喉の痛みを和らげるハチミツ湯

9月 4, 2019
喉の痛みはウイルスや細菌が原因です。自然な緩和法もありますが、症状が良くならない場合は、必ず医師の診察を受けてその原因を特定してください。

誰もが一度は経験している喉の痛みはとても不快ですが、扱いやすい症状です。

今回の記事では、ぬるま湯と蜂蜜を使って喉の痛みを緩和する方法を学びましょう!

のどの痛みの原因

喉の痛みに苦しむ女性

喉の痛みを伴う咽頭炎は、非常に一般的な病気で、しわがれた声、咳、嚥下困難、痛みを伴う嚥下、そして場合によっては発熱などの症状を特徴とします。

咽頭炎の症状の中でも、抗生物質で治療する必要があるのはほんの数例で、通常は、喉の不快感は自然に消えるか、鎮痛剤および抗炎症による治療で緩和します。

のどの痛みの原因はさまざまで、子供の場合、連鎖球菌によって引き起こされる連鎖球菌感染症が一般的な原因です。

伝染性単核球症を発症すると、青年や成人も喉の痛みに苦しみます。

また、風邪やインフルエンザなどのウイルスも、のどの痛みの一般的な原因です。

アレルギーは、特に乾燥など大気中の水分の不足によって引き起こされる場合、喉の不快感を引き起こすことがあります。

空気の乾燥はウイルス、細菌、そしてダニなどの発生を促進するため、呼吸器系疾患は通常、寒い気候でより頻繁に現れます。

また、大気汚染や喫煙などの悪習慣が喉の痛みを引き起こす可能性があり、受動喫煙も間接的にタバコの煙の悪影響を受けて喉の痛みを発症することがあります。

ご存知ですか?:咽頭炎を自然に治す方法

喉の痛みへのハチミツの効果

多くの家庭に常備されているハチミツと温かい湯を組み合わせると、喉の痛みを和らげる自然療法薬が出来上がります。

ハチミツ湯は、美味しいだけではなく多くの利点があります。

ハチミツは食べ物や飲み物の甘味をつけるのに使われますが、実は強力な自然療法薬として幅広く利用されています。

ハチミツには、抗菌作用、抗炎症作用、保湿効果、そして治癒効果などがあるため、呼吸器系の病気や喉の痛みなどの治療に最適だと考えられます。

蜂蜜を摂取すると、喉の痛みを引き起こしている可能性がある粘液の分泌と咳を減らし、喉を保湿しながら保護します。

そのため、しわがれた声や喉の燃えるような痛みを軽減しながら、細菌と戦い感染の広がりを防ぎます。

また、喉の痛みの原因の一つである花粉症などのアレルギーを予防する効果も期待できます。

もちろん、市販の薬や医師の処方による薬もありますが、ハチミツ湯で症状の緩和が期待できます。

こちらもご参考に:喉の感染症を緩和する4つの自然療法

ハチミツ湯の作り方

喉の痛みとハチミツ

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • ハチミツ 大さじ2(50 g)

作り方

  • 水を鍋に入れて沸騰させます。
  • ハチミツを入れて混ぜます
  • 適温になったらうがいをします。
  • 喉の痛みがなくなるまで毎日、朝と夕方にこのハチミツ湯でうがいを続けてください。

喉の炎症を緩和することで痛みを和らげるハチミツ湯には、お好みでレモン果汁を加えることもできます。

喉の痛みが和らぐまでは、大声を出すのは控えてください。

さらに、手、喉、そして口内を清潔に保ち、風邪やインフルエンザをはじめとするウイルスに感染している人との接触を避てください。

喫煙者はできる限り早く禁煙をして、この悪習慣をやめてください。

1週間が経過しても喉の痛みが緩和されない場合は、必ず医師の診察を受けてください。咽頭炎ではない、何か別の感染症の恐れがあります。