性的虐待と強姦の違い

· 5月 7, 2018
性的虐待と強姦は同意語ではありませんが、どちらも力を使い、犠牲者の意思に反して性的行為に及ぶことを指します。

性的虐待と強姦は、同義語のように使われることもあります。本記事では、この二つの単語の違いをご紹介することで、悲しいことに現代社会で大きな問題となっている性的虐待と強姦に関して注意を喚起することを目的としています。

性的虐待と強姦のどちらにも共通するのは、被害者がトラウマと呼ばれる外傷後のストレス、自尊心や感情の低下、生涯にわたるの無力感などの後遺症や障害に苦しむことです。

ここからは性的虐待と強姦についてご説明します。

こちらの記事もご参考に:児童虐待者を見抜く方法 

強姦:相手の同意のない性行為の強制

強姦

強姦とは相手に性行為を強要することで、挿入段階までを含んでいます。強姦の被害者は、加害者による暴力や脅迫によって、自分の意志に反して性的関係を持つことになります。 強姦には、口腔、肛門、膣の3種類があります。

生殖器への挿入だけではなく、指などを含む加害者の体の一部分が被害者の体内へと挿入された時に強姦と呼ばれます。

強姦は相手の合意を得ていない、非同意の性行為であるという事実にもかかわらず、加害者は常に性的満足を求めて行なっているとは限りません。

いくつかのケースでは、強姦犯は、「自分が支配者である」という感覚を享受するためだけに、被害者を強姦したと言います。また別のケースでは、被害者の意志に反して支配するという考えに惹かれたと供述しています。

こちらの記事もご覧ください: 虐待者があなたをコントロールする7つの手段

パートナー関係における性的虐待

性的虐待

このタイトルは、ややショッキングかもしれませんが、パートナーとしての関係を築いている二人の間で性的な虐待が行われることがあります。

この場合、必ずしも目に見える物理的な力としての支配や、言葉の暴力が示されるわけではありませんが、代わりに、相手を騙す巧みな行動と心理操作が使われます。

虐待者は常に、相手を自分が望む方法で行動させることを目指しています。 例えば、虐待者は被害者に、外出先でも常に写真を撮って自分に送ってくるように命令することがあります。また性的虐待者は、被害者を脅かすために、相手に触れたり撫でることがありますが、相手が望んでいない場合は、それはまぎれもない性的虐待です。

性的虐待とパートナー関係のつながりとは?

例を挙げると、パートナーから強制的に性行為をさせられる場合です。

また「ステルス」と呼ばれる性的虐待があります。これは、性行為そのものには合意した二人が性交渉中に、相手に気づかれないようにコンドームを取り外すことを指します。

これはまぎれもない性的虐待の一例です。

性的虐待と強姦は必ずしも性的倒錯ではない

性的倒錯

連続的に性的虐待や強姦を犯す加害者が、性的倒錯(パラフィリア)と分類される可能性がありますが、実はそれよりも深刻な問題を抱えてるケースがほとんどです。

子ども時代に虐待を受けて育った場合、自分が大人になってから子供を傷つけたり、暴力を利用して他人を虐待することが多いと言われています。

自分が何らかの幼児期のトラウマをはじめとする問題を抱えていたら、臨床心理士のカウンセリングを受けるなど、健康的な方法で治療する方法がありますが、その方法を知らない人々が加害者になることがあります。

これは、自分が受けた虐待の悪影響や苦しい思い出を否定する傾向があるために起こります。しかし、自分の中では影響を受けていないと感じても、どこかにその問題は残っています。

現在、強姦の刑罰は重大な懲役刑となることがほとんどですが、性的虐待は、特定の場合の虐待の種類に応じて、数年の懲役刑を執行するだけだと言われています。

性的虐待や強姦の被害者は、臨床心理士や精神科医の助けを借りて様々な治療を受けているにもかかわらず、回復に何年も必要とすることがあります。またこれまでは問題がなかった他人との関係や日常生活にも影響を及ぼしで、これまでのような生活を送ることができなくなっている被害者も多く存在します。

一部の被害者は、自分の経験を完全に克服することはできません。 強姦や性的虐待といった弱者への性的な暴力は、彼らの人生に悪影響と深い傷を残す、許されない行為です。