高温に関連する8つの症状

気温が高いと心配になるものです。しかし、体に影響が出ないように、いくつかの対策を講じることは可能です。詳しくはこちらをお読みください。
高温に関連する8つの症状

最後の更新: 29 8月, 2022

夏、特に気温の高い熱波に襲われる時、高温に関連したさまざまな症状が引き起こされることがあります。

以下のような様々な症状が出る可能性があります。

  • 過度の発汗
  • 脱水
  • 痙攣
  • 疲労感
  • めまい
  • 頻脈
  • 失神発作

このように、気温が40℃に近づいたり、超えたりした場合には注意が必要です。上記のような症状が現れた場合は、合併症を防ぐために速やかに対処する必要があります。

暑さによって起こる症状

北半球でも南半球でも、夏の到来とともに気温が上がり始めます。ただし、 エルニーニョなどのさまざまな気象現象により、他の年よりも暑い年もあります。

発汗によって体が冷えるのは正常です。しかし、身体が熱過負荷を十分な速度で取り除くことができず、熱平衡が失われることがあります。

その後、体温が危険なレベルまで上昇し、さまざまな症状を引き起こします。

  • めまい
  • 頻脈
  • せん妄と錯乱
  • 継続的な喉の渇き
  • 疲労感と脱力感
  • 皮膚の発疹と発赤
  • 乏尿( 尿量の減少
  • 血圧の急激な上昇と下降
  • 無汗症または多汗症(それぞれ、汗の生成が減少または過剰になる)
気候変動
私たちの時代が経験している気候変動は、人間の健康にとって強力で危険な暑い季節によって特徴づけられます。

原因と危険因子

気温が上がると、暑さによる問題が発生する可能性が高まります。35度以上になると、不快感を感じることがあります。

そして、長時間熱にさらされると、その度合いが増します。例えば、屋外で作業や運動をするときや、放熱や温度を下げる効果のある道具を使用しない場合などです。

一方、より暑さに敏感な人もいます。高温に関連した症状に陥りやすい危険因子として、以下のようなものが挙げられます。

  • アルコールの摂取
  • 肥満の人
  • 低水分または不十分な水分補給
  • 寒冷地に慣れている人
  • 幼い子供や高齢者
  • 高血圧症や心血管系疾患のある人
  • 特定の薬物(ベータ遮断薬、利尿剤、抗うつ剤)の摂取

こちらもお読みください:酷暑に打ち勝つ方法

高温に関連する症状

上記のような症状の中には、高温に関連する様々な症状に共通するものがあるかもしれません。しかし、それぞれに特殊性があります。詳しく見てみましょう。

1. 熱疲労

熱中症疲労という用語は、しばしば同じ意味で使用されます。しかし、熱疲労は通常、熱中症の前兆であり、認知的変化を引き起こさないと指摘して、両者の違いを確立する専門家がいます。

一方、熱疲労は長時間太陽にさらされた結果であるとも言われているため、皮膚の敏感さ、損傷、および愛情によって特徴付けられます。脱水症の他に、全身倦怠感、頭痛、吐き気、頻脈、過敏症もあります。

2. 熱中症

熱中症は、高温に関連する最も危険な症状の一つです。体温が40°Cまたは104°Fを超えたときに起こります。

熱中症には、基本的に2つのタイプがあることが指摘されています。

  • 労作性熱中症:これは、非常に高温多湿の環境で持続的に身体活動を行った結果です。短期間で発達します。たとえば、マラソン大会中に発生する可能性があります。
  • 非労作性熱中症:これは、周囲温度の上昇が、年齢や基礎疾患などの他の条件と組み合わされた場合に発生します。数日かけて発症します。

一般的に、熱中症の症状には、脱水、疲労、錯乱、頻脈、めまいなどがあります。放置すると、けいれん、失神、さらには昏睡や死に至る可能性があります。

3. 脱水症状

高温に対抗するために、身体は汗を出します。そして、その状況が維持されると、さらに発汗量が増えます。これを十分な水分補給で補わないと、脱水症状が起こります。

これが、唇の乾燥やひび割れ、意識障害や混乱、頻脈、便秘、腎臓障害など、短期的・長期的な合併症の原因となるのです。

4. 動けなくなる

熱にさらされた状態が一定時間続くと、疲労感を感じ、ちょっとした動作にも力が入らなくなり、活動しづらくなります。

5.けいれん

汗をかくと、体の機能を正常に保つために必要な塩分やミネラルも失われます。塩素、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどが含まれ、筋肉の働きに重要な役割を果たします。

