骨の痛みに効く6つの自然療法

6月 15, 2018
いつも骨の痛みを感じているなら、是非今日の記事を読みましょう。骨の痛みは誰にでも起こり得ます。痛みを緩和する方法を是非知っておきましょう。

骨格系の機能が健康かどうかは様々な要因が関係しています。エクササイズをすること、カルシウムやビタミンDが豊富な食生活を送ること、怪我(骨折など)の後の正しいケアなどが含まれます。

もし、上記の要素が足りていない場合、骨の痛みにいずれ悩まされるかもしれません。

一方、骨粗しょう症に苦しむ人は怪我に苦しむ傾向にあるでしょう。

この病気は骨を弱くしてしまいます。骨密度を下げてしまうからです。これは骨を作るタンパク質やミネラル塩に影響を与えます。そのため、骨はもろく、折れやすくなってしまうのです。

今日は、骨の痛みを緩和する食べ物について見ていきましょう。

1. ビタミンDが豊富な食べ物

ビタミンDが豊富な食べ物

ビタミンDは骨にカルシウムを吸収しやすくするビタミンです。骨の石化を助けます。

日光を十分に浴びていないことや食習慣の乱れからビタミンDの欠乏が起こります。

  • ビタミンDの欠乏は骨格系を弱くします。子供のくる病や大人の骨軟化症などの病気になる確率が上がるでしょう。
  • ビタミンDの欠乏はまた、肝臓に影響を与え、内臓のメンテナンス力を弱まらせます。なぜなら、血液中のカルシウムやリンの調節を妨害するからです。

ビタミンDが豊富な食べ物には脂の多い魚も含まれます。

脂の多い魚は100gあたり7〜22ugのビタミンDを含んでいます。

脂の多い魚とは例えば以下のようなものです。

  • イワシ
  • ニシン
  • アナゴ

ビタミンDが豊富な食べ物の調理法としてのベストは弱火で燻製にすることです。こうすることで効能が失われにくいでしょう。

こちらも参照『ビタミンDのサプリって飲むべき?』

2. 肝油

肝油

魚の肝臓から抽出した肝油は、関節に影響を与え、骨に痛みや不快感を引き起こす病気、関節炎に効果的です。

過去には子供の骨格系の発達に推奨されていました。ですが、今は、痛みの症状を改善するサプリメントとして使われています。

3. ショウガ

ショウガ

ショウガは体の機能の欠乏や様々な病気に効く薬効成分を持っています。

天然の痛み止め効果、抗炎症作用があるため、関節炎などの骨の病気からくる痛みを軽減してくれるでしょう。

ショウガは様々な方法で利用することができます。もっとも有名なのはショウガ茶や湿布でしょう。すりおろしたショウガには患部の痛みを落ち着かせる効果もあります。

4. ネトル

ネトル

ネトルには利尿作用があり血液を洗浄し関節痛や骨の痛みに影響を受けた部分の炎症を抑える効果があります。

ネトルはお茶にして飲むのが一般的な方法でしょう。

材料

  • ネトル 大さじ1(15g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 水を火にかけます。沸騰したらネトルを入れましょう。
  • 10分間置いて抽出させます。その後漉して飲みましょう

1日3カップ飲むと、患部への血液の循環が改善されるでしょう。

こちらも読みましょう『関節痛をやわらげるために』

5. カモミール

カモミール

ネトルとよく似ていますが、カモミールには骨の痛みを抑える抗炎症作用があります。

マッサージをしながら塗布し、循環を促す動きで患部を覆いましょう。これにより骨格系の不快感が改善されるでしょう。

またそれだけでなく、体を使ったエクササイズをし、骨の状態を改善しましょう。

6. 豆乳

豆乳

豆乳を飲みましょう。豆乳はカルシウムが豊富で100%ナチュラル、脂肪がなく、とても体に良いからです。

ドライフルーツと一緒に豆乳を1日1杯、朝飲むと1日のエネルギーが体にみなぎるでしょう。

今日からあなたも生活習慣を改善し、健康を改善しましょう。ですが、健康的な体と心には定期的なエクササイズが欠かせないことを忘れないでくださいね。

あなたへおすすめ