心筋梗塞について知ろう

· 8月 31, 2018
心筋梗塞は心臓の筋繊維が死ぬことです。これは、とても死亡率が高い病気なので緊急の医学的措置をとらなければいけません。

心筋梗塞は死亡率が高く、医学的措置を素早く取らなければならない緊急事態であることに加え、ガンの主な原因の1つでもあります。

心筋梗塞は心臓の筋繊維が死ぬためにつけられた名前です。

心電図では、心筋梗塞は次のように分類することができます。

  • STセグメント上昇型
  • 非STセグメント上昇型

もちろん、この分類は患者に施す治療アプローチを決定するものなので、非常に大切なことです。

心筋梗塞の疫学

心筋梗塞

世界では、年間約1300万人が心疾患によって死亡しています。

一般的に、この病気は女性よりも男性の方がやや多く、ヨーロッパでは男性の1/6、女性の1/7が心筋梗塞で死んでいると言われているのです。

リスク要因について

まず、心筋梗塞のリスクを高める原因は様々なものがあります。中には、簡単にやめることの出来る有害な習慣もあるでしょう。

そして、最も関連性の高い要因は以下のものがあります。

こちらの記事もオススメです:

男性と女性における心臓発作の違い

心筋梗塞はどのようにして起こるのか?

全体的に、最も一般的な原因は血栓による冠状動脈閉塞です。これは、ほとんどのケースで動脈に脂肪が蓄積しているために起こります。

  • まず、粉瘤(アテローム)の蓄積が壊れて、血液中を移動します。
  • その後、最終的に冠状動脈に到達して、動脈を塞いでしまいます。
  • その為、心臓への血流が乱れるのです。

場合によってはごく稀に、この血栓が過剰な血液の凝固によって引き起こされる可能性もあります。また、大動脈解離や先天性の異常、そして外傷などが含まれるでしょう。

心筋梗塞を知るには?

心筋梗塞の図

心筋梗塞の症状は一般的にもよく知られているでしょう。それでも、確実に心筋梗塞と判断するには、様々な臨床的な条件を満たす必要があるのです。

その条件は以下のようなことが挙げられます。

  • 心臓発作の症状
  • 心電図での証拠
  • 冠動脈の血栓
  • 化学検査による心臓損傷の確認

 

こちらの記事もどうぞ:

女性のための心臓発作の防ぎ方

心筋梗塞のサインと症状

  • 胸の痛み:この痛みは突然、そして長い(大抵30分以上)ものです。また、非常に強い圧力を胸の中心に感じるでしょう。そして、それは左腕や肩、そして首や顎にまで及びます。
  • 激しい発汗
  • 顔が白くなる
  • 息切れや呼吸困難
  • 苦しい感覚
  • 極端な重みの感覚

特殊なケース

心臓発作

心筋梗塞はいつも胸の痛みとして現れるわけではありません。もちろん、胸の痛みは最も一般的ですが、高齢者や糖尿病患者だと異なる症状がみられます。

  • 痛みの無い心筋梗塞(30%):これは、原因不明の重度の衰弱や発汗、吐き気、嘔吐、息切れなどの症状は現れますが、痛みはありません。
  • 特殊な特性を持った心筋梗塞:ある患者は腹部や首、そして顎に痛みを感じることがあります。これは比較的に稀ですが、急性の腹痛を感じた患者は心電図で心筋梗塞かどうか確かめる必要があります。

心筋梗塞を患った人の心電図について

心電図の変化は、心臓に変化が見られる瞬間に変わります。言い換えると、心筋梗塞が起こると、心電図にも変化が見られるということです。

それでも最も特徴的な心電図の変化は以下のとおりです。

  • T波が尖り、高くなるような変化を見せます。これは、心内膜下虚血を示します。
  • STセグメント上昇型の心筋梗塞では、心電図が1mm以上上昇し、非STセグメント上昇型だと、心筋梗塞で見られるその他の心電図の変化が現れます。
  • 最後に、Q波が見られ、これは細胞の壊死を意味します。

しかし、心電図に異常が見られないのに親交側の症状を持つ患者もいるので、どのような場合でも心筋梗塞の可能性を排除すべきではありません。

生化学マーカーとは?

生化学マーカーは血液中で検出することの出来る分子を指します。ある特定の状況では、この分子の濃度は徐々に増加、または減少するのです。そして、これは診断目的で使用されています。

心筋梗塞の場合だと、使用される生化学マーカーは筋繊維が死ぬと放出されるタンパク質です。そのタンパク質は以下のようになっています。

  • ミオグロビン
  • CPK-MB
  • トロポニン

トロポニンは、心臓細胞によって独占的に放出される唯一の物質で、他の2つのタンパク質は心臓細胞や他の筋肉繊維の両方によって放出されます。トロポニンが心筋梗塞診断の最も特別なマーカーである理由はこのような特徴があるからなのです。

診断について

診断について

心筋梗塞は非常に細かな病歴の詳細と全体的な身体検査を使用して診断されます。

これは最も貴重なツールでもあり、心筋梗塞を患っている可能性のある患者のためには心電図の使用を一刻も早く行うべきなのです。

さらに、医師は生化学分析と共に、手術などの医療措置を含む検査、または含まない検査の両方を行うことがあります。

心臓超音波を使った検査は比較的に早いので、最も良い方法と言えるでしょう。一方、手術などの医療措置を含む検査では、冠動脈造影検査が良い方法と言われています。

心筋梗塞の治療

治療の目的は、梗塞の縮小、そして可能性のある合併症の早期診断と治療が挙げられます。

また、全体的に患者の30%が心筋梗塞から1時間以内に死亡しているので、一刻も早く治療を行う必要があります。そして、最も一般的な原因は心室細動と呼ばれる、心臓の心室が小刻みに震えて全身に血液を送ることができない状態です。

一刻も早いケア

  • まず、バイタルサインのモニタリングをします:心拍数や呼吸数、酸素飽和度、そして血圧などをチェックします。
  • 続いて、体力と体液の管理をします。
  • 飽和が95%未満である場合、鼻腔カニューレで酸素を送ります。
  • モルヒネや不安緩和剤による痛みと不安の管理をします:不安と痛みは心臓の仕事量を増やし、梗塞のサイズを大きくしてしまうのです。
  • 抗凝固薬の投与:P2Y12阻害剤を含むアセチルサリチル酸を投与します。(250mg)
  • そして、血圧をコントロールするβ遮断薬の投与をします。
  • また、心臓の周波数を制御するためのアトロピンも与えます。

血流再会治療

全体的に、このタイプの治療は閉塞動脈を再度開通することに基づいています。患者は最初の12時間でこの治療法からの効果を得ることが出来ると言われています。

これを行うには2つの方法があります。

  • フィリップ溶解薬の投与:診断後の最初の2時間以内に血管形成が可能でない場合にこの方法が使用されます。薬物を投与した後、患者は血管形成を受ける為に、特別な施設に送られます。
  • 緊急の血管形成:これは、診断の最初の2時間以内に処置が可能な場合に選択される方法です。