関節痛を和らげるゼラチンを使った自然療法

ゼラチンは関節にコラーゲンを与え、関節痛を和らげる非常に効果的な自然療法です。口から摂取する方法が効果的ですが、外用することもできます。

ほとんどの人が関節痛を経験します。そして関節痛を発症すると、動きが制限されるなど、日常生活に様々な困難が生じます。

関節痛は、運動選手や膝を酷使する人が発症することが多いですが、怪我、遺伝子、そして座りっぱなしの生活も関節痛を引き起こします。また、関節痛の原因はコラーゲン値の減少だと考えられています。

コラーゲンとは軟骨組織、骨、アキレス腱を構成しているタンパク質で、関節におけるクッションの役割を果たしているため、コラーゲンが減少し軟骨が磨り減ると関節痛が起こります。

この軟骨の再生にコラーゲンが必要となるため、専門家はゼラチンを使った自然療法を推奨しています。

本記事ではゼラチンの効能と、関節痛を和らげるためのゼラチンを使った自然療法をご紹介します。

ゼラチンは関節にどんな効果をもたらすのか?

ゼラチンとは非常に安価で一般に流通している、お菓子作りなどに使用される食品です。スーパーなどで簡単に手に入るゼラチンは、健康や美容にも効果を発揮します。

ゼラチンは動物の皮膚や骨、腱などの結合組織の主成分であるコラーゲンに熱を加えて抽出したもので、動物のコラーゲンからできたタンパク質を豊富に含んでいます。

そのため、結合組織の保護と再生を行う栄養素を含んでいるゼラチンを毎日の食事に取り入れる人が増えています。

ゼラチンは体内でコラーゲンを合成しやすくするため関節痛を緩和する働きがあります。ゼラチンを継続して摂取すると、関節の保護だけではなく、爪、、歯、骨、そして肌もしっかりと保護します。

関節炎などの結合組織に影響を及ぼす、病気や症状を緩和するのに効果を発揮するゼラチンの栄養素が炎症を抑え、擦り減った軟骨を再生します。

ゼラチンは、アルギニンや グリシンなど、筋肉を強化する必須アミノ酸が豊富に含まれている、コレステロールゼロ、脂質ゼロの食品ですので、代謝を向上させ減量効果の促進をサポートし、アキレス腱や靭帯に弾力性を与えながら強化することで怪我を予防します。

さらに、胃に負担のかかる「重い」食事後の消化機能を改善します。

腹部の炎症やガスを抑える成分を含むゼラチンは、体内の免疫システムを強化し、様々な病気が進行するのを防ぎます。

関節痛の症状を和らげるゼラチンを使った自然療法

関節の健康を維持するために、一日にゼラチン10gの摂取をおすすめします。パンやスムージーなどに入れると手軽に摂取できます。

今回は関節痛の症状を緩和することに焦点をしぼったレシピや摂取法をご紹介します。

ゼラチンと冷水

毎朝食前、少なくとも食事をとる30分前までに、ゼラチンと冷水を使ったこの方法をお試しください。

オレンジジュースに混ぜると、吸収力を高めておいしく摂取できます。

材料

  • ゼラチン(味のついていないもの) 大さじ1/2(5g)
  • 冷水 グラス1/2杯(100ml)
  • 温かいお湯 グラス1/2杯(100ml)

作り方

  • ゼラチンを冷水の入ったグラスに流し込んだら一晩そのままにします。
  • 翌日、お湯を加えて湯煎します。
  • ゼラチンが完全に溶けたら、火からおろして飲んでください。

ミルクゼラチン

ミルクゼラチンは健康に効果のあるゼラチンを効果的に摂取する方法です。軟骨や靭帯を強く保ちながら保護します。

材料

  • ゼラチン(味のないもの) 大さじ2(20g)
  • 冷たい牛乳 グラス3/4(150ml)

作り方

  • ゼラチンを冷たい牛乳と混ぜたら一晩そのままにします。
  • 甘みをつけたいときは少量の蜂蜜を加えてください。
  • 沸騰させないように湯煎にかけます。
  • 火からおろし、冷ましてから飲んでください。
  • 3週間続けてください。

ゼラチン湿布

ゼラチン湿布は、軟骨への栄養補給にはなりませんが、痛みや炎症を軽減する効果があります。

材料

  • ゼラチン(味のついていないもの) 大さじ1(10g)
  • 水 1リットル
  • 大判の絆創膏など
  • 食品用ラップフィルム

使用方法

  • 絆創膏を熱いお湯にひたし、小さく折ったらゼラチンを加えます。
  • 痛みを感じている関節の上にのせたら、食品用ラップフィルムで包みます。
  • 20分間このままにします。毎日繰り返してください。

ゼラチンの過剰摂取は、胃や肝臓の病気や動脈硬化症を引き起こします。

本記事を参考にゼラチンの成分を活用して関節痛の痛みを軽減させてください。

カテゴリ: 自然療法 タグ:
あなたへおすすめ