幹細胞移植はHIVを根絶することができるのか?

7月 2, 2019
HIVの深刻さとその治療の難しさ、そしてそれを取り巻く問題などは多くの人に認知されていますが、最近になって、HIV感染者への治療法を変える方法ができるかもしれないという発見がありました。

ここ数年で、HIVの治療は大きな一歩が踏み出しました。

スペイン人科学者のグループは、6人の患者から検出不可能なレベルまでHIVウイルスを減らすことに成功しました。

これは絶対的な治療法の発見ではありませんが、HIVを根絶するための大きな突破口となる可能性があります。

本記事では、その発見にいたったプロセスの概要をご紹介します。

アナルズ・オブ・インターナル・メディシンは、科学界だけでなく一般の人々にも衝撃を与えた発見を発表しました。

この発見が衝撃的な理由

これまでにも、HIVを根絶するための治療法は数多く提案されていますが、そのほとんどが効果的であると証明されていません。

しかし今回の発見はこれまでとは違うようです。

バルセロナのIrsiCaixaエイズリサーチとマドリードのグレゴリオ・マラニョン病院の科学者が、幹細胞の移植を通じて、6人の患者からHIVウイルスを減らすことができたと発表しました。

これらの研究結果はどの程度正確なのでしょうか?

早速見ていきましょう。

HIVウイルスは検出不可能なレベルまで減少

血液の検査

この研究における移植は、臍帯および骨髄幹細胞を使用し、骨髄幹細胞が最も効果的であることを証明しました。

手術を行った科学者らによると、移植後、罹患した患者の血液や体組織にウイルスの痕跡は検出されず、そのうちの1人は抗体がなくなっていたため、ウイルスが根絶される可能性があることを示しています。

こちらもご参照を:まもなく治験されるHIV/AIDSワクチン

幹細胞以外では、移植を完了するのに必要な時間も重要な要素です。

体内にウイルスを保有していた患者の一人で、臍帯幹細胞を投与された患者は、治療が完了するまでに18か月かかりました。

この研究の参加者は、抗レトロウイルス治療を継続していますが、多くの人がこの研究が新しい形のHIV / AIDS治療への道を開いたと考えています。 

つまり、この実験そのものは成功したと言えますが、HIVを根絶する治療法がすでに発見されたという意味ではないことに留意してください。

絶対的な治療法の発見にはまだ長い道のりがありますが、この実験は新しい治療法の発見に関わる研究を先導する可能性があります。

こちらもご覧ください:抗体って何?

この研究結果はHIVを根絶するための第一歩ですか?

今まで、HIVウイルスを治療することは科学界では不可能と考えられていました。

血液中で休眠している感染細胞からなるウイルスの「貯蔵庫」は、HIVの治療を困難にしてきました。

そしてこの「貯蔵庫」の存在が、様々な薬や治療法の試みでも良い結果をもたらしませんでした。

しかし今回の研究はこれまでとは違い、幹細胞移植後7年が経過しても、5人の患者はこれらの休眠貯蔵庫のどれもなく、5人のうちの1人は移植時に感染細胞と戦うための抗体を持っていませんでした。

ウイルスが将来的に再発しないことを確認できますか?

バルセロナのIrsiCaixaの研究者マリア・サルガード氏によると、患者は抗レトロウイルス治療を中止し、ウイルスが再発するかどうかを確認する必要があります。

まさにこの研究の次のステップです

医師や研究者の管理と検査の下で、他の免疫療法治療が使用され、患者はウイルスが再発するかどうかを確認するために観察が続けられます。

ティモシーブラウンの感動的なケース

ティモシーブラウン

2008年、ティモシーブラウンは白血病を治癒するために幹細胞移植を受けましたが、この時に医学の進歩が起こりました。

幹細胞ドナーには、CCR5 Delta 32と呼ばれる異常な遺伝子変異があり、この特異性がHIVウイルスによる特定の血球に対する耐性をもたらしました。

ティモシーブラウンは、白血病以外にもHIVウイルスに感染していましたが、移植後、HIVウイルスは根絶され、歴史上最初のHIV治癒患者となりました。

この発見の後、グレゴリオ・マラニョン病院の血液専門医などをはじめとする研究者は、HIV感染者の治療法を見つけるために同様のプロセスを試すことに専念しました。

ティモシーブラウンの場合とは異なり、研究者らはCCR5 Delta 32変異を持つドナー細胞を使用しなかったため、これはウイルスの消滅に影響を与える他の要因もあることを意味する可能性があります。

今回の研究は明らかに、医学的な突破口の可能性を示していると言えるでしょう。

長年の失敗を経験しているHIVウイルス治療に関する研究は、その新しい道を見つけたかもしれません。

世界中の人々は、これまで難病だと考えられてきた病気やウイルスに対して効果的な治療法を提供することを願っています。

  • Annals of Internal Medicine. (2018). Mechanisms That Contribute to a Profound Reduction of the HIV-1 Reservoir After Allogeneic Stem Cell Transplant. DOI: 10.7326/M18-0759
  • Brown, T. R. (2015). I Am the Berlin Patient: A Personal Reflection. AIDS Research and Human Retroviruses. https://doi.org/10.1089/aid.2014.0224