自宅で足を鍛える方法

· 12月 27, 2017
ご自分にあった適度な運動を心がけましょう。やりすぎは怪我や痛みの原因となります。

ジムに毎日行くというのは、誰もが出来る事ではありません。ですから自宅で出来るエクササイズの方法を学びましょう。

少しでも運動をしていく事が大切です。ジムに行けないというのは、運動が出来ないという理由にはなりません。運動はどこででもできます。

多くの人が自宅で出来る運動法を探しています

自宅ですれば外の天気を気にしたり、着ていく服に悩む必要がありません。心地よい環境でエクササイズすることが出来ます。

これからご紹介するエクササイズ法を自宅で試してみてください!

自宅で足を鍛える

下半身を鍛えるのに、ジムにある機械はとても有効です。ですが実際本当に必要なものは、やる気とスペースです。

例えあまりやる気が出ないとしても足を鍛えることの大切さを知っていれば、日常的に鍛えることが出来るはずです。

運動用のマットレスがあるとなお良いです。もしなければラグなどの上でしましょう。

こちらの記事もご覧ください:足を引き締めるベストエクササイズ

 

自宅で簡単にできる足を鍛える運動

足

ジムのような機械があるわけではないので、ボディウエイト(自分の重み)を使ったトレーニングをおススメします。

以下がその例です。

四頭筋を鍛えるシーテッドクアドリセプス

四頭筋

これは簡単で効果抜群、椅子を使った運動です。

・椅子に座り足を揃えます。背中はまっすぐ、手はサイドに置きます

・片方の足(利き足が最初)を前方に床に付けないよう真っすぐ伸ばします。

・足を浮かせたまま膝を曲げたら、足を床に付けて元の位置に戻します。

・もう片方の足もします。

臀筋を鍛えるスクワット

スクワット

足を鍛えるのに忘れがちなのが、臀筋を鍛えることです。

臀筋は足ではありませんが、足の動きに関係しています。強い臀筋は怪我を阻止し、下半身の筋肉の体節をサポートします。

お尻周りを鍛えるにはスクワットが一番です。

姿勢

通常のスクワットの立ち方です。

・足先と膝は外向きにして立ちます。

・足は肩幅に開きます。

背中をまっすぐにして前を向きます。

実行

・膝を曲げてお尻は後ろに突き出します。

・手でバランスを取ってください。落ち着いてゆっくりとした動きでしてみて下さい。

・セット回数などはご自分の筋力や目的に合わせて決めてください。

こちらの記事もご覧ください:魅力的なヒップのためのベストエクササイズ

外転筋を鍛える

外転筋

外転筋のある内側の筋肉もまた大切な部分です。他の筋肉と同様しっかりと鍛えましょう。

姿勢

足をサイドに出すだけのスペースがあれば、リビングでもどこででも出来ます。

・まっすぐに立ちます。頭も足も前方をむいています。

・実行する際、手で足の動きをサポートしましょう。

実行

・利き足から始めます。サイドに出来るだけ高く足を上げます。

ゆっくり降ろして元の位置に戻します

もう片方もします

スクワット同様、セット回数などはご自分の筋力と目的に合わせて変えてください