日食べることをお勧めしてきましたが、ダークチョコレートは心と体の健康、脳に良いとされています。

  • 砂糖の入っていないチョコレートには、抗酸化物質が非常に豊富に含まれています。
  • フラボノイドは脳への血流を促します。また、集中力を促し、レスポンスタイムを増加させます。
  • 雑誌、『サイエンス・ダイレクト』で発表された研究によると、ダークチョコレートは血流を増加させ、血管を助けるということです。
  • 結果、脳へ運ばれる酸素の量が増えます。つまり、認知能力が高まるのです。

4. カボチャの種で

かぼちゃの種

カボチャの種は神経結合に必要不可欠なミネラル、亜鉛を含んでいます。

また、カボチャの種にはマグネシウムも豊富に含まれていることを忘れてはいけません。カボチャの種はセロトニンの前駆であるトリプトファンも含まれているため、ストレスを軽減する効果があります。トリプトファンはまた、私たちの気分を上げる神経化学物質でもあります。

5. ブロッコリーを取り入れる

ブロッコリーはビタミンKを豊富に含んでいます。あまりよく知られていないかもしれませんが、このビタミンは認知機能に関与しています。ビタミンKはまた、知的能力を強化します。

  • ブロッコリーが脳に良い理由は、グルコシノレートと呼ばれる物質が含まれているからです。
  • この物質は脳の劣化をを遅らせます。アセチルコリンに働きかけるからです。この化学物質が脳に不足すると、アルツハイマー病のリスクが高まるということを忘れてはいけません。

1週間に少なくとも2度はブロッコリーを食べましょう。

6. セージで集中力アップ

セージはお茶にしたり、サラダに少し振りかけて食べると良いでしょう。セージから取れる天然のオイルは記憶力、集中力、神経結合に働きかけます。

また、女性の健康にも大変良いハーブです。

自然食品を取り扱う店舗などで購入できるでしょう。

こちらもお読みください『セージの持つヒーリング効果6選

 

7. もっとナッツ類を食べる

ナッツ

心の健康にはナッツ類も欠かせないということに気づいている人は多いのではないでしょうか。医療関係者や栄養士の多くは、日常的にナッツ類を食べることを推奨しています。

米国疫学雑誌』は、ナッツ類の重要性に関する記事を発表しました。それによると、毎日3〜5個のナッツを食べることで認知機能の衰退を防ぐことができるというのです。これはナッツ類にはビタミンEが含まれているためです。

その他に知っておくべき点は、オメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は精神的なパフォーマンスを向上する上で欠かすことのできない物質です。また、加齢による劣化と闘ってくれるでしょう。

ナッツを食べて心の健康を維持しようと思うなら、ナッツ類は朝食に取り入れましょう。ナッツを4粒、スプーン一杯の蜂蜜と一緒に食べるだけでいいのです。

今日ご紹介したような食品を食べ、日々アクティブに過ごし、好奇心を持ち続ければ、脳の活性化に繋がるかもしれません。

同時に、毎日のストレスに打ち勝ち、気持ちをコントロールすることを忘れずにいてくださいね。