子供の頃に受ける愛情がその後の人生に与えるもの

8月 28, 2017
乳幼児期に健康的な愛情を受けることは、心理的に健康で満たされた大人へと成長するために必要です。

子供の頃に受ける愛情は、人間の幼少期に確立される感情的、行動的絆です。これは将来の人間関係を決定づける可能性があります。

しかし、その愛情はバランスが大切です。

子供に手をかけすぎる、保護しすぎることは、ハグや愛情を全く与えないことと同じくらいに害となるのです。

子供の頃に受ける愛情は必要不可欠

子供の頃に受ける愛情は、子供の脳を自然で健康的な方法で発達させる効果があります。愛情によって他者との関係や社会性を築き始めるのです。

もし、両親が自分の子供のことを全く構っていない場合、または引き離されてしまった場合、子供たち将来の人間関係で安心感を得づらくなるでしょう。

この世に生まれてから数年の間に感じる安全は、後に健康的な人間関係を築く上でとても重要なのです。

もし、幼少期に親から離れてしまったとしたら、子供たちはそのことに焦点を当てるかもしれません。

小さな子供は個人的な相互関係に関する不安感を感じることはないと誤って考えている人が多いようです。そのため、子供のことを無視している親が多いのです。

子供の頃に受ける愛情の種類

1.安全で確かな愛情

このタイプの愛情では、親は子供にアプローチし、子供の感情的なニーズに応えようとします。無視することはなく、愛情を示し、常に関わり合おうとします。

関わりあうとは、キスやハグをすることだけではありません。

時には小さな子供たちはキスやハグを嫌がる場合もあるからです。

2.心配または相反する愛情

このタイプの愛情では、親は愛情を持っていますが、示し方がわかっていません。結果として、子供と触れ合う機会が少なく、子供に協調することがありません。したがって距離ができてしまうのです。

さらに、このタイプの愛情は子供に対してネガティブな態度をとることが多いというを覚えておきましょう。親は子供がしたことの中で悪いことだけを指摘し、良いことには注目しないのです。

これは子供の自尊心欠如へとつながります。

3.心配かつ回避性ある愛情

このケースでは、親ははっきりと子供を拒否し、親はとても不快な態度を示します。

アルコール依存症、暴力的、ネグレクトなどがこのタイプの親として挙げられます。

罰として拒否するというのはよくあることでしょう。しかし、子供たちはいずれ、愛されていないということを理解します。これは後の彼らの関係に反映するのですが、がっかりする結果となるでしょう。

4.不安ででたらめな愛情

最後の例は家族内、特に両親の間のごまかしや虐待に関係したものです。

このような状況では、子供は混乱します。家族の姿に近づこうとするのですが、ごまかされるからです。そして、次第に恐れや誤解に基づく関係へと変わっていくでしょう。

そして後の人間関係において、自分が何を欲しいのかわからなくなるでしょう。相手の愛し方を知らず、いつもごまかそうとし、相手をコントロールしようという思いがいつも取り巻いているはずです。

これまでにご覧のように、子供の時に受ける愛情とはとても大切なもので、大人になってからの人間関係で現れる様々なトラブルの根元となるのです。

健康的な愛情溢れる関係を築き上げることは、子供たちにとって必要不可欠です。なぜなら、親とは、子供が生まれて初めて築く社会的な絆でもあるからです。

上記にも挙げたように、バランスが鍵です。愛情不足や関わり不足はもちろんネガティブな結果を生みますが、過剰な愛情や関わりも同時にネガティブなものなのです。

よくある結果としては、他者に頼りきりになってしまうこと、愛情を探すだけではなく、認めてもらいたいと願うようになることです。

私たちの誰もが子供の頃、安全で確かな愛情を得たとは言えないでしょう。しかし、良い点は、これから変えられるかもしれないということです。

子供の頃に受けた痛みのある関係を改善する方法を知り、学ぶこともできるのです。

あなたへおすすめ