家でできる簡単なセルライト対策

· 12月 1, 2015
セルライトのケアをする前に、まずはセルライトがある部分をマッサージして、蓄積された毒素を排出し、脂肪をほぐして、角質をケアすることが大切です。

セルライトは消すことができますので、もうセルライトと一生付き合っていくのだろう、などとあきらめないでください。そして、あなたのお財布を空っぽにするような、高額なセルライト対策の商品に、お金をたくさん費やすのも意味のないことです。セルライトを消すために効果的な、たくさんの自然療法があるのですから。

この記事では、家庭でできる効果的なセルライト対処法のために必要なことをご紹介します。しかし、忘れてならない大事なことは、これらの自然療法の正しい効果を得るためには、セルライトができている部分の肌の角質を、あらかじめ完全に除去しなければいけない、ということです。

セルライトができている部分の角質除去を頻繁に行うことは、蓄積された皮下脂肪をほぐし、毒素を排出するのに役立ちます。脂肪と毒素は血液に吸収され、体はそれらを除去します。

つまりあなたに伝えたいのは、家庭で行うどんなセルライト対処法も、角質除去マッサージと一緒に行う必要があるということです。

ステップ1:角質除去

 

hechima

このステップは簡単です。必要なものは、セルライトがある部分に塗りこむための、少量のオリーブオイルかヒマワリ油のみです。オイルを塗って15分間そのままにし、あなたが耐えられる範囲でできるだけお湯を熱くしてシャワーを浴びてください(体にクモ状静脈か静脈瘤がある場合は、熱いお湯を使うのはやめましょう)。刺激の少ない石鹸と、ヘチマか、天然の毛で作られたブラシを使って、セルライトがある部分をこすり洗いしましょう。

この角質除去マッサージは死んだ肌細胞を除去し、毛穴を開かせ、セルライトのケアに使うオイルが皮膚の層により浸透する手助けをします。角質除去の後は必ず保湿をすることを忘れないでください。オリーブオイルやローズヒップオイルのように、肌を活性化する効果のあるオイルを使うのが理想的です。

ステップ2(その1):レモンとオリーブオイル

 

oriibuoiru数個のレモンの皮をむき、その皮をジャーに入れ、皮が浸るくらいにオリーブオイルを入れてください。ジャーに蓋をして、暗く涼しい場所に一週間置いてください。 ジャー(またはびん)は、中身が別の付着物で汚れることがないよう、前もって消毒しておいてください。

 

一週間後にふたを開けて、ジャーの中身を漉し、それを薄めるために、少量のピュアオリーブオイルを加えてください。

 

レモンはその収れん効果による高い腐食作用があり、にぴりぴりした刺激を与えるため、常に薄めて使う必要があります。また、柑橘系オイルは感光性があり、それを塗った皮膚は直射日光にさらされたときに日焼けしやすくなるため、必ず夜に使用してください。

 

ステップ2(その2):アボカドの種

 

abokado-tane
アボカドの種を使って、セルライト対策のオイルを作ることもできます。4つの大きなアボカドの種を小さくカットしてください(小さければ小さいほど良いです)。種はとても硬いので、フードプロセッサーを壊さないように、できるだけ細かくカットする必要があります。フードプロセッサーが無い場合は、チーズおろし器を使っても良いです。

 

カットした、あるいは砕いたアボカドの種をジャーに入れ、オリーブオイルかアーモンドオイル、またはヒマワリ油を加えてください(あなたの好きなオイルか、手元にあるオイルなら何でも結構です)。これにカバーをかけて、暗く涼しい場所に3日間置いてください。3日経ったら、カビが生えるのを防ぐために冷蔵庫に入れましょう。

 

ステップ3

最後のステップは、これらのオイルのうちのいずれかを使って、セルライトがある部分を数分間ケアすること、そして頻繁に繰り返して行うことです(少なくとも週に1回は行いましょう)。