そのため、手足はもちろん、腹部などにも筋肉のけいれんが起こることがあります。これは、激しい運動の後にもよく起こる現象です。

6.皮膚の状態

発疹は、赤いぶつぶつや小さな水泡のように見える皮膚の病気です。表面が隠れている部分(脇の下、股間)に多く見られます。

通常、皮膚を刺激する物質や、過度の発汗、毛穴の詰まりが原因で起こります。特に、暖かく湿気の多い環境では、子供によく見られます。

炎症、刺激、かゆみ、ほてり、乾燥、皮むけなどの症状が出ます。不快感を生むだけでなく、感染症による合併症が起こることもあります。

7. 消化器疾患

暑い季節には、胃腸の病気が多くなります。食べ物の腐敗が早くなり、その中の細菌が増えます。

同様に、ハエなどの虫も暑いときには多く繁殖する傾向があります。特に、衛生状態が十分でないところでは、注意が必要です。

8.腎臓の問題

水分が失われると、排尿回数が減少します。その結果、尿酸値が上昇するなど、さまざまな影響が出ることがあるのです。

このテーマに関するレビューによると、熱波は腎不全のリスクを高め、子供、高齢者、障害者、様々な慢性疾患の患者が最も影響を受けることが分かっています。

高温に関連する条件
高齢者は熱波の影響を受けやすいため、細心の注意を払う必要があります。

影響と起こりうる合併症

体が熱くなると、血管が拡張し、心臓の拍動が速くなり、より強くなります。その結果、筋肉や脳など重要な臓器の働きに影響を及ぼします。

体温の上昇に関連する合併症には、次のようなものがあります。

  • 過呼吸
  • 急性呼吸困難
  • 腎不全および肝不全
  • 代謝機能障害
  • 血液量減少性ショック

さらに、皮膚の状態 (にきび、酒さ)、呼吸器の状態 (COPD、喘息)、糖尿病、ループスなど、熱によって悪化する可能性のある状態がいくつかあります

こちらの記事もお読みいただけると幸いです: 平熱について知っておくべきすべてのこと

気温が高すぎることで起こる症状の防止

必要な対策を講じれば、これらの高体温関連疾患を回避・予防することができます。この点で、いくつかの推奨事項を考慮に入れておく必要があります。

天気予報に注意し、十分な水分をとり、ピーク時の日差しを避けることです。屋外に出るときは、帽子で体を覆い、涼しく風通しのよい場所にいるのが理想的です。

暑いときはシャワーを浴びるとよいでしょう。また、運動を控えて、あまり暖かい服を着ないことも効果的です。

食事は、外食を控える、野菜や果物をよく消毒する、大盛り、激辛、脂っこい食事は避ける、など。

また、アルコールやカフェインの摂取を減らす必要があります。

家庭では、扇風機やエアコンなど、冷房に必要な機器を使用してください。また、オーブンはできるだけ使わないでください。

いつ医者に行くべきか

体温が非常に高く、上記の症状がいくつか見られる場合は、医療機関を受診する必要があります。救急隊員が到着するまでの間、氷嚢や氷湿布を脇の下、鼠蹊部、首などに当てて、患者の体温を下げる手助けをします。

可能であれば、冷たいシャワーを浴びさせるか、少なくとも水をかけてください。また、衣服を脱がせる、アイソトニック飲料による水分補給も重要な対策です。

熱中症になったら、すぐに医療機関を受診することが重要です。手当てが間に合えば、合併症を恐れる必要はありません。一人暮らしの家族がいる場合は、常に連絡を取り合い、様子を把握しておくことが必要です。

こちらの記事もおすすめです。
スイカに含まれるある成分が筋肉を強化
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
スイカに含まれるある成分が筋肉を強化

スイカといえば、口の中ではじけるスレッシュな食感と、幸せな満足感が思い浮かぶのではないでしょうか。スイカは言わずと知れた夏のフルーツで、そのまま食べてもジュースにしても美味しい食材です。しかしスイカは英語でウォーターメロンというだけあって、“ほぼ水”でできているのではないか、



  • Fleta Zaragozano J, González García G, Muñoz Jalle E, Faci Alcalde E, Aurensanz Clemente E. Golpe de calor. Boletín de la Sociedad de Pediatría de Aragón, La Rioja y Soria. 2013; 43(2): 53-59.
  • Kovats R. El Niño and human health. Bulletin of the World Health Organization. 2000; 78 (9): 1127-1135.
  • Lorenzo, A, Liano F. High temperatures and nephrology: The climate change problem. Nefrología (Madr.). 2017; 37(5): 492-500.
  • Peña R, Valdés M, Nazzal C. Efecto de las temperaturas extremas en la incidencia de enfermedades cardiovasculares: revisión bibliográfica 2016-2022. Rev Chil Cardiol. 2022;  41(1): 51-64.
  • Piñeiro Sande N, Martínez Melgar J, Alemparte Pardavilla E, Rodríguez García J. Golpe de Calor. Revisión. Emergencias. 2004; 16: 116-125.
  • Villamil Cajoto I, Díaz Peromingo J, Villacian Vicedo G, Sánchez Leira J, et al. Impacto de la ola de calor de 2003 en el Hospital de Riveira (A Coruña). An. Med. Interna (Madrid). 2005;  22(1): 15-20.