髪を洗う頻度を少なくするコツ9選

· 5月 4, 2018
髪が汚いと、それが不快に感じられ、もっと頻繁に洗おうとしてしまうものです。しかし、頻繁に洗うからと言って、髪が長い間清潔に保たれるというわけではありません。この記事では、髪を清潔に保つ方法をご紹介します。

美容の問題で最も不快なものと言えば、髪が不潔であることです。髪は人のイメージの中でも一番目につきやすい部分なので、不潔だと自分に自信がなくなったり、落ち着かなくなったりすることが多々あります。それでも思うほど頻繁に髪を洗う必要はありません。

この記事を読んで、より長く髪を清潔な状態にするために、髪を洗う回数を減らす方法を学びましょう。

1. 沸騰したお湯、またはフィルター濾過されたお湯で髪を洗う

髪を洗う頻度を減らすためにお湯を使う

髪をより長く清潔な状態に保ち、頻繁に洗わなくてもよくするために、まずは、髪をすすぐ時に沸騰したお湯かフィルター濾過された38度くらいのお湯を使うことです。

2. ヘアケア用品を使い過ぎない

ドライシャンプーやヘアスプレー、ヘアジェルといった商品や、ケラチンなど髪の外見を良くする製品は髪をすぐに汚してしまいます。

そこで髪を洗う頻度を少なくしたければ、こうした製品はを1週間に最大1、2回、少量使うようにする必要があります。

3. ブラシはあまり使わず、櫛を使う

髪を洗う頻度を減らすためにくし

信じられないかもしれませんが、ブラシでとかしすぎた髪は清潔に見えず、輝きもありません。事実、髪は触れば触るほど、汚れていきます。

ですから、髪をとかすのは最高でも1日に2,3回、できればブラシではなく櫛で髪をとかしましょう。そうすることで、枝毛が少なくなり、髪がより健康で輝いて見えるようになります。

4. スタイリングムースを使う

髪を極自然な状態に保つには、ヘアスプレーやジェルではなくスタイリングムースのような製品を使いましょう。ヘアスプレーやジェルを使うとムースよりも汚れがずっとひどくなります。

5. 硫酸エステル抜きのシャンプーで髪を洗う

髪を洗う頻度を減らすためのシャンプー

SLSとしても知られるラウリル硫酸ナトリウムは、シャンプーの添加物として使われている毒性のない物質です。ラウリル硫酸ナトリウムは、頭皮の乾燥の原因となり、場合によっては髪の油分分泌を増やすことが知られています。もしそうした症状が当てはまる場合は、SLSのような原料が含まれていないシャンプーを選び、ヘアマスクやヘアオイルを説明書通りに使いましょう。

また、様々な天然原料を使って自家製のヘアトニックやヘアマスクを作り、試すのもよいでしょう。

こちらも参考にして下さい:

自家製オーガニックシャンプーの作り方

6. 温度を下げる

ヘアドライヤーやヘアアイロンを頻繁に使うと髪が傷み、すぐに見栄えが悪くなってしまいます。こうした状態を防ぐために、ヘアドライヤーやアイロンの温度は65度~80度の間くらいにまで下げるようにしましょう。

7. 頭皮のピーリングトリートメントをする

髪を洗う頻度を減らすために

頭皮のピーリングトリートメントを時々行うことで、死んだ皮膚細胞や不純物を取り除くことができる他、毛包を丈夫にして、より強く健康な髪にすることができます。

こちらの記事もお勧めです:

力強い髪の成長を促進する天然トリートメントの作り方

8. 枕カバーを替える回数を増やす

髪が汚れる頻度が増える原因の一つには、同じ枕カバーを何日も使うことが挙げられます。

枕カバーは、肌の油分を吸収するのと同じように、髪の油分や整髪料なども吸収します。その結果、細菌や不純物で覆われたものとなってしまいます。そこで少なくとも1週間に1度は枕カバーを替えることが肝心です。

9. 冷気や日光から髪を守る

髪を洗う頻度を減らす

最後に、気温が低い冬や逆に高くなる夏に髪を守る必要があります。これは、そうした気温の状態が頭皮の油分生成を刺激し、毛根の脂が多くなる原因となるからです。

この問題への最善の対処法としては、帽子をかぶることです。帽子が夏には高い気温から、冬には冷たく凍るような気温から髪を守ってくれます。そうすることでより健康で輝かしい髪を手に入れることができます。