性的暴行を受けた後の避妊

9月 15, 2019
性的虐待の被害者は絶対に守られる存在であり、何に変えても保護される必要があります。カウンセリング、医療支援、性感染症の可能性の診断、そして望まない妊娠に関する情報の提供は保護の一環です。

性的暴行は、被害者に多くの壊滅的な傷と結果をもたらします。

そしてこれは、場合によっては、望まない妊娠につながることさえあります。

性的暴行

性的暴行とは、本人同士の同意なしに実行される性行為または性的虐待を指します。

統計的には、ほとんどの性的暴力事件は女性の被害者と男性の加害者の間で起こっており、さまざまな年齢や性別の人々が被害を受けています。

このタイプの暴行は、被害者に深刻な短期的そして長期的な傷を引き起こし、身体的、心理的、社会的なトラウマに苦しみます。

このようなトラウマを克服するためには、専門家などによるしっかりとした支援が必要となります。

本記事で詳しくご紹介します。

「性的な暴力」という用語で概説されている3種類の暴力があります。

1.性的暴行

性的暴行を受けて泣く人

性的暴行は、相手の同意なしに行われる性的なあらゆる形態の身体的な攻撃で、暴力を使用して、他人の性的自由と安全を攻撃することです。

その中でもレイプは最も深刻な性的暴行の一つで、強姦には、加害者が被害者に強制的に口、肛門、または膣で性交させることが含まれます。

こちらもご参考に:心理的虐待が身体に及ぼす影響

2. 性的虐待

性的虐待はまた、他人の性的自由を攻撃します。

ただし、この場合、身体的な暴力や脅迫ではなく、むしろ何かを強制することで被害者を虐待します。

つまり加害者は、薬などを使って被害者の意識状態を変化させたり、精神障害を持っている人や反抗できない子供に対して、虐待行為を行うことがよくあります。

3. セクシャルハラスメント

最後に。このタイプの性的暴力は、加害者が被害者を強制し脅迫するために使用する権力や地位的に優位な立場にいる場合がほとんどです。

相手が望まない過度の身体的な接触や、性的発言、相手への圧力も含みます。

ネットいじめのように、直接的ではなくオンラインなどを通じて間接的に行う場合もあります。

テクノロジーを通じたサイバーいじめで、脅迫などを行うこともセクシャルハラスメントとみなされます。

性的暴行を受けた後の医療サポート

性的暴行を受けた後の医療行為

性的暴行事件後、すぐに医師の診察を受けることが非常に重要です。

これにより、被害者の身体的および心理的痛みを緩和する治療をすぐに開始できます。

被害者の精神状態と身体状態を全般的に診察しますが、これには婦人科検診も含まれます。

また、毒物学検査、性感染症検査、妊娠検査も実施します。

これにより、性感染症などの病気や望まない妊娠を早期に検出し、さらなる合併症を防ぎます。

STD予防

医師は発症する可能性のある性感染症を予防治療します。

これは、淋病、梅毒、クラミジアなどの病気を治療するために特定の薬を投与する場合があります。

さらに、HIVまたはB型肝炎の感染の可能性についても検査します。

できるだけ早く病気を発症しないかどうかを見つけるため、医療検査とその後のフォローアップを継続します。

また以前にB型肝炎ワクチンを受けていない場合はすぐに投与します。

こちらもご参照を:傷ついた心:心理的虐待を受けた人々の真実

妊娠を防ぐ

性的暴行から72時間以内であれば、被害者はモーニングアフターピルと呼ばれる薬を服用することで、望まない妊娠をかなりの割合で予防する効果が期待できます。

ただし、暴行から72時間から5日が経過すると、ピルの効果がなくなるため、医師は「緊急避妊薬」としてIUDを移植することがあります。

15日が経過した後は、別の妊娠検査を受けます。

最も深刻なケースでは、女性が妊娠していることに気付いた場合、妊娠中絶を行うことがあります。

中絶を希望する場合には、ある特定の時間内に実施する必要があります。

最後に、性的暴行の被害者は、メンタルヘルスの診察を受けることで、心的外傷後ストレスやその他の可能性のある障害の治療とサポートを受けることができます。

  • Masi, D. (2005). Violencia Sexual. Pediatría (Asunción).
  • ECHEBURÚA, ENRIQUE; DE CORRAL, PAZ. Superar un trauma. El tratamiento
    de las víctimas de sucesos violentos. Madrid: Ediciones Pirámide,
    2005.
  • URRA, JAVIER. SOS… Víctimas de abusos sexuales. Madrid: Ediciones
    Pirámide, 2007.
  • Salinas, S., Castro, D., & Fernandez, C. (2014). Vivencias y relatos sobre el embarazo en adolescentes. Unicef. https://doi.org/10.1002/adfm.201302091