HIV治療に使われるアバカビルとその副作用

09 1月, 2020
他の薬と同様に、アバカビルは副作用を伴う可能性があるので、服用する際には注意が必要です。アレルギー反応の症状がある場合は、できるだけ早く医師に相談してください。
 

アバカビル(別名ABC)は、成人または生後3か月以降の子どものHIV/エイズの治療に使用される薬です。HIV治療を目的に調合された他の薬剤と一緒に常に投与されます。

アバカビルは、HIV/エイズの治療に使用される処方薬であり、逆転写酵素阻害剤であるヌクレオシド類似体のグループに属します。

この薬は、「逆転写酵素」と呼ばれる、エイズを生成するウイルスの酵素をブロックできるため、効果的とされます。タンパク質であるこの酵素をブロックすることによりウイルスの増殖を防ぎ、体内のウイルスの濃度を下げることが期待されます。

HIV/エイズの薬はイコール完治させる薬ではない、と留意することが非常に重要です。それぞれ患者が適切な薬の組み合わせを毎日服用することで、HIVに感染した後も長生きできるようになります。つまり、HIV治療法は、患者が急性から慢性に移行するのを助けることができますが、完全治癒とはなりません。また、毎日薬を服用することで、HIV/エイズが他の人に感染するリスクを減らすこともできます。

HIVとエイズとは

注射 HIV治療に使われるアバカビルとその副作用

アバカビルがどのように作用するかを理解するためには、アバカビルの使用に関する病気、つまりにHIV感染症またはエイズついて、基本的なことを知ることが重要です。

 

多くの人が「HIV」と「エイズ」という用語を混同しています。しかし、それらのワードの違いを知ることが重要です。

  • HIV、または「ヒト免疫不全ウイルス」は、症状が現れずとも、人体に存在することができる微生物です。このウイルスは免疫系を攻撃し、弱めてしまいます。結果として、身体が感染や他の病気から身を守る能力を徐々に失います。
  • AIDS、または「後天性免疫不全症候群」は、人が長年にわたってHIVに感染していると引き起こされます。

昨今では、HIV感染と早期に診断され、アバカビルなどのHIV薬を服用している人の大半は、長く充実した人生を送ることができます。

HIVにはどのように感染するのか

全体的に、HIVは血液または感染した体液が他の人の体内に侵入することで広がります。これは次の理由で発生する可能性があります。

  • 性行為中に避妊具を使わない、又はコンドームの破損。
  • 針を共有して薬物を注射したり、タトゥーを入れたりすること
  • 妊娠中、出産中、授乳中の母親から子どもへの感染。

こちらもお読みください:幹細胞移植はHIVを根絶することができるのか?

アバカビルの副作用

HIV治療に使われるアバカビルとその副作用
 

すべての薬と同様に、アバカビルも一連の副作用を引き起こす可能性があります。この薬を服用している場合、考慮すべき事項があります。

基本的には、次のアレルギー反応の症状に苦しんでいる場合、すぐに医師に相談し、アバカビルの服用を中止する必要があります。

  • 発熱
  • 発疹
  • 吐き気と嘔吐
  • 下痢と腹痛
  • 倦怠感
  • 息切れ
  • 咳やのどの痛み

アバカビルによる乳酸アシドーシス

上記の副作用に加えて、アバカビルは乳酸アシドーシス、つまり血中の乳酸の蓄積も引き起こす可能性があります。この状態に伴う症状は次のとおりです。

  • 痛みと筋肉の衰弱
  • 腕や脚のしびれや冷感
  • 呼吸困難
  • 胃痛、吐き気、嘔吐
  • 速い心拍
  • めまい
  • 脱力感と疲労感

肝臓の問題

肝臓 HIV治療に使われるアバカビルとその副作用

この抗ウイルス薬は、肝臓に一連の深刻な影響を引き起こす可能性もあります。したがって、アバカビルを服用していて、次の症状のいずれかを経験している場合は、医師に連絡する必要があります。

  • 胃の上部の痛み
  • かゆみ
  • 食欲減少
  • 濃い色の尿
  • 粘土色の便
  • 黄疸(皮膚および粘膜に見られる黄色っぽい色素沈着)

こちらもお読みください:性的暴行を受けた後の避妊

その他の副作用

上記の副作用とは別に、アバカビルはその他の副作用を引き起こす可能性もあります。免疫系の変化、または心臓発作や心筋梗塞のリスク増加などです。

 

免疫系におけるこれらの特定の変化は、「免疫再構成炎症症候群」または「IRIS」と呼ばれます。 IRISは、アバカビルなどのHIV薬で治療した後、免疫系が回復し始めるときに時々起こる状態です。免疫系が強化されることで、感染に対する抵抗力が高まり、それに伴って一連の症状を引き起こすことがあるのです。

まとめ

アバカビルは、HIV感染症の治療に適応される薬です。しかし、これも他の抗ウイルス薬も、この病気を完治することはできません。

これらの薬が行うことは、病が急性ですぐに生命を奪うのを食い止め、病気を慢性化させて管理しやすくすることです。その結果、アバカビルは、患者が生活の質を改善し、寿命を大幅に伸ばすことを可能にしてくれます。

 
  • Cameron, P. U., & Trubiano, J. A. (2017). Abacavir. In Kucers the Use of Antibiotics: A Clinical Review of Antibacterial, Antifungal, Antiparasitic, and Antiviral Drugs, Seventh Edition. https://doi.org/10.1201/9781315152110
  • Hughes, C. A., Foisy, M. M., Dewhurst, N., Higgins, N., Robinson, L., Kelly, D. V., & Lechelt, K. E. (2008). Abacavir hypersensitivity reaction: An update. Annals of Pharmacotherapy. https://doi.org/10.1345/aph.1K522
  • Lundgren, J. D. (2008). Use of nucleoside reverse transcriptase inhibitors and risk of myocardial infarction in HIV-infected patients. AIDS. https://doi.org/10.1097/QAD.0b013e32830fe35e