抗ヒスタミンの自然療法でアレルギーを抑える方法

リンゴ酢はアレルギーの自然療法に最適なだけでなく、毒素の排出を促すはたらきもあります。

アレルギーは、体が外部からの脅威と判断したものから身を守ろうとする反応です。

多くの人を悩ませるアレルギーですが、天然の抗ヒスタミン成分を使用すると症状を抑えられるということをご存知でしたか?

空気や、食べ物や、手に触れたものなど、アレルギーの元となるものに反応すると、体はその危険を知らせてくれます。

アレルギー反応には、くしゃみ、じんましん、炎症、呼吸困難など様々な症状がありますが、どのような症状にも共通して言えることは、アレルギーは生活に支障をきたすほど不快なものであるということです。

ところが、アレルギーに処方される薬にも同じくデメリットがあります。それは、強い眠気を引き起こすということ。

そのため、天然の抗ヒスタミン成分を使ってアレルギーを治療する方法にどんどん注目が集まるようになりました

この方法ならば副作用がずっと少なく済みます。命の危険はないけれどとにかく不快なアレルギーにしっかりと効果を発揮してくれるでしょう。

そこで気になるのが、自分のアレルギーにぴったりの自然療法ではないでしょうか。

アレルギー反応はヒスタミンという物質によって引き起こされますが、まず知っておきたいことは、どのような食べ物や成分がヒスタミンのはたらきを打ち消してくれるのかということです。

想像以上に簡単ですから、ぜひ続きを読んでみてください!

抗ヒスタミンでアレルギー治療

ビタミンC

ビタミンCの豊富な食材

あらゆる自然療法にかかせないものといえばビタミンです。もちろんビタミンの効果は抜群なため、食生活に取り入れることはとても大切です。

しかし、ビタミンが豊富な食べ物の中にはヒスタミンが含まれているものもあるため、食材を選ぶ際には注意が必要です

ブロメラインのサプリ

パイナップルにはブロメラインという酵素が入っていますが、これはとても強力な抗ヒスタミン成分です。

ところが、残念ながらパイナップルを食べればいいというわけではありません。パイナップルにはヒスタミンも含まれているため、せっかくのブロメラインも無駄になってしまうからです。

ブロメラインはサプリメントから摂取すると良いでしょう。

健康食品のお店やドラッグストアに置いてあることが多く、とても手に入りやすいものです。また、オンラインならばお安く購入できるかもしれません。

玉ねぎを食べてアレルギー治療

玉ねぎは免疫力を高めるのに最適な食材です玉ねぎに豊富に含まれているケルセチンは、アレルギーに優れた効果があります。また、鼻の通りを良くしたり、鼻水や痰を押さえたりするほか、器官の炎症を和らげる効果もあります。

臭いなどが気になって食べない人もいるかもしれませんが、玉ねぎには数々の効果があるため、とてもオススメの食材です。

また、専門店ではサプリとして売られていることもあります。

ヨーグルトでアレルギー対策

ヨーグルトを食べるべき理由といえば、腸内フローラを活発にしてくれるビフィズス菌です。これによってアレルゲンへの耐性を高めることができるでしょう。

効果を高めるためには、ステビアや砂糖の代わりにハチミツを使用しましょう。ハチミツには天然の抗炎症作用や抗ウイルス作用があり、しかも美味しいのだから言うことなしです!

リンゴ酢のドリンク

リンゴ酢

この方法なら、天然の抗ヒスタミン成分を利用してとても簡単にアレルギーを抑えることができます。作り方もとてもシンプルです。

材料

  • 水 1カップ
  • リンゴ酢 大さじ2

その方法は?

  • リンゴ酢と水をよく混ぜてから飲みます。
  • 1日に3回飲むことをおすすめします。

またこの療法は、血液の質を高めたり、大腸のお掃除をしたりするためにもとても効果があります。そのため、アレルギー反応を起こすものを食べたとしても、すぐに体から追い出すことができるでしょう。

ただし、これらの自然療法も個人の体質によっては健康問題を引き起こすことがあります。医師に相談してから行いましょう

病院で治療を受けている方は、特に注意が必要です。

カテゴリ: 自然療法 タグ:
あなたへおすすめ