関節炎に対する太極拳の効果

太極拳の動きは、体と心のバランスを整えてくれ、関節痛の症状の改善が期待できます。太極拳の穏やかな動作が、関節炎の不快感の緩和にどのように貢献しているかについて、この記事で詳しく解説します。
関節炎に対する太極拳の効果
Leidy Mora Molina

によってレビューと承認されています。 看護師 Leidy Mora Molina.

によって書かれた Luz Marina Carpio Hernández

最後の更新: 26 11月, 2022

運動が身体の健康に良いということについては、数々のエビデンスがあります。そのため、筋骨格や関節組織を動かすアクティビティは、医療における補完療法として利用されることがあります。関節炎患者に対する太極拳の実践は、そのような治療法のひとつです。

Endocrinology and Nutrition誌は、運動が慢性疾患の発症予防に好影響を及ぼすと主張しています。関節炎のような病態は、患者が肥満など他の問題を抱えている場合、合併症のリスクが高まります。

健康的な食事やスポーツは、体重の増えすぎを防ぐと指摘されています。関節炎の場合、特に高齢の方では、こうした過剰な体重増加は障害や能力低下につながる可能性があります。

関節炎とは

関節炎とは、1つまたは複数の関節に炎症が起こることです。この状態は、免疫系が身体の健康な組織を攻撃するときに作り出されることがあります。その他にも、関節表面の摩耗や損傷によって引き起こされることもあります。

この病気は、関節に次のような症状をもたらします。

  • 熱感
  • 赤くなる
  • 変形
  • 腫れ
  • こわばり
  • 痛み

関節炎には決定的な治療法はありませんが、診断に対処するための治療法はあります。National Arthritis Coordinator(国立関節炎コーディネーター)によると、「適切な治療を受けなければ、この病態は重大な身体的損傷と生活の質の著しい劣化を引き起こす」とのことです。

変形性関節症は、最も一般的な形態です。関節軟骨の摩耗や損傷によって引き起こされます。

しかし、米国疾病管理予防センター(CDC)は、一般的な関節炎には下記のように複数の種類があることを指摘しています。

また、関節炎の種類によっては、臓器の機能が損なわれることがあります。医学雑誌Medicineでは、関節の病変は通常、左右対称で侵食性であることが指摘されています。

この疾患は、老齢期に最も一般的ですが、どの年齢でも発症する可能性があります。

関節炎の女性。
手と膝は、高齢者の関節炎で最も見られる部位です。

こちらもお読みください:関節炎を解消する自然療法

太極拳とは

米国国立がん研究所は、太極拳中国の伝統的な瞑想と、ゆっくりとした体の動きと呼吸を制御した心身のエクササイズと定義しています。その目的は、バランス、柔軟性、強さ、健康を向上させることです。

太極拳は、リウマチ性疾患を患っている方にも有効です。太極拳の動きは衝撃が少なく、筋肉に極端な力を加えないからです。

太極拳は体操や武術の一種とみなされ、腱、筋肉、関節に血液や体液を送り込むのに適しています。

太極拳の哲学は、健康は身体の生命エネルギーから生まれるというもので、このエネルギーが体内を自由に循環している限り、病気の予防につながると考えられています。International Journal of Environmental Research and Public Healthに掲載された研究によると、主に変形性関節症の人の腰椎と大腿骨頚部における骨密度の減少を減衰させる効果があることが示唆されています。

関節炎患者に対する太極拳の効果

太極拳はゆっくりとした動作で、バランスと関節の可動性を向上させ、緊張を和らげ、硬さを軽減し、痛みを和らげます。では、太極拳は他にどのように関節炎患者にとって効果的なのでしょうか? 下記で、ぜひ知っていただきたい全てをお伝えします。

