虫歯の原因とは?

11月 30, 2019
虫歯の原因の可能性として、ミュータンス連鎖球菌などの細菌があります。食事と衛生に気をつける必要があります。

虫歯は歯がボロボロになってしまう状態です。さまざまな要因が合わさって虫歯を引き起こす可能性になります。その要因というのは、主に食事、細菌、唾液の成分です。

虫歯は、まず歯の表層であるエナメル質を損傷させた後、歯の最も内側の部分である歯髄に達するまで徐々に進行します

虫歯の原因は、ほとんどの場合が、主にミュータンス連鎖球菌などの細菌です。この細菌は歯のエナメル質からミネラルを除去し虫歯へ繋がります。

虫歯の原因

砂糖を多く含む製品は、歯のエナメル質を破壊するバクテリアの餌になります。

虫歯はなぜできるの?

虫歯の原因になるのは細菌の存在だけではありません。他のリスクとして、例えば下記のものがあります。

  • 炭酸飲料や酸性の食事により、pH値が下がった口内
  • 砂糖を多く含む食事や、歯につきやすい食事
  • 口腔衛生不良
  • 唾液が少ない
  • 歯並びが悪く歯磨きがしにくい状態
  • 低形成(歯の硬組織形成不全)などのエナメル質の異常
  • 歯周病
砂糖 虫歯の原因

糖分の多い食事は、虫歯の原因になります。

虫歯は、エナメル質の薄化と弱体化により、チョーク状の白い斑点が歯に現れることで始まります。ミネラルが失われ続けると、この状態が悪化し、暗くて黒っぽい黄色の空洞になります。

虫歯が悪化し続けると、歯が割れてしまうこともあります。虫歯が象牙質に達すると、寒さ、暑さ、甘い食べ物に歯が非常に敏感になります。こうなったら、詰め物が必須になります。

虫歯の原因

虫歯の治療が遅れると、虫歯は進行し続けます。歯の歯髄に達すると、痛みが激しくなります。残念ながら、歯の根元で感染または膿瘍が起こる可能性があります。虫歯がこの時点に達したなら、唯一の治療方法は根管治療です。

こちらもお読みください:歯痛に最も効果的な自然療法

虫歯の予防法

虫歯を防ぐ最も簡単な方法は次のとおりです。

1.歯垢を除去する適切な口腔衛生

虫歯を予防する最も効果的な方法は、1日に少なくとも2回は歯磨きをする習慣を身につけることです。電動歯ブラシは、歯に蓄積して悪玉菌の繁殖を助けるプラークや食べカスをよく取り除いてくれます。

虫歯の原因

毎日歯を磨くのは、歯石や、その他の口腔の問題の原因となる細菌プラークの形成を防ぐのに役立ちます。

歯科医によると、適切な歯磨きの仕方を習うだけでなく、それぞれのニーズに適した歯ブラシと歯磨き粉を選ぶことがお勧めです。

こちらもお読みください:歯の膿瘍と治療法

2.フッ素配合の歯磨き粉とうがい薬を使用する

フッ素を配合したマウスウォッシュと歯磨き粉は非常に重要です。これらの使用で、歯から失われたミネラルを取り戻し、エナメル質を強化することができます。

また、マウスウォッシュと歯磨き粉は、エナメル質のミネラルを侵食する細菌に対する歯の抵抗力を高めます。

頻繁な歯磨きとフロスに加えて、虫歯を防ぐために次の追加の対策を講じることもできます。

  • 食生活の見直し。糖分の多い食べ物を減らす。
  • 年に少なくとも2回は歯医者に通う。
  • 子どもには、歯科用シーラントを使用する。

虫歯があるかも、と思ったら、歯医者に見てもらい、それ以上悪化しないように治療することを強くお勧めします。

今回ご紹介した予防策は、歯磨きに取って代わるものではないことにご注意ください。歯磨き、デンタルフロス、フッ素配合のマウスウォッシュの使用は、虫歯を防ぐための重要な習慣です。

  • Lamont, R. J., & Egland, P. G. (2014). Dental Caries. In Molecular Medical Microbiology: Second Edition. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-397169-2.00052-4
  • Lee, Y. (2013). Diagnosis and Prevention Strategies for Dental Caries. Journal of Lifestyle Medicine.
  • Moynihan, P., & Petersen, P. E. (2004). Diet, nutrition and the prevention of dental diseases. Public Health Nutrition. https://doi.org/10.1079/phn2003589