【実存的うつ】生きる意味がわからなくなるとき

知的能力の高い人は、非常に特殊なタイプのうつ病に苦しむことがあります。人生には何の意味もなく、世の中には不正が蔓延していて、生は有限で、自分は真の自由のない孤独な存在だと感じているときに現れます。
【実存的うつ】生きる意味がわからなくなるとき

最後の更新: 12 2月, 2021

実存的うつ病は、あまり知られていませんが、再発する心理状態です。その特徴のいくつかは、期待に応えられない、人生は無意味である、世界は不公平で不平等に満ちている、と感じていることです。

実存的うつ病という言葉は、奇妙に聞こえるかもしれませんし、臨床的な観点から見ても一見わかりにくいものです。確かに、DSM-V(精神障害の診断・統計マニュアル)には載っていないし、診断されたことのある人を知らないかもしれません。しかし、これは一般的な心理状態であり、中には苦しんでいる人もいるということを知っておく必要があります。

実存性うつ病の歴史

2012年、ロバート・シューベルト博士による研究European Psychiatric Association(欧州精神医学会誌)に発表され、ある重要な事実が浮き彫りになりました。それは、社会には、通常のうつ病治療に反応しない人がいて、これは性格のタイプや高い知的能力に関係している可能性がある、ということです。

一部の人たちは、深い問いを自問し、一種の異常な苦しみを感じ、自らを特殊な精神世界へ追い詰めることがあります。世の中の行く末についての不安や、人生の本当の意味を見つけられないことへの悲しみは、非常に特殊なタイプのうつ病の症状である可能性があります。

実存性うつ病の歴史 精神疾患
実存性うつは、知能の高い人に見られます。

実存的うつの定義、症状、原因

このタイプのうつ病は、セーレン・キェルケゴールやフリードリヒ・ニーチェのような学者らが語っていたことに遡ります。彼らは、自由の原則、個人や個人の責任、人間の孤独、実存的苦悩の非常に古典的な概念について語った人たちです。

「実存的苦悩」とは、未来への恐怖、決断の重要性、期待通りにならないことへの恐怖を指しています。ではこれがどう「実存的うつ」と関係しているのでしょうか?

かなりの関係性があります。この心理状態を最も研究してきた人物の一人が、心理療法士であり、スタンフォード大学の精神医学の名誉教授でもあるアーヴィン・デイヴィッド・ヤロームです。彼の最も注目すべき著作の1つは、「Existential Psychotherapy(実存的心理療法)」という本です。

その中で彼は、このタイプのうつ病の患者が示す主な特徴について語っています。読めばわかりますが、先に挙げた、哲学における実存主義の代表的人物らが当時伝えていた考え方と非常によく似ています。

実存性うつ病の症状

どのタイプのうつ病も、多次元的で複雑な現象です。それぞれの人が異なる方法でうつ病を経験し、一般的には、不安などの他の障害と関連していることが多いです。実存的うつの場合は、非常に特殊な特徴があります。下記に例をいくつか挙げました。

  • 意味を見失う。自分の存在に意味を見いだせず、超越的で、本物で、心を豊かにするものなど何もない空虚な場所に生きているかのように感じる。
  • 周りが自分を理解していないと感じる。孤独に感じ、世界で独りぼっちに思う。
  • 充実感を感じない。創造的、職業的、人間的、社会的な成長を促進する仕組みがないため、世の中は制限だらけだと思う。
  • 社会の不公平さによる苦しみ。不公平と自由の欠如のせいに思う。
  • 死について頻繁に考える。人間の儚さについての思考。
  • 自殺願望もこのタイプの精神障害ではよく見られる。
  • 身体的症状。疲労困憊、不眠、過眠、摂食障害など。

知的能力の高い人に多いタイプのうつ病

実存的うつ病は、精神科医のカジミエシュ・ダブロフスキー(1902〜1980)が開発した理論に統合されています。このアプローチは、「積極的分離」と呼ばれ、次のような説明に基づいています。

