糖尿病患者に口渇が起こるのはなぜなのでしょうか?

23 1月, 2021
糖尿病患者は、生活の質に悪影響を与える症状を発症します。そして症状の一つが口渇です。今回は口渇が起こる理由を説明します。

1型糖尿病または2型糖尿病のどちらであろうと、糖尿病患者は口渇や口内乾燥症を頻繁に経験します。問題は、それが単なる「感覚」ではないという点であり、口腔症状というレベルにおいて深刻な症状をもたらす可能性があります。

口内乾燥症は、虫歯、感染症および歯周病のリスクの増加と関連しています。さまざまな調査によると、糖尿病患者の70%以上が口渇を発症していることが確認されています。

今回の記事では、口渇が発生する理由とその解決方法について説明します。

糖尿病の症状

糖尿病はブドウ糖の代謝に影響を与える病気で、1型と2型の2つの主要な形態があります。1型糖尿病の場合、膵臓がインスリンを分泌できなくなります。

一方、2型糖尿病では、体のさまざまな組織でインスリン抵抗性が発症したり、分泌が減少することもあります。これは、残念ながら、より発症頻度が高くなっている病気です。

口内乾燥症は、糖尿病の主な症状の1つです。 Journal of Endocrinology and Nutritionに掲載されたレビュー研究によると、糖尿病患者で最も頻繁に見られる口腔症状の1つです。

他に現れる可能性のある口腔症状は、潰瘍、咽頭カンジダ症、および灼熱感です。ただし、これだけが糖尿病の兆候ではありません。多尿症(排尿の増加)、多飲症(喉の渇きの増加)、体重の変化もあります。

血糖値の測定 糖尿病患者の口渇
血糖値は、糖尿病の症状の決定要因です。

糖尿病患者に口渇が起こるのはなぜか?

口内乾燥症は、これまでに述べたように、口の渇きまたはドライマウスと呼ばれる状態を指す用語です。糖尿病患者においては、口渇はさまざまな要因と関係があり、ほとんどすべてが血糖値のコントロールが低下することに関連しています。

まず第一に、口渇の原因の1つは排尿の増加です。排尿の増加は脱水症につながります。また、唾液は主に水で構成されているため、体液のバランスが乱れると唾液の産生が変化します。

同じく糖尿病の口渇を決定する別の要因は、唾液の組成の変化です。水分に加えて、唾液にはブドウ糖とタンパク質も含まれています。

Journal of Oral Medicine and Pathologyに発表された研究は、糖尿病が唾液腺の形態に影響を与えることを説明しています。唾液腺のサイズが大きくなる糖尿病性シアローシスと呼ばれる症状を引き起こします。これにより、唾液腺の機能が損なわれます。

こちらもお勧めです:糖尿病の方のための健康的なダイエットプラン

口内乾燥症の他の原因

糖尿病患者の大部分は口渇を経験していますが、この病気だけが原因ではありません。多くの要因が唾液の産生に影響を及ぼし、多くの状況が口内乾燥症を引き起こす可能性があることに注意することが重要です。

たとえば、非糖尿病関連の脱水症、そして薬物療法、特に化学療法治療で使用される薬物は口渇の症状を引き起こす可能性があります。

肝硬変、HIV、結核などの慢性疾患と同様に、高齢もしばしば口渇が起こる要因となります。シェーグレン症候群は、口内乾燥症と最も関連性の高い原因の1つです。

こちらもご参照を:脱水状態を防ぐ、自宅で作れる電解質飲料

糖尿病患者に起こる口渇の解決策

糖尿病における口渇について考えるときに大切なのは、口渇による不快感だけでなく、それが引き起こす可能性のある一連の口腔の問題について考慮することです。たとえば、虫歯や感染症、歯周病にかかるリスクが高まります。

したがって、口渇などの病状を回避および予防する予防措置を講じることが不可欠です。まず、糖尿病患者は、歯磨きに加えて、うがい薬やデンタルフロスを使用して口腔衛生を強化する必要があります。

さらに、糖分や酸性の液体は避けるのが最善です。もちろん、水分補給は不可欠ですが、水から水分を補給するのが最善の方法です。専門家による口の中の診察を受けて、可能な限りすぐに問題を修復することが大切なので、歯科医の検診を頻繁に受ける必要があります。

場合によっては、医師は唾液の流れを刺激する薬を処方します。実際、医師は人工唾液を使用することさえあります。もちろん、これらの対策は、一般的な対策が口内乾燥症を解決できない場合の対策です。

歯を磨く女性 糖尿病患者の口渇

覚えておくべきこと

糖尿病患者は口渇を経験する傾向があります。 これは、糖尿病という病気が唾液の組成と唾液腺の形態の両方を変化させるからです。

口渇を回避するには、血糖値を適切に制御してそれを維持する必要があります。 さらに、合併症の発症を軽減するためには、正しい水分補給と口腔衛生を保つ特別なケアが不可欠です。

  • Molania, T., Alimohammadi, M., Akha, O., Mousavi, J., Razvini, R., & Salehi, M. (2017). The effect of xerostomia and hyposalivation on the quality of life of patients with type II diabetes mellitus. Electronic Physician, 9(11), 5814–5819. https://doi.org/10.19082/5814
  • Escobar, Deyanira Cabrera, Luis González Valdés, and Orquídea Ferrer Hurtado. “Xerostomía en pacientes con síndrome de Sjögren.” Revista Electrónica Dr. Zoilo E. Marinello Vidaurreta 42.1 (2017).
  • Hoseini, A., Mirzapour, A., Bijani, A., & Shirzad, A. (2017). Salivary flow rate and xerostomia in patients with type I and II diabetes mellitus. Electronic Physician, 9(9), 5244–5249. https://doi.org/10.19082/5244
  • Navea Aguilera, C., Guijarro de Armas, M. G., Monereo Megías, S., Merino Viveros, M., & Torán Ranero, C. (2015, January 1). Relación entre xerostomía y diabetes mellitus: Una complicación poco conocida. Endocrinologia y Nutricion. Elsevier Doyma. https://doi.org/10.1016/j.endonu.2014.09.004
  • Xerostomía: Diagnóstico y Manejo Clínico. (n.d.). Retrieved August 29, 2020, from http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1699-695X2009000100009
  • López-Pintor, R. M., Casañas, E., González-Serrano, J., Serrano, J., Ramírez, L., De Arriba, L., & Hernández, G. (2016). Xerostomia, Hyposalivation, and Salivary Flow in Diabetes Patients. Journal of Diabetes Research. Hindawi Limited. https://doi.org/10.1155/2016/4372852
  • García Chías, Begoña. Prevalencia de los efectos orales secundarios a la quimioterapia en un hospital de Madrid y factores asociados. Diss. Universidad Complutense de Madrid, 2019.
  • MANEJO TERAPEÚTICO DEL PACIENTE CON XEROSTOMÍA. (n.d.). Retrieved August 29, 2020, from https://www.actaodontologica.com/ediciones/2001/1/manejo_terapeutico_paciente_xerostomia.asp
  • Ivanovski, K., et al. “Xerostomia and salivary levels of glucose and urea in patients with diabetes.” Contributions of Macedonian Academy of Sciences & Arts 33.2 (2012).