セルライトの対処法

7月 24, 2015

セルライトとは、身体の特定の部分に脂肪細胞が蓄積して、小さなかたまりになったものです。この場合、結合組織には水と除去されなかった毒素があふれています。このあふれた状況がどんどん濃くなっていき、コブや異常や肌荒れにつながっていきます。セルライトが発達するのは、あるホルモンの働きに対する反応であることがあります。

最もよく知られている種類のセルライトは、その肌の見た目から『オレンジの皮(Orange Peel)』と呼ばれています。

 

セルライトは病気なの?

一般的に、セルライトは病気として扱われず、むしろ皮膚の下で起きた循環の異常として捉えられます。セルライトは、初潮を経験した後の女性にできるのが最も一般的です。それ自体に健康上のリスクがあるわけではありませんが、セルライトは美容上の問題として考えられ、その肌の見た目が人々を悩ませます。

セルライトができる原因は?

セルライト

セルライトができることに直接影響を与える特定の要因には、以下のようなものがあります:

  • バランスが悪く、栄養が不足した食生活
  • 運動不足や座りがちの生活
  • 循環の問題
  • 過体重
  • 家族歴

どう対処したらいいの?

クリームや美容製品を売るお店はたくさんありますし、手術をしたりセルライトに効くマッサージをしてくれる場所もありますが、とにかく覚えておいて頂きたいのは、セルライトに対処する最も有効な方法は、それが最初に現れた時に対処を始めるというものです。この『戦い』の最優先事項は、あなたの座りがちな生活スタイルを止め、日常的に運動するようにすることです。また、適切な食事のコントロールを行うようにし、食物繊維が豊富でバランスのとれた食事を摂ることによって、循環システムを向上させ、セルライトが大きくなるの防げます。タバコを吸わないことも同じように大切です。

何をすればいいの?

ぶどう

次にあげる食べ物を食事の中に取り入れることを強くオススメします:

  • マメ科の植物:特に大豆はホルモンのバランスを整えるのに役立ちます。
  • 小麦の全粒粉:毒素を除去するのに役立ちます。
  • 利尿作用のある食べ物:ぶどう、メロン、桃、アスパラガスなど
  • プリムローズ(マツヨイグサ)このオイルは特定のホルモンの変化を調整するために役立ちます。

また、運動を始める時には、最低でも週に3回は行い、以下のようなメニューを行ってください。

  • 15分から30分の心肺機能を高める運動
  • 1日は、太ももの後ろ側の筋肉(ハムストリングス)の運動をする
  • 別の日は、脚の内側と外側の筋肉(内転筋と外転筋)の運動をする
  • 次の日は、脚の正面の筋肉(大腿四頭筋)とふくらはぎの運動をする
  • 体調によっては、腕や腹筋の運動も週3回やることができます

避けるべきものは?

ハンバーガー

特に次のような食べ物を食事で摂ることを避けましょう:

  • アルコール飲料は毒素の蓄積を促進します
  • バター、牛乳、ハムやソーセージに含まれる飽和脂肪酸
  • 砂糖にはビタミンやミネラルは含まれていない場合がほとんどで、身体中に脂肪が行き渡ります
  • は水分を蓄積しやすくします

このプロセスの中で一番大事なものは?

運動の習慣を継続しながら、同時に食生活に注意することがとても大切です。それをしなければ、状況が良くなることはないでしょう。

クリームを手当たり次第試したり、手術をしたりすることは避けるのが賢明です。ここでご紹介したメニューやアドバイスに沿えば、問題の解決法は、あなたが思うよりもずっと簡単かもしれませんよ。

あなたへおすすめ