子供の鼻洗浄を正しく行う3つの方法

29 3月, 2020
アレルギー粒子を吸い込むと、鼻に入って喘息の危険を引き起こす可能性があります。子供の健康と安全を守るためにも、子供の鼻洗浄を正しく行う方法を理解することが大切です。

鼻づまりは子供によく見られる症状です。

子供、特に赤ちゃんがいる場合は、適切な鼻洗浄を行う正しい方法を知ることが重要です。

赤ちゃんは口から呼吸する方法を完全に習得していないため、鼻に粘液が多すぎると空気を吸うのが難しくなる危険があります。

適切な鼻洗浄を行うことの重要性

子供の鼻洗浄を正しく行う3つの方法 鼻洗浄をする女性

私たちは、基本的に鼻から呼吸します。そしてこの機能は、体内に入る空気を湿らせ、ろ過し、温めます。

しかし、アレルギー粒子が鼻に入り、時には喘息の危険を引き起こすことがあります。

このような場合、特に赤ちゃんの場合は、正しい方法で鼻洗浄を行う方法を知ることが重要です。

赤ちゃんはまだ、口から正しく呼吸する方法を知りません。

正しい方法で行う鼻洗浄は、鼻の分泌物や鼻こに引っかかった汚れやアレルゲンを体外へと排出するために、鼻水に塩水を入れます。

鼻洗浄の目的は、アレルギー粒子が粘膜と接触する可能性を最大限に高めることです。

鼻洗浄を行うことで、アレルギー反応が低下する効果が期待できます。

ただし、鼻洗浄はアレルギーにのみ推奨されるわけではありません。

次のような場合でも、鼻洗浄が役立ちます。

  • 慢性または急性の副鼻腔炎

子供の鼻洗浄を行う方法

鼻洗浄は、鼻をかむ方法がまだわからない幼児向けのティッシュの代わりのようなものです。

子供の呼吸を楽にして、より快適な状態を提供するのに必要な鼻洗浄は、子供が必要とする回数だけ行うことが大切です。

鼻洗浄が苦手な子供もいるため、正しい方法を学んでも、実行するときに少し複雑になるかもしれません。

今回の記事では、子供、特に赤ちゃんの鼻洗浄に役立つアドバイスをご紹介します。

  • 就寝前と食前に鼻洗浄を行います。
  • 頭を下に向けて子供を寝かせるか頭を上にして寝かせます。ただし、頭が上に来る場合は、横向きにしてください。
  • 仰向けは避けてください。
  • 鼻洗浄を行なった後、分泌物の排出を容易にするために赤ちゃんを着座させます。
  • 鼻がかなり詰まっている場合は、少量の液体を注入し、その部分をマッサージして柔らかくした後、さらに液体を注入します。
  • 年長の子供は、頭を片側に傾けながら自分で鼻を洗うことができます。片側で行なったら反対側も同じように洗浄するように指導してください。

こちらもご参考に:鼻づまりに効く5つのエッセンシャルオイル

鼻洗浄を行う3つの方法

1. 仰向けになり頭を傾ける

子供の鼻洗浄を正しく行う3つの方法 鼻の図解

これは鼻洗浄を行う最も一般的な方法ですが、正確には最も効果的な方法ではありません。

子供がこの位置にいる間に、シリンジまたは単回投与バイアルのいずれかを使用して、鼻腔に液体を強制的に導入することが大切です。

この方法での目標は、鼻の最も内側の領域をきれいにすることで、すばやく簡単に実行できます。

ただし、液体は鼻の後ろには届かないため、鼻の後ろには粘液がたまります。

粘液が厚くて密集している場合、液体が粘液プラグに跳ね返るだけなので、これは有用な方法ではありません。

2. 子供が座っている間に鼻を洗う

この方法で行う鼻洗浄は、特に年長の子供に役立ちます。正しい位置を保つために頭を前に出す必要があります。

ここで、前述の方法と同じく液体を注入します。

液体を投与したら、子供は力強く吸い込まなければならないため、赤ちゃんにはこの方法が難しい理由の一つです。

ただし、前述の方法と同様に、この位置で鼻洗浄を行っても、鼻の最も内側は洗浄されず、粘液が厚くなった場合にはあまり有用ではありません。

こちらもご参考に:速効性あり!鼻づまりを解消する8つの自然療法

3. 仰向けに寝るまたは頭を後ろにして座る

これは非常に効果的な鼻洗浄です。この位置では、液体はゆっくりと圧力なしで入ります。洗浄液は鼻の後ろにまっすぐ落ち、喉に滑り込み、粘液の一部を引きずり出します。

この液体と接触すると、より粘着性または粘性の高い分泌物が再び水分補給されます。

その後、子供は、最も内側の領域を塞いでいる粘液が咽喉に入るように強制的に吸い込む必要があります

  • Deckx, L., De Sutter, A. I. M., Guo, L., Mir, N. A., & van Driel, M. L. (2016). Nasal decongestants in monotherapy for the common cold. Cochrane Database of Systematic Reviews. https://doi.org/10.1002/14651858.CD009612.pub2
  • Riera Sampol, A., & Pedro Gómez, J. E. de. (2014). ¿ En la congestión nasal en pacientes pediátricos, es más efectivo realizar lavados nasales o aspiración para la prevención de complicaciones ? Evidentia: Revista de Enfermería Basada En La Evidencia.
  • Santos Galvão, C. E., Nascimento Saldiva, P. H., Kalil Filho, J. E., & Morato Castro, F. F. (2004). Inflammatory mediators in nasal lavage among school-age children from urban and rural areas in São Paulo, Brazil. Sao Paulo Medical Journal.