  • 人は5段階の個人的な発達段階を経る。
  • しかし、人口の約70%は最初の3段階を超えない。これは、社会が定めたガイドラインに従いながら少しずつ自分の居場所を見つけて順応していくまでの発達のことを指す。
  • 30%が個人の発達のピークに達する。しかし、達することでより多くの知恵や幸福をもたらすどころか、実存的な危機に陥る。社会が期待していることに自分は当てはまらないと感じる。
  • これがダブロウスキーが「積極的分離」と呼んだもので、言い換えれば、そのレベルに達した人は、自分自身を再構築し、分離し、再び自分自身を構築しなければいけない、ということ。
  • しかし、しばらくの間は、自分自身を疑い、苦悩を感じ、自分を取り巻くものに意味を見いだせなくなるのが一般的。
  • この種の苦しみはIQの高い人に多く、知能の高い男女が最も頻繁に実存的なうつ病に悩まされている。
知的能力の高い人に多いタイプのうつ病 実存的うつ
人生に意味がない、と思うのは、実存的うつを持つ人に見られる症状の1つです。

治療方法

実存的うつ病は治療できるのでしょうか? 他の気分障害と同様に、実存的うつ病も治療可能です。

一般的には、治療方法を個別化し、患者のニーズを個別に考慮することが重要です。実際、患者によっては、心理療法に加えて、薬物療法(抗うつ薬)が有効な場合もあります。では、知的能力の高い人でうつ病に悩む人は、どのようにして治療すればよいのでしょうか。

  • 認知行動療法は非常に良い方法です。認知行動療法は、思考をよりポジティブな方向に向けることで、人生に新たな意味を見出すことができるようにする方法です。また、達成可能な目標を設定するのにも役立ち、将来に向けて再びワクワクするようになります。
  • ネガティブな感情や複雑な感情の影響を軽減するために、感情の管理に取り組まなければなりません。苦悩やネガティブな感情の負担をかけずに、患者が成長し続けられるようにすることが目標です。
  • アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)。このアプローチでは、世界は必ずしも自分の思い通りになるとは限らないことを患者に理解してもらいます。苦しみで無気力になるのではなく、不確実性、矛盾、不公平をすべて受け入れることを学び、一連の価値観や目標を設定することにコミットしなければなりません。

こちらもお読みください:うつ病の隠れた兆候

広く知られていない状態だとしても、実存的うつは対処すべき

要するに、診断マニュアルに実存的うつが載っていなくても、それに苦しむ人の幸福を諦めないための有効な治療法はあるということです。受診が難しい場合もあるかもしれませんが、周りの世界に対する気持ちが、助けを求めようとする原動力になることでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
【あなたの友達は大丈夫?】うつ病サインに気づくには
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
【あなたの友達は大丈夫?】うつ病サインに気づくには

もし 友達 が うつ病 になったら気づけますか? 世界保健機関(WHO)のデータによると、うつ病は世界的に一般的に見られる病気です。事実、3億人以上の人が罹患しており、2020年までには先進国で疾患する病気の第一位になると言われていました。世界的に蔓延していることを考えると、うつ病が私たちの身...



  • Dabrowski, K. (1966). The Theory of Positive Disintegration. International Journal of Psychiatry, 2(2), 229-244.
  • Webb, J. T., Meckstroth, E. A. and Tolan, S. S. (1982). Guiding the Gifted Child: A Practical Source for Parents and Teachers. Scottsdale, AZ: Gifted Psychology Press, Inc. (formerly Ohio Psychology Press).
  • Marjorie Battaglia; Sal Mendaglio; Michael Piechowski (2013). Ann Robinson; Jennifer Jolly (eds.). Kazimierz Dabrowski – A Life of Positive Maladjustment (1902-1980)A Century of Contributions to Gifted Education: Illuminating Lives. London: Routledge. pp. 181–198.
  • Rodríguez, Magda Yaneth Acevedo, and Leidy Mayerly Gélvez Gafaro. “Estrategias de intervención cognitivo conductual en un caso de depresión persistente.” Revista Virtual Universidad Católica del Norte 55 (2018): 201-217.
  • Sidoli, Mara (1983). “De-Integration and Re-Integration in the First Two Weeks of Life”. J. Anal. Psychol. 28(3): 201–212.
  • Yalom, I. D. (1980). Existential Psychotherapy. New York: Basic Books.
  • Skrzyniarz, Ryszard. “Lublin teachers, lecturers and masters of Kazimierz Dąbrowski: discovering the biography.” Polska Myśl Pedagogiczna 5.5 (2019).
  • Luciano, Carmen, et al. “Dificultades y barreras del terapeuta en el aprendizaje de la Terapia de Aceptación y Compromiso (ACT).” International journal of psychology and psychological therapy 16.3 (2016): 357-373.