メンタルへの働きかけ

関節変性の患者には、ポジティブな考え方が不可欠です。この点で、太極拳は心の力と身体との統合を促進し、内なる力を見つけ出して利用するものなのでぴったりです。

膝の強度を高める

Sports Medicine Researchが開発したプロジェクトでは、24週間の太極拳の練習が、変形性膝関節症の患者の足首と膝の固有感覚を改善することを発見しました

関節炎を起こしている膝に対する太極拳の有効性の一部については、International Journal of Environmental Research and Public Healthは、いくつかの矛盾を指摘しています。しかし、痛みのコントロールと機能性の向上という点では、ポジティブな結果が出ています。

体力を向上させる

太極拳は心肺運動(有酸素運動)であるため、心臓や肺の強化に役立つと同時に、ヒスタミンの産生を促進します。

関節炎の組織や関節の場合、健康を回復するためには十分な血液、体液、酸素が必要です。これは太極拳の動きをすることで達成することができます。

同じように、Clinical Rheumatology誌には、定期的な適度な身体活動が、関節リウマチ患者の心血管死亡のリスクを低減する方策の一つであると記載されています。

こちらもお読みください:有酸素運動が体と心にもたらす効果

筋肉を強化する

米国退職者協会は、筋肉はバランスを保つのに非常に重要であり、太極拳はこの点で有益であると強調しています。太極拳のポーズや動作で、転倒を防ぐために体を鍛える効果が期待できます。

定期的なセッションは筋力を強化し、その結果、関節を保護し、より安定させることができます。この意味で、太極拳は骨折のリスクを最小限に抑えることができます。

柔軟性を高める

太極拳は、関節炎の痛みを和らげるための2つの基本ポイントである、関節の硬直と柔軟性の軽減につながります。具体的に、どのようにこれらのポイントにつながるのでしょうか? 関節がスムーズに動くようになると、腱や筋肉が弾力性を増すからです。

姿勢を正す

変形性関節症の患者は、正しい体の姿勢を保つのが難しいケースがあります。太極拳で、姿勢を正しく戻すことが期待できます。

太極拳をしている女性。
太極拳のポーズは心と体のバランスを伴うもので、低負荷の運動でありながら全体的な健康効果があります。

太極拳以外に、関節炎患者に役立つもの

Spanish Journal of Rheumatologyによると、リウマチのプロセスに役立つ代替療法は、心身のバランスを保つこととグルコサミンとショウガのエキスの摂取に関係があるそうです。専門家は、銅のブレスレットや磁気療法は役に立たないと考えています。

Arthritis and Rheumatology誌によると、従来の医療を補完する治療法の中で、許容できる結果を示しているのは以下の通りです。

  • 冷温治療。温湿布は筋肉をリラックスさせ、血液の循環をよくする。一方、冷湿布は血管を収縮させ、痛みの感覚を取り替えることで炎症を抑えます。
  • 鍼治療。経絡に沿って皮膚に針を刺し、中国語で「気」の流れを整える。
  • ハイドロセラピー 。治療目的でバスタブや浴槽に入浴すること。
  • 医療カイロプラクティック。素早く、適切な力を加えることで、負傷した部位の可動域と質を増幅させる。

関節炎の患者が太極拳を練習することにリスクは?

リウマチ患者の身体的制限を理解した上で、怪我の可能性を高めない太極拳のエクササイズを選択するのがベストでしょう。中国式エクササイズの効果についてはさらなる研究が必要ですが、事実なのは、症状を悪化させることなく、同時に関節の動きを拡大させるということです。

こちらの記事もおすすめです。
関節炎 の治療に効果を発揮する5つのハーブ療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
関節炎 の治療に効果を発揮する5つのハーブ療法

関節炎 は老化が原因で発症・進行するのが一般的ですが、自己免疫疾患、感染症、および骨の損傷などが原因となる可能性もあります。 関節炎 の症状に対処しながら生活の質に影響を与えないように対処するハーブ療法は、関節炎の症状を抑制するなど、治療に役立ちます。関節炎に効果を発揮するハーブ療法を5つご紹...




